【ネタバレ】バキ道 136話 「捕鯨砲」1年に1度のストライダムがまさかの展開ッ!勇次郎VS捕鯨砲!!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 136話 「捕鯨砲」1年に1度のストライダムがまさかの展開ッ!勇次郎VS捕鯨砲!!

投稿日:2022年12月1日 更新日:

バキ道 ネタバレ感想 136話 「捕鯨砲」

バキ道 136話 ネタバレ感想!

2022年12月1日(木)発売の週刊少年チャンピオン2023年1号掲載!

 

余裕の勝利を見せた武神・愚地独歩。

蹴速の存在は対ジャックの前哨戦だったのか!?

次なる戦いは一体・・・誰と誰がヤルのか!?

 

■前回 第135話 「初めて耳にする音色」はこちら

【ネタバレ】バキ道 135話 「初めて耳にする音色」独歩VS蹴速決着ッ!!圧勝!!
【ネタバレ】バキ道 135話 「初めて耳にする音色」独歩VS蹴速決着ッ!!圧勝!!

バキ道 ネタバレ感想 135話 「࠶ ...

続きを見る

 

136話のネタバレ前半

読子さん
さて、蹴速の早々の退場・・・

気になるのは次なる戦いなんだけど・・・えーっと・・・突然なに?

ほ、捕鯨砲!?


まぁ箸休め的な・・・?

とりま捕鯨砲ってのは、その名の通り捕鯨のための武器だね。

やえちゃん

読子さん
鯨を捕獲するための武器・・・

銛のように先端が尖ったものではないにしろ、発射台から勢いよく発射されるのだから

相当な威力ってわけよね・・・


鯨の皮膚がどの程度の強度かは判らないけど、

その外皮を打ちぬき、体内に深く突き刺さる程の威力を持ち合わせてるのでしょう。

当然だけど人に撃つような代物じゃぁないわけね。

やえちゃん

読子さん
砲手・佐渡元一なる漁師?に自分をソレで撃て・・・なんて

馬鹿げた交渉を持ちかけてるのはどこの馬鹿なのか・・・


普通にシャレにならない威力なんよなぁ・・・

100トン以上の鯨を仕留める武器・・・それをあーた、人に向かって撃つて・・・

やえちゃん

読子さん
しかも、聞けばこの大砲、一撃で鯨を即死させるんですってよ!

想像もつかない威力よね・・・

まぁ間違いなく人に撃てば、その人は木っ端微塵、跡形もなく吹き飛ぶってわけね・・・

やえちゃん

読子さん
ったく、こんな馬鹿げた事言って来るなんて・・・

そう、呆れかえる佐渡元一に逃げるのかと、その人物は言う訳ですわ。


カチンと来ますわねぇ。

というか正気とは思えない・・・って、そんな馬鹿げた交渉する人物に一人心当たりがあるな・・・

やえちゃん

読子さん
その人物・・・軍人・・・って・・・まさか・・・

1年に1度・・・キャプテン・ストライダム・・・ッッ!!

久しぶりすぎる・・・!!

やえちゃん

読子さん
てか、ついに勇次郎を仕留めるのに他人の力を使う気になったのか・・・

ようするに、その捕鯨砲を勇次郎に撃って欲しいと。

仕留めて欲しいとw

やえちゃん

読子さん
当然だけど正気じゃないって思うよねw

人なんて撃てば、跡形は残らないかもしれんが、どっからどうみても殺人なわけで。

それを了承する人間がいるわけがない。


と、まぁ当然の反応だよね。

ってわけで、ストライダムは会ってくれるだけでいいと。

撃つ、撃たないの判断はそれからしてくれってわけだ。

やえちゃん

読子さん
いやぁ・・・あったらもう駄目でしょw

四の五の言わず撃てッ!!拒めば・・・
やえちゃん

読子さん
殺すッッ!!・・・てね・・・

もう選択肢ひとつしかないやんw
やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.