【ネタバレ】烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第36話 「死の予言」【バキ外伝 】

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ

【ネタバレ】烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第36話 「死の予言」【バキ外伝 】

投稿日:2022年3月4日 更新日:

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ ネタバレ感想 第36話 「死の予言」

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第36話 ネタバレ感想!

2022年3月4日(金)発売の月刊少年チャンピオン4月号掲載!

 

師父を見事に倒した烈は、異世界転生までの経緯を聞くことができるのか?

そして、何故このような魔性の姿になってしまったのか・・・

その謎も判明するのか!?

 

■前回 第35話 「消力」はこちら

【ネタバレ】烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第35話 「消力」【バキ外伝 】
【ネタバレ】烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第35話 「消力」【バキ外伝 】

バキ外伝 烈海王は異世界転 ...

続きを見る

 

第36話のネタバレ前半

マッハ突きの威力は凄まじく、いくら修復可能なスケルトンといえど、

ここまで粉々に砕かれては復活は難しいかもしれない。

少なくとも復活までに時間を要するのは間違いないだろう。

 

烈は初めて実戦で使ったと噛み締めている。

練習ではマッハ突きを使ったことがあったのかもしれないな。

 

さすがに一発本番で成功させるのは難しい・・・とは思うが、

天才・烈海王の実力を持ってすれば、それも可能なのかもしれないな。

 

頭蓋骨だけとなった師父は、地面から烈を見上げながら、見事だと賞賛した。

師父の正踢腿(踵落とし)よりも高速の拳を、生身で打つか・・・と、

かなり驚いている様子。

 

マッハ突き・・・日本の好敵手(とも)の技だと語る烈。

あの無頼だった烈が、よき好敵手と出逢えた事を心より喜ぶ師父。

そして約束どおり、自身の事の経緯を語り始めた。

武者修行の旅で、東京に向かった師父は、その道中にて

台湾黒社会で行われていた賭け試合での立ち会いに敗北・・・

相手は、あの龍書文だったようで、それならばしょうがない気もするな。

 

まだ何もなしていないのに、こんな所で死ぬのかと・・・

死を強く拒絶した師父が、次に目覚めた時には異世界にいたようだ。

 

ゴブリンに襲撃された荷車の傍で転生した師父。

突然の修羅場・・・だが、師父は笑みを浮かべていた。

そして向かってくるゴブリンたちを相手に、嬉々として戦った。

 

この身一つで生き残る・・・異世界の緊張感(たのしさ)ッ!!

 

しかし、それは同時に常識を超越た存在との遭逢いをも意味していた。

確かにこの世界には異形の強者もわんさかいるからな。

次のページへ >

スポンサードリンク

オススメ記事

-バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.