映画

【映画】初週で公開停止になった中国最大のクソ映画『阿修羅』予告紹介!意外とイイ!?【糞便の壮大な山】

投稿日:

f:id:sarapan2014:20180718105632p:plain

中国が史上最大の予算126億円を投じて制作された映画『阿修羅』

見たユーザーに「おぞましい!単なる糞便の壮大な山だ!」といわせ、

わずか初週で公開停止になった大コケ映画・・・

 

一体、何が悪いのか・・・

まずはこの予告編を見てください。

前半は、さほどワクワクするような要素はないものの、後半はちょっと見てみたいかも?と思わせる内容。

 



内容は今ひとつ解りませんが、主人公と思わしき男性が、あまり活躍していないようにも見える。

 

・制作年月6年

・総制作費7億5000元(約126億円)

・主演にレオン・カーフェイ(梁家輝)、カリーナ・ラウ(劉嘉玲)起用

・デザイナー・ナイラ・ディクソン(Ngila Dickson)の起用

 

ここまでして、何故コケた!?



 


 

f:id:sarapan2014:20180718110957p:plain

中国なのに西洋ファンタジーのようなものに走った結果なのか・・・?

何処となくエルフを思わせる金髪戦士・・・

ドラゴン・・・

 

まるでロード・オブ・ザ・リング!?

 

そう思った人は少なくないだろう。

何しろ、ロード・オブ・ザ・リングの衣装デザイナーがスタッフだからな・・・

それは仕方ない気もする。

 

今作において、約116億円もの損失を出したそうなのだが、これは公開すればするほど赤字がかさむのか?

むしろドンだけクソなのか、みたい欲求がたかまり、今から公開すれば、

ある程度人が入るのでは?

 



どんな映画スターを使っても、

どんな素晴らしいCGでも、

話が面白くなければ意味が無い・・・ってことなのかねぇ。

 

予告編を上手く編集するだけでも、初週である程度人を食いつかせる事はできると思うんだが、それすら失敗してる感じなのかねぇ・・・

 

まぁ10段階で3の評価じゃ、金を出してまで見る価値はないのかもしれんけど、

タダなら、ちょっと見てみたい気もするなw

こういうコケた映画の責任って、誰に行くんだろう?やっぱ監督なのかねぇ。



 

オススメ記事

-映画

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.