ネタバレ感想記事について

ワールドトリガー

【ネタバレ】ワールドトリガー 第72話(後編)「進化する三雲隊」【アニメ感想】

投稿日:2016年3月27日 更新日:

■ワールドトリガー
第72話「進化する三雲隊」

ヒュースの話が大分遠回りになったが今からエネドラッドがしてくれるようだ。

 

■前編はこちら

 

領主のハイレインは根暗だから、遠征が空振る前提で先の事まで考えていたという。

神候補は早々見つからない・・・そこで予備のプランを同時に走らせておいたようだ。

 

エネドラッド曰く、神候補が見つからなかった場合は、

自身の配下の家から一番トリオン能力が高いヤツを神候補として生贄に出すという。

 

修は、そんな方法があるなら、わざわざ遠征になんか出る必要はないのでは?

と疑問を投げかける。

 

しかしエネドラッドは普通は無しだという。

身内から生贄を出せば、当然配下は騒ぐだろう。

何しろ命を捧げるわけだからな。

 

さらにいえば、神候補に挙げるだけのトリオンを持つ配下を失えば、

その家の戦力は確実に落ちることになる。

だが、ハイレインはそれも承知の上で、確実に神の座を取るらしい。

 



「それって生贄にされる人の家の人と喧嘩にならないの?」と遊真。

当然なるだろうとエネドラッド。

 

だからこそ、一番噛み付きそうな犬っころをハイレインは置き去りにしたらしい。

生贄にされる予定なのは、ハイレインの直属・・・エリン家の当主・・・

ヒュースの主君だとエネドラッドは言う。

 

その主君とやらとヒュースの関係は、雇い主というよりかは育て主だという。

家柄の低い市民の中にも、稀にトリオン能力の高い子供が生まれる事がある。

上の連中はそういった子供を探しだして飼って、角をつけて、将来の兵隊候補として育てるのだという。

 

ヒュースがまさにそれだということか。

エリン家はお人よしで有名らしく、兵隊というよりかは家族として育てられたとエネドラッドはいう。

 

「ヒュースは知らなかったの?自分の主人が生贄にされるかもってこと」と遊真。

 

噂程度には知っていただろうが、ハイレインが誤魔化す手をうったとエネドラッド。

遠征中にエネドラを始末する計画があるとかなんとか言ってヒュースの目を神問題から逸らしたという。

 

なんでそんな事がわかるのか?

遊真が質問する。

 

エネドラは自分も同じ手を喰ったからだという。

彼も自分がころされるまで、自分がヒュースをハメる側だと思ってたという。

 

つまりハイレインは、エネドラには内密でヒュースを置き去りにすると伝え、

一方ではヒュースにも内密でエネドラを始末すると伝えていたわけか。

こうしておけばエネドラもヒュースもどちらも自分は騙す側だと思い込むわけだ。

 

まさかどちらもハメられる側だとは思いもよらないだろうな。



 


「じゃあ、今のヒュースはその事に気づいてるのか?」

 

流石に自分が置き去りにされた理由を考えるはずだとエネドラは言う。

そうなれば思い当たる節は一つしかない。

 

自分の主君が神候補だという噂・・・

仮に噂が本当だとして、それに反対するだろう自分がハイレインに置き去りにされた・・・

 

つまりはそういうことか・・・となるはずだ。

 

仮にハメられた確証を持てなくとも、君主の元にいち早く戻りたいと思うのが犬っころだというエネドラ。

 

だからこそヒュースには気をつけろと警告するエネドラ。

配下の星であるガロプラとロドクルーンの接近・・・

これを知ればヒュースは確実に動く!

星伝いにアフトクラトルに戻るはずだとエネドラは言う。

 

鬼怒田さんは修と遊真に捕虜の見張りはしっかりしろと言う。

ただでさえ迅の予測頼みだと漏らす。

 

ここで修は迅の言っていた他にやるべきことの察しがついた。

 

 

・・・・・

・・・

 



作戦室をあとにした修と遊真。

ヒュースにやたら食いついていた修に4人目はヒュースなのか?と質問する遊真。

まだわからないと答える修。

 

ネイバー故に難しいかと遊真。

だが、そこは問題じゃないと修はいう。

実際遊真もネイバーだからなぁ。

 

問題は大規模侵攻をしてきた相手だということだという。

確かにその通りだな。

だが、遊真はヒュースが仲間になるのはアリだという。

今までも使える敵を寝返らせるというのは結構あったらしい。

 

ヒュースがアフトクラトルに帰りたがってる・・・という点においては収穫だったと修はいう。

アフトクラトルに行きたいのは修たちも同じ。

つまり利害は一致しているわけだ。

 

これで、本部のOKさえ出れば、チームとして組む余地は十分あるわけだ。

だがそのOKが出るのが難しそうだが・・・

 

ガロプラとロドクルーンについてはNoタッチで行くと修。

まずはランク戦を勝つこと!

それが最優先だという!

 

ということで遊真は個人ランク戦へ・・・

 

・・・・・・

・・・

 

一方ヒュースは星の流れを読み取っていた。

皆には内緒にしているアイテムなのか?

 

エネドラには知られるなって言われてたけど、ガッツリ気づかれてるやないかw

 

・・・・

・・・・・・

 

一方個人ランク戦に向かった遊真は迷子に。

そこに通りがかった親切な青年にランク戦ブースまで連れて行ってもらう遊真。

どうやら彼は次の玉狛第2の対戦相手だという。

 

B級暫定13位・・・柿崎隊の柿崎さんだったか。

そこに現れたA級の加古隊シューター・加古望。

 

なんと遊真をスカウト!?

 

遊真の答えは・・・



 

 

■前回

 

■次回

 

■ワールドトリガー感想まとめ

スポンサードリンク

オススメ記事

-ワールドトリガー

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.