ガチアクタ ネタバレ感想 26話「ラクガキの町」

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

ガチアクタネタバレ

ガチアクタ ネタバレ感想 26話「ラクガキの町」

投稿日:2022年8月31日 更新日:

ガチアクタ ネタバレ感想 26話 「ラクガキの町」

ガチアクタ 26話 ネタバレ感想!

2022年8月31日(水)発売の週刊少年マガジン40号掲載!

 

大所帯で向かう先はキャンバスタウン!

禁域に入るにあたっての必要不可欠な”おまじない”・・・

一体どんなギバーが待っているのか!?そしてその能力とは!?

 

■前回 第25話 「行く前」はこちら

ガチアクタ ネタバレ感想 25話「行く前」新章突入!目指すはキャンバスタウン!
ガチアクタ ネタバレ感想 25話「行く前」新章突入!目指すはキャンバスタウン!

ガチアクタ ネタバレ感想 25話 ...

続きを見る

 

キャンバスタウン

読子さん
ラクガキの町・・・キャンバスタウン到着!

やっぱ移動手段が車だとあっという間だね。

それにしても、町を覆う外壁といか・・・基本的にドーム状の構造になってるんだね。

ただの雨をさえぎるためじゃなく、天界から降ってくるゴミから守るためか・・・

マジで深刻な問題だよね。下界の人々にとっては。

やえちゃん

読子さん
天界人は罪の意識もなく、下界にゴミを捨ててるんよね。

ルドが悪いわけじゃないにしろ、天界に住んでただけに、

この現状を目の当たりにすれば、多少罪の意識は芽生えて当然なのかもだな・・・


こんな状況に晒されながら下界で生きてる人間は、

やっぱり天界人が憎いんだろうね・・・

やえちゃん

読子さん
天界人のせいで、こんな世界にされたんだから、

そりゃ恨んで当然だと思うよね。


現実世界でも私たちは天界人みたいな事をやってるんだよね。

自然が汚され破壊されている・・・物言わぬ動物たちの事なんて、

一部の人間しか考えてないだろうしね・・・なんだか複雑な気持ちになるよね。

やえちゃん

読子さん
たしかにね。それはともかくとして、どうやら先客が町の門の前で騒いでるみたいだよ。

門が開いてるのに中に入れない・・・?

まるで見えない壁があるみたいだね。

でもエンジンたちは何事もなかったかのように素通りしてる・・・

やえちゃん

読子さん
エンジンいわく”変な考え”を持ってなければ出入り自由ってことらしいけど・・・

何かアイテム的なモノで出入りが制限されてると思いきや、

思考に関係してるの!?


邪な人間は入る事ができないってわけかぁ。

これもギバーの人器の能力によるものなんだろうね。

やえちゃん

読子さん
それにしても、ラクガキの町というだけあって、

至る所に絵が描かれてるね。凄くアーティスティックな町だね!


まさに町中がキャンバスなんだね。

絵描きにとってはたまらない町かもだね。

やえちゃん

読子さん
まぁ、こういう行為を許せない人間も下界にはいるようで、

それで誰にも文句を言われず、自由に描けるように作られたのがこの町なんだって。


絵の鑑賞も楽しいかもだけど、ここに来た目的は、

あくまでも絵描きの人通者に会う事!

エンジンが言うには描いた絵に”護符”を付ける能力を持っているんだと。

やえちゃん

読子さん
禁域で起こりえる万が一に備えての準備・・・

やっぱり即死系の一撃から守るための護符とか、そういうのを描いてもらいに来たんだろうね。


さっきの門に関しても”悪意を持つ人間は入れない”という効果が付与されていたわけかぁ。

かなり使い勝手のいい特殊能力だよね。

やえちゃん

読子さん
相手の気持ちとかにまで作用するって、かなり凄くない?

”悪意のある攻撃は無効”なんて効果を付与されたら無敵じゃん!


悪意のある人間は入れない・・・が出来るなら、それも可能かもだね。

かなりチートな能力かも。

やえちゃん

読子さん
まぁ強力すぎる能力にはリスクがつきもの・・・って気もしなくはないけどね。

確かに・・・強力な効果を付与するためには、

それだけ凄い大変だったりするのかもしれないね。

やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-ガチアクタネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.