ブルーロック ネタバレ感想 191話/負け惜しみ!?潔まさかの凪・玲王を無価値と破壊宣言!

https://www.sirolog.com

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 191話/負け惜しみ!?潔まさかの凪・玲王を無価値と破壊宣言!

投稿日:2022年10月12日 更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 191話 「COMING SOON」

ブルーロック 191話 ネタバレ感想!

2022年10月12日(水)発売の週刊少年マガジン46号掲載!

 

凪の覚醒により、ついに同点に・・・!!

いっきに畳み掛けて決着をつけるのはどちらのチームなのか!?

勢いに乗ってるマンシャイン・Cの攻め時・・・!!

 

■前回 第190話 「回天」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 190話/覚醒する天才・凪誠士郎!!神殺しの回天連舞!!
ブルーロック ネタバレ感想 190話/覚醒する天才・凪誠士郎!!神殺しの回天連舞!!

ブルーロック ネタバレ感想 19 ...

続きを見る

 

潔の分析

読子さん
いやぁ・・・凪の同点ゴール・・・超人的だったね・・・

まさに”天才”の成せる業って感じだったのは間違いないね。
やえちゃん

読子さん
潔のクソったれメチャクチャ悔しがってるね。

そりゃメタ・ビジョンを手にして、まさに神様気分の全能感全開で

それでもしてやられたんだからね。

そりゃ悔しいでしょうねぇ。

やえちゃん

読子さん
それにしても、あの凪の超絶プレイは、

アギの指導の元に駆け出し中のクリエイティブから生まれた物なのかなぁ。


自らを起点に全体を駒としてゲームメイクするクリエイティブと、

自分自身の肉体のみで完結するクリエイティブじゃ、また意味は違うのかもだけど

凪は後者の方があってそうではあるよね・・・

やえちゃん

読子さん
てか、潔のヤツ、敗北を噛み締めてすぐに冷静に分析に入るのは

流石というか、ちょっと怖いね。


この切り替えの早さ・・・味方であるうちは、とても頼もしいけど

敵にするには怖いかもだね。

やえちゃん

読子さん
潔もカイザーも、途中まではしっかり凪を読みきってはいたんだけど

最後は凪の生み出した超絶プレイの前にどちらも敗北・・・

あの一瞬・・・凪は間違いなく世界クラスの実力を発揮した・・・!


でも、潔は今のプレイは所詮は偶然の産物・・・

もう一度やれといってできるものではないと断定してる。

何故そこまで言い切れるのか・・・凪ほどの天才なら、可能かもしれないのに。

やえちゃん

読子さん
一方で凪は凪で、念願の潔への勝利を噛み締め、勝利の喜びに浸ってるね。

試合的にはまだ追いついただけなんだけど、

やっぱずっと追いかけてきた潔に勝つ事が出来たってのは相当嬉しいんだろうね。

やえちゃん

読子さん
つーか、クソ潔ちゃん、自分で答えが出せないからって

直接凪に今の境地に辿り着いた方法きくんかーい!


最初にスゲェって持ち上げて聞きだすの、こいつ手馴れてるよねw

でも、結局潔が求めてるような複雑な答えはないんだよね。

凪は潔に勝ちたいというその気持ちだけでプレイし、玲王の力を借りてそれを成し遂げた・・・それだけなんだよね。

やえちゃん

読子さん
シンプルな答え・・・故に潔も腑に落ちたっぽいなぁ。

凪にとって”潔に勝つ”というのがFLOWでいうところの”挑戦”に値したわけだ。

試合開始時の凪は自ら創りだすクリエイティブなサッカーを挑んで見たものの、

それが直接的に潔に勝つ行為には繋がらず、FLOWに達する事ができなかったってことか。


玲王と組んで、最後のゴール前のパス・・・

あの状況・・・まさに凪VS潔の構図・・・”潔に勝つ”っていう明確な目標・・・

挑戦が生まれたわけだ・・・だからこそFLOWに達してあれだけのプレイを見せた・・・

やえちゃん

読子さん
あの瞬間・・・玲王はこうなる事が本能的にわかったのかな・・・

だからこそ、あえてあそこにパスを出した・・・!


結果、狙い通りの結果を生んでるからね。

凪ならやってくれる・・・その信頼に見事に応えて見せたってことよね。

やえちゃん

読子さん
しっかし、何やら不穏な空気・・・?

アギ・・・あの凪のプレイを見てもまだ自身の考えが間違っていなかったというんだろうか・・・
やえちゃん

次のページへ >


オススメ記事

スポンサードリンク

オススメ記事

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.