【やりすぎ都市伝説2016冬】トランスヒューマニズムがもたらす未来!VR世界とAI大統領【人類再生化計画】

スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20161224103426p:plain

いやぁ・・・今年最後のやりすぎ都市伝説、面白かったね。

関さんの話はかなり興味深かった。

トランプが次期大統領になることは当選前から決まっていたという。

 

トランプの支持者であるFacebook取締役ピーター・ティールこそが真の大統領という説・・・

なかなか面白かったです。

 

なんか色々話しててすげぇ難しかったのでちょっとまとめてみる。

 

 

トランプ大統領の問題発言

一般市民の反応がSNS(Facebook)に書き込まれる

ピーター・ティールはその内容をみて人間餞別を行い、不適切な思想を持つ者を新世界から排除を考えている。

 

そのピーター・ティールはIT技術と人間の融合・・・トランスヒューマニズムに多額の資産を投資しているので、今後・・・トランプ大統領を通し、トランスヒューマニズムを推し進めていくことになるそうだ。

 

人々は体内にマイクロチップを埋め込み、AIと意思疎通が出来る時代がくるのだ。

現在にも体内にマイクロチップを埋め込んでいる人は世界中に50万人いるといい、

トランスヒューマニスト党のゾルタン・イシュトヴァン氏も、すでに手にマイクロチップを埋め込んでいる。

 

そんなピーター・ティールの後ろ盾が、ロックフェラー一族だという。

総資産1000兆円ともいえる巨大実業家一族・・・。

 

ロックフェラー一族3代目現当主のデイヴィッド・ロックフェラー101歳の孫が

Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグという説があるようだね。

 

2018年から人間選別は始まる!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事