日記

【キマシ】平成最後のセンター国語で百合狐の玉水物語が話題w

投稿日:

キマシタワー

f:id:sarapan2014:20190119201534p:plain

今年もセンター試験の問題が話題になってるようだけど、

国語の問題で姫に恋した狐の物語・・・玉水物語が話題のようですw

 

どんな物語か見て行きましょう。

 

f:id:sarapan2014:20181205160648p:plain

「・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155746p:plain

「なんて美しい姫なんでしょう・・・

 おそばにいたいなぁ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155615p:plain

「気持ち悪い狐め!!いじめてやる!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155711p:plain

「人間こわっ・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155908p:plain

「子供が欲しい・・・女の子が欲しい」

 

f:id:sarapan2014:20181205155746p:plain

「これはチャンス!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155307p:plain

「美少女に変身・・・と」

 

f:id:sarapan2014:20181205155829p:plain

「可愛い女の子キター!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155333p:plain

「実は姫に惚れまして・・・

 でも、私狐だし・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155838p:plain

「姫の知り合いにかけあってあげるよ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155343p:plain

「マジで!?ありがとす!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205160703p:plain

「あなたが今日から来た子?」

 

f:id:sarapan2014:20181205155358p:plain

「はぃ・・・姫の傍にお仕えしますぅ・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160745p:plain

「・・・ふーん・・・なかなか可愛いじゃん」

 

f:id:sarapan2014:20181205155319p:plain

「可愛いだなんてそんな・・・」

 

・・・・

・・・

 

姫と狐イチャコラ!!

 

・・・

・・・・

 



三年後・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205155626p:plain

「天下一紅葉大会開催すっぞ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155333p:plain

「何としても姫を勝たせたい・・・

 故郷に行けば・・・もしかしたらいいものが手に入るかも・・・

 でも、遠出になる・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160733p:plain

「玉水と離れるのいやだ!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155358p:plain

「私は姫にゾッコンだから心配しないで」

 

その後、故郷に戻った玉水は、兄弟の力も借り、

姫を優勝に導いた。

 

そんなある日・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205160156p:plain

「玉水や、お主の母上がヤベェようだぞ・・・

 一目会いたいといっておる・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155309p:plain

「姫とは離れたくないけど・・・でも、お母様・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160718p:plain

「いってきていいよ・・・でも、早く戻ってきてね」

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205155358p:plain

「母様!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155806p:plain

「もう・・・わっちはダメかも・・・

 でも、最後に玉水の顏がみれてよかった・・・」

 

一週間後・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205160721p:plain

「玉水!!さっさと帰ってきて!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155336p:plain

「姫からの手紙・・・私も帰りたい・・・でも・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155902p:plain

「もう帰っていいよ・・・姫様も怒ってるでしょ・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155307p:plain

「ダメだよ。お母さん放っておけない」

 

そんなある日・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205155434p:plain

「貴様の母の夫が私の息子を無碍に殺した。

 故に貴様の母に呪いをかけたのだ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155336p:plain

「そんなことしても・・・息子さんは帰ってこないよ。

 お願いだから母様を許して・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155502p:plain

「・・・確かに・・・そんな事をしても息子は戻ってこない・・・

 わかった・・・呪いは解いてやる・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155402p:plain

「ありがとう」

 

f:id:sarapan2014:20181205155439p:plain

「お、おう・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155331p:plain

「・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155834p:plain

「完全復活!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155347p:plain

「じゃあ帰るね!母様」

 

f:id:sarapan2014:20181205160721p:plain

「玉水!!遅い!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205155331p:plain

「おうおう!待たせたなぁ!!」

 

f:id:sarapan2014:20181205160740p:plain

「べ、別に、待ってないし」

 

f:id:sarapan2014:20181205155402p:plain

「姫可愛い・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160740p:plain

「もう・・・」

 

イチャコライチャコラ・・・!!



 


晴れて二人は百合夫婦に!! 

f:id:sarapan2014:20181205155336p:plain

「幸せ・・・だけど・・・いいのかな・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155746p:plain

「私の正体は狐・・・姫を騙してこのまま結婚生活を続けていいのかな・・・」

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205160648p:plain

「玉水どうしたの?明日は結婚式やで?」

 

f:id:sarapan2014:20181205155402p:plain

「姫にコレあげる」

 

f:id:sarapan2014:20181205160706p:plain

「何この箱!?お宝?」

 

f:id:sarapan2014:20181205155402p:plain

「もう!お宝じゃないよ。

 大切なモノ。絶対開けちゃダメだからね」

 

f:id:sarapan2014:20181205160648p:plain

「えーつまんない」

 

・・・・

・・・

 

姫が眠りについたのを確認し・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205155336p:plain

「じゃあね・・・姫・・・お元気で・・・」

 

玉水は結婚式を前に姿を消した。

 

・・・・

・・・

 



f:id:sarapan2014:20181205160714p:plain

「なんで・・・なんでいなくなったの玉水・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160703p:plain

「そういえばあの開けちゃダメって言ってた箱・・・」

 

姫は箱を開けてみた。

そこには手紙が・・・

 

f:id:sarapan2014:20181205155405p:plain

「姫・・・あんなに開けちゃいけないっていってたのに開けちゃったか・・・

 あのね、私・・・本当は人間じゃないんだ。

 実は狐なんだ・・・今まで隠しててごめんね」

 

f:id:sarapan2014:20181205155402p:plain

「急にいなくなった事も・・・

 きっと今頃怒ってるよね・・・

 でも、姫にこのまま嘘をつき続けるのは苦しかったんだ・・・

 自分勝手でごめんね・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155302p:plain

「私は姫の傍にいる事はできないけど・・・

 でも私は死ぬまで姫を守り続けるから。

 約束します・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205160718p:plain

「玉水・・・私は気にしないのに・・・

 そんなこと・・・戻ってきてよ」

 

と・・・

ちょっと切ない物語のようですね・゜・(つД`)・゜・

とてもいい話でした・・・こんなんセンター試験出すなんて卑怯やん(´・ω・`)

 

涙でテストに集中できんやろ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 



 

オススメ記事

-日記

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.