呪術廻戦 ネタバレ感想 208話/九十九由基、命を賭けた最期の一撃ッ!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 208話/九十九由基、命を賭けた最期の一撃ッ!!

投稿日:2022年12月26日 更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 208話 「星と油④」

呪術廻戦 208話 ネタバレ感想!

2022年12月26日(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年4・5合併特大号掲載!

 

わずかな油断が命取り・・・!!

羂索の強烈な一撃を貰ってしまった九十九由基・・・

反転術式で直せるレベルの傷か否かで今後の展開は大きく変わる・・・!!

 

■前回 第207話 「星と油③」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 207話/九十九&脹相タッグVS羂索!!最初で最後のチャンス
呪術廻戦 ネタバレ感想 207話/九十九&脹相タッグVS羂索!!最初で最後のチャンス

呪術廻戦 ネタバレ感想 207話 ӎ ...

続きを見る

 

九十九由基の優しさ

読子さん
小型のうずまきにドテっ腹を打ち抜かれ、

さらなる追い討ちをかける羂索・・・!!


羂索の呪霊による牽制は、インターバルを埋めるためというよりは、

うずまきの気配を紛らわせるためのものだったようだね・・・

やえちゃん

読子さん
こんな絶望的な展開の中、回想を挟むのはフラグとしか思えないけど・・・

それより天元様の遊び心なのか知らないけどシャレオツバーにバー天元(バーテン)は流石に草でしょ


そんなオシャレ空間でまじめな話をする九十九と脹相・・・

そんな中で笑いをとりに行く天元さま・・・

やえちゃん

読子さん
てか脹相の覚悟の話、ふざけて聞く話じゃないんよね・・・

弟と・・・虎杖悠仁と共にこの先を生きる未来もある中、

それを捨ててまで命を賭けて戦う選択をした脹相・・・


血塗・壊相と共に受肉した脹相・・・

その時、弟たちの異形を目の当たりにして、”人”として生きる道はないと判断したんだよね・・・

 

弟達を人は人として受け入れない・・・

人は異形を何より恐れ、迫害する生き物だからね。

脹相がそう思ったのも仕方ないよね。

やえちゃん

読子さん
呪いとして生きる道を選んだ三人。

渋谷で大勢の人間を殺した脹相、そんな彼は

間接的に弟たちを殺したと、今でも悔やんでるようだね。


確かに呪いとしてではなく、人として生きる道を選んでいたら、

虎杖と戦う事も、死ぬ事もなかったわけだからね・・・

やえちゃん

読子さん
人として生きる困難な道よりも、

呪いとして生きる楽な道を選んでしまった事に対する後悔の涙・・・


でもそれは”人”として苦しむ弟たちを見たくなかったという

脹相なりの優しさなんよね・・・

でもある意味ではそれは脹相の決めつけで、

二人ならその苦しみを乗り越えてくれたかもしれない・・・

やえちゃん

読子さん
今となっては確かめようがないけどね・・・

結局呪いとして生きる道を選んだ結果、

ソレに対する罰かのように虎杖悠仁が立ちはだかり、殺しあう事になった。

脹相は戦う運命だったって思ってるみたいだね・・・

やえちゃん

読子さん
結局、悠仁を独りにしてしまう結果に行き着いちゃったのは・・・

何だか悲しいですね。


でも、まだ脹相がいる・・・だからこそ生きる道を選んで欲しいのだけど

脹相は渋谷での惨殺を理由に、虎杖とは共に歩めないと結論付けたみたいだね。

罪を背負うという事では、恐らく虎杖も当然感じている事だろうし、

脹相の選択を虎杖は納得はしないだろうにね・・・

罪を償うなら一緒に・・・虎杖ならきっとそう答えるだろうにね。

やえちゃん

読子さん
話し合う間もなく、脹相は決意を固め、ここで命を賭けると・・・

だけど九十九由基は脹相に生きて欲しいと願い、

天元さまの協力のもと、戦線から離脱させた。

この先は呪いとしてではなく人として生きろ・・・か。

やえちゃん

読子さん
姉さん優しい・・・

てか腹を貫かれた九十九由基・・・体が二つに別れちゃったやん・・・
やえちゃん

読子さん
羂索のダメ押し重力波のせいか・・・

ここまで酷いダメージじゃ、いくら反転術式でも治しきれるのかしら・・・

てか、そんな猶予を羂索が与えるはずもないよね・・・

やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.