【ネタバレ】バキ道 133話 「蹴速VS独歩」悲報!蹴速の蹴りは速くない…ッ!!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 133話 「蹴速VS独歩」悲報!蹴速の蹴りは速くない…ッ!!

投稿日:2022年9月29日 更新日:

バキ道 ネタバレ感想 133話 「蹴速VS独歩」

バキ道 133話 ネタバレ感想!

2022年9月29日(木)発売の週刊少年チャンピオン44号掲載!

 

蹴速に合わせての四股立ち・・・!

あくまでも相手の土俵で勝つつもりなのか愚地独歩ッ!?

先制の一撃は蹴速!?問題はそれを食らうかどうか・・・!!

 

■前回 第132話 「古代角力と空手」はこちら

【ネタバレ】バキ道 132話 「古代角力と空手」余裕の独歩!!相手の土俵でヤル気満々ッ!!
【ネタバレ】バキ道 132話 「古代角力と空手」余裕の独歩!!相手の土俵でヤル気満々ッ!!

バキ道 ネタバレ感想 132話 「ࡣ ...

続きを見る

 

133話のネタバレ前半

読子さん
先に動いたのは蹴速ッ・・・!!

蹴速の蹴りが本当に神速の域に達しているのであれば、

当然何事も無く独歩にクリーンヒットするわけだよね・・・

やえちゃん

読子さん
でも、現実にはそうはならないみたいだよ。

ほぼ同時・・・あるいは独歩の方が遅れて右拳を繰り出した・・・!!

しかも、あろうことか向かってくる蹴速の蹴りに合わせて一直線に拳が走ってる・・・!!


え・・・それって蹴速の蹴りが見えてたってことなのかな・・・

それとも単なる偶然・・・?

やえちゃん

読子さん
武神・愚地独歩ほどの達人に偶然はないんじゃないかしらね。

うーん・・・範馬勇次郎が余裕で見切っていたのは、

あくまでも勇次郎が凄すぎた・・・って思ってたけど、

実際問題、蹴速の蹴りって、達人たちレベルからすると、”まぁまぁ速い”程度なのかな・・・

やえちゃん

読子さん
まぁ・・・克巳のマッハパンチとかマッハキックとかが出てる中、

自己犠牲を伴わない速い蹴りとしては確実に上位クラスだとは思うけど・・・

それでも目で捉えられぬ程の速さには至ってないってことなんじゃないかしらね。


ということで、蹴速の繰り出した右蹴り・・・

その踵に独歩の強烈な右拳がねじ込まれたわけだけど・・・

恐るべきなのは、踵と拳の衝突で、勝ったのは拳っていうね・・・

やえちゃん

読子さん
凄まじい衝突音を奏でながら一方は踵の骨にヒビが・・・

一方の神の拳は、ヒビ一つ入ってないっていうね・・・


カカトって人体の中でも最も硬い部分だよね・・・

それを砕くって・・・

やえちゃん

読子さん
互いに、かなりのスピードから繰り出された攻撃・・・

それが正面衝突したわけだから、ダメージも甚大になるんじゃないかしらね。


確かに・・・むしろそれで全くの無事だっていう独歩の拳がヤバすぎますね・・・
やえちゃん

読子さん
それにしても、そのダメージを一切顔に出さない所は、

流石ってところなのかね蹴速ちゃんは・・・


でも、砕いた独歩ちゃんにはバレバレみたいだよ。

重心移動の違和感や動作の不自然さ、見る人が見ればダメージを隠しきれてないってわけだ。

やえちゃん

読子さん
でも、この嘘つきまくりの蹴速君ですから、ここは嘘を貫き通すんじゃないかしら・・・

確かにwめっちゃとぼけてるな・・・

なんていうか、蹴速・・・ホンマ嘘つきだよね

やえちゃん

読子さん
しかも何の意地なのか、右足が無事なのをアピールすべく、

全力で地面を踏み抜きやがったww


バレてる相手にそこまでして嘘を貫く意味ってなんなんだろうねw
やえちゃん

読子さん
こういうことされちゃうとさ、何が何でも嘘ついてる事を明らかにしちゃいたくなんない?

わかるかも。そんなに無事っていうなら、徹底的に右足攻めちゃいたくなるね・・・ッ!!
やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.