【ネタバレ】バキ道 126話 「相踏み合いましょう」蹴速VS範馬勇次郎開戦ッ!!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 126話 「相踏み合いましょう」蹴速VS範馬勇次郎開戦ッ!!

投稿日:2022年6月9日 更新日:

バキ道 ネタバレ感想 126話 「相踏み合いましょう」

バキ道 126話 ネタバレ感想!

2022年6月9日(木)発売の週刊少年チャンピオン28号掲載!

 

圧倒的速さを見せ付ける範馬勇次郎ッッ!!

蹴速の実力を確認したところで、本当の目的は一体なんなのか?

ただの興味・・・それだけなのか!?

 

■前回 第125話 「どんだけ速ぇえ?」はこちら

【ネタバレ】バキ道 125話 「どんだけ速ぇえ?」蹴速…速すぎるッ!!?
【ネタバレ】バキ道 125話 「どんだけ速ぇえ?」蹴速…速すぎるッ!!?

バキ道 ネタバレ感想 125話 「ӗ ...

続きを見る

 

126話のネタバレ前半

範馬勇次郎の蹴りが蹴速の鼻先をかすめただけで、

両の鼻の穴から信じられないほどの大量出血・・・ッッ!!

これがオーガの実力ッ・・・!!

 

読子さん
鼻先に触れたか触れてないかも認識できないほどの蹴りで、

ここまで大量出血させるって・・・どういうことなの・・・


本当にありえないギャグマンガのむっつりスケベが出す鼻血の勢いだったよね・・・
やえちゃん

読子さん
でも、そのありえない程の鼻血を、両人差し指で鼻の根元・・・

鼻背のところを圧迫して止血するって・・・こちらはこちらで手馴れてるのは流石よね。


一般的には小鼻である鼻翼を押さえつける事で止血するみたいだけど、

あの勢いの鼻血だと、全部のど奥に逆流するだけで瞬時の止血は難しいんだろうね。

やえちゃん
読子さん
それにしても、勇次郎の実力を目の当たりにした上で思い当たる人物が

『地上最強の生物』・・・オーガって認識するのも・・・何ともはや・・・

確かに、それが真っ先に思い当たったってのは、

自分にこんな芸当をやってのけるのは『地上最強の生物』くらいだっていう

自信の裏返しだものね・・・

やえちゃん

読子さん
猛獣よりも、アフリカ象よりも・・・シャチよりも強い・・・

この男こそ”オーガ”・・・範馬勇次郎であると確信する蹴速。


勇次郎の顔wwすげぇ満足そうw
やえちゃん

読子さん
そんな勇次郎氏からの提案・・・”で、どーする”・・・か。

まさに”両者相踏み”・・・勇次郎の方から”蹴とばし合ってみるか”と誘うなんてなぁ・・・よほど気に入ったと見える。
やえちゃん

読子さん
地上最強の生物からの誘い・・・

断る理由もないだろうね・・・。

もうすでに実力の一端は垣間見ただろうけど・・・それが逆にもっと知りたい気持ちになったのかもしれないね。


果たして自分の実力は”地上最強の生物”にどれだけ通じるのか?

もしかしたら、この状況においても、まだ自分の方が強いのではないかと

自信をたぎらせている可能性もあるよね・・・

やえちゃん

読子さん
それにしても、勇次郎が誘って、相手がそれに乗って・・・

いきなり両腕を広げて構えてみせた。


ポケットに両手を突っ込み、突っ立ってるのとはわけが違うよね。

それなりに本気の姿勢を見せ付けてるわけだ。

それだけの相手だと、勇次郎も認めてるわけだね・・・こりゃ凄い。

やえちゃん

読子さん
これに対し蹴速・・・少し腰を落とし・・・背を丸め・・・

両腕を顔の前で構える・・・所作や振る舞いの端々に”相撲”を感じる事はできたが、

こと『構え』においては相撲とはかけ離れてるね。


打撃系の構え・・・そのものって感じだね。

まぁ、この構えた両手はあくまでもガード用でしょうけど・・・

蹴速って言うくらいだし、武器はあくまで蹴り主体のスタイルでしょうね。

やえちゃん

読子さん
なんか構えるや否や、急にその場で足を振り回し始めたな・・・

全方位に向けての俊足蹴りが可能と・・・!

準備運動なのか、デモンストレーションなのか・・・

やえちゃん

読子さん
オーガ「さっさとこいッッ!!」wwwせっかちだなぁ・・・

蹴速にとっては最高の瞬間だね。

自分よりも強いかもしれない相手とやり合うのは、そうはないだろうからね。

やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.