【イッテQ】宮川探検隊の大冒険!目指せ!五色の川inコロンビアが面白すぎるww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20161121002432p:plain

今回宮川大輔はイッテQカレンダーの7月を撮影するために、宮川探検隊を結成!

コロンビアにあるという五色の川を被写体にすべくジャングルを冒険することに!

 

一行はコロンビアの首都ボゴタへ旅立つのであった!

 

出だしから宮川隊長は仲間の隊員を叱責しはじめた!

 

f:id:sarapan2014:20161121002455p:plain

ズボンがデカすぎるとww

2サイズ上のXXLやん!

 

確かに小さすぎて入らない場合現地調達は難しい。

それはわかる・・・でもXXLは保険うちすぎやろww( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

ジャングル入ったら、服の中、変な虫とか入り放題だなww

 

f:id:sarapan2014:20161121002515p:plain

「安いヤツやん!」

 

もはや名言になりつつあるお決まりのセリフww

イッテQには予算がないようだw

 

作業着だと疑う宮川w

一応探検着らしいが・・・

 

「ホームセンターの匂いやん!」

 

さらに隊長は隊員たちのテンションの低さを指摘w

まぁテンションあがらないのも解らなくはないがw

 

そんな中、宮川の怒りの要因の一つが彼だ。

 

f:id:sarapan2014:20161121002533p:plain

通訳の小林ソリスさんw

どうやらこのソリスさん。

9時45分集合にも関わらず、10時に到着したらしい。

 

しかも、遅刻の理由がトイレって一番怒りにくい理由だw

 

気を取り直して、ようやく五色の川をめざし、2泊3日の冒険の旅に出動する一行!

現在地から200km先の目的地へ、飛行機で移動するようだ。

 

1時間で到着するらしいのだが・・・

 

1時間後・・・彼らはまだ空港にいた。

 

どうやら向かう空港が今大雨らしく、滑走路が封鎖され着陸できないようなのだ。

一足早く現地入りしたもう一人の通訳と連絡を試みる小林ソリス。

 

f:id:sarapan2014:20161121002552p:plain

これが通訳同士のやりとりだ。

ソリスさんww

 

「トイレはおさまってきまでぃた」

 

くっそwwwwwww

こんなん反則やろww

 

どうやら打ち間違いしたようだ。

 

しかし問題はこれに対する相手側の返事だ。

 

f:id:sarapan2014:20161121002705p:plain

「この下痢クソ野郎め」

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

このwww下痢クソwww野郎wwwめwww

 

ごめん。

多分今年で一番笑ったかもしれんwwww

 

センスありすぎるww

これは流行るなww

 

f:id:sarapan2014:20161121002741p:plain

「やめときこの人とお付き合いするの。

 凄い言葉で下痢クソ野郎てww」

 

3時間後、ようやく飛行機は飛び、午後5時・・・

ジャングルの入り口であるラ・カレナに到着。

 

ここでガイドのフェルナンド副隊長と合流。

この人は下痢クソ野郎ではないw

 

 

f:id:sarapan2014:20161121002807p:plain

この通訳の加瀬隊員こそが下痢クソ野郎その人である。

 

フェルナンドの話によると、五色の川はまだ先のようで、川をさかのぼり、

ジャングルを越え、最後に草原を抜けた先にあるという。

 

間もなく夕暮れ・・・この時間から船は出すことはできないという。

今日の所は村のホテルに泊ろうと隊員が進言!

 

これにまた隊長は噛み付く!

 

何を言っているんだと。

もう始まってるんだと。

 

「宮川探検隊のエンジン、ガーンかかってるやん!

 ここで1回落としたらアカン!

 だから今日はテント張る!

 

と意気込んだものの・・・

 

 

f:id:sarapan2014:20161121002919p:plain

実際に活気のある村の様子を見て前言撤回する隊長ww

結局その日はホテルでゆっくり休むことに。

懸命な判断だなw

 

2日目!

船に乗りいざ冒険の旅へ!

最初は珍しい動物たちにはしゃぐ隊長だったが・・・

 

f:id:sarapan2014:20161121002858p:plain

どうやらこの先で次々と試練が降りかかるようだ。

 

フェルナンドの勧めで、一旦河川敷に船をつけ、食料調達をすることに。

彼の話ではここは海老やカニや貝類などが豊富らしい。

 

しかし川の中にはピラニアはもちろんのこと、時にはワニもいるというじゃぁないか!

 

かなり命がけじゃないか((((;゜Д゜)))

そこで宮川隊長は・・・

 

f:id:sarapan2014:20161121002945p:plain

AD山下隊員を呼びつけ、彼にやらせるつもりのようだww

 

水質調査及び、安全確認と称し、水着にむいたADを先頭に、宮川共々川へw

かなりの恐怖が二人を襲うw

 

そんな中AD山下が突然膝がチクチクすると言い出し、パニックにww

 

f:id:sarapan2014:20161121002959p:plain

チクチクする川てwww

 

チクチクするのは気のせいだ!

そう説得し、二人は再び川へ。

 

相変わらずAD山下はチクチクするチクチクするとウルサイが、構わず川の奥へ進む二人・・・

 

f:id:sarapan2014:20161121003040p:plain

すると宮川は何か動くモノを見つけたのか、突然きびすをかえし大慌てで陸地に向かうw

この宮川の反応にAD山下もパニックになり、二人して川にダイブww

 

f:id:sarapan2014:20161121003056p:plain

「臭っ!この水!」

 

しんだ水かw

 

そんな中、宮川は新たに川に蛇らしきものを発見!

またしても山下を使い、ヘビの確認にいかせるw

 

「いいぞ!昇格や!」

 

昇格やあらへんww

結局蛇でもなんでもなく、ただの流木だったしなw

 

結局バカ騒ぎ下だけで、食料調達は断念w

 

先に進む一行。

すると、集落をみつけ、一行は立ち寄ることに。

 

だが、この選択は後に後悔する事となる!

この集落では恐ろしい儀式をやっていたのだ。

 

赤カブをすりおろし、血のような赤い液体をつくりあげ・・・

人の鼻の中へ投入する・・・

頭痛解消に効果があると集落に伝わる伝統療法らしいが、治療を受けた男性はとてもつらそうだ。

 

赤カブはカナリ辛み成分が強いようだからな・・・

これは成人の儀式としても用いられるようだ。

 

そんな中、一行もやらないかと誘われる。

勧められたら断らないのが宮川冒険隊の信条!

 

代表して宮川がやることに・・・

 

 

f:id:sarapan2014:20161121003122p:plain

そしてこの様である。

 

もはや何も知らなければ、北斗神拳を喰らったのかと疑うレベルである。

 

f:id:sarapan2014:20161121003151p:plain

 

・・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161121003328p:plain

「よし。この村でよう」

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA