呪術廻戦 ネタバレ感想 176話/乙骨VS烏鷺亨子VS石流龍!!激戦必至!!

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 176話/乙骨VS烏鷺亨子VS石流龍!!激戦必至!!

投稿日:2022年2月28日 更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 176話 「仙台結界③」

呪術廻戦 176話 ネタバレ感想!

2022年2月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ13号掲載!

 

黒泍死を何とか倒した乙骨だったが、空女・烏鷺亨子に襲撃され連戦に!!

反転術式を知られた事が乙骨にとってどうマイナスに働くのか!?

歪む空間・・・閉じ込められてしまったのか!?

 

■前回 第175話 「仙台結界②」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 175話/VS黒泍死!!力を制限された乙骨…死闘の果てに…
呪術廻戦 ネタバレ感想 175話/VS黒泍死!!力を制限された乙骨…死闘の果てに…

呪術廻戦 ネタバレ感想 175話 ӎ ...

続きを見る

 

VS烏鷺亨子

黒泍死との決着直後、突然烏鷺亨子に襲撃された乙骨。

どんな攻撃を放ったのかは不明だが、乙骨を激しく吹き飛ばす程の威力!

喰らった乙骨自身、何を喰らったのか定かではない様子。

 

だが、見た目の派手さほどダメージは酷くなく、乙骨はケロっとしている。

そもそも反転術式を使えば傷も治るから乙骨を倒したいなら

一撃で倒すしかないだろう。

 

相手の攻撃に謎が残る中、烏鷺亨子は考える間を与えずに畳み掛ける!

顔面狙いの拳打・・・だが、乙骨は持ち前の反射神経でこれをかわすと同時に、

カウンターで右拳を放つ。

 

だが、烏鷺亨子は空間を”掴む”と、それを引き寄せた!

乙骨本体が引っ張られる形になったのか、すでに烏鷺亨子の間合いにいた乙骨!

烏鷺亨子は肘鉄を顎にヒットさせる!

 

と、ここで乙骨の体に異変が・・・

引き寄せられた空間・・・その空間に巻き込まれた乙骨の右腕は、

妙に伸びてしまっている。

 

乙骨がその謎の解明をする間もなく畳み掛ける烏鷺亨子。

基本的にこいつは空間操作以外は徒手空拳しか武器がないのか。

だったら特別怖い事はないかもしれないな。

烏鷺亨子の攻撃で空間からはじき出された乙骨。

伸びていた右腕も元通りで異常はない。

痛みも感じない。

 

乙骨は烏鷺亨子の術式が空間をイジる術式だと予想。

だが、空間ごと相手を潰したりするようなチート技はない・・・のか?

もしそれが使えるなら、とっくにやってるだろうからな。

 

現状から判断するに、レンズの歪みのような、

エラーを作り出している感じだと結論づけた。

 

と、ここで烏鷺亨子は術式の開示を始めた。

”空”を”面”で捉えることができるようだ。

 

初撃と、さきほど弾き飛ばされた攻撃・・・

どちらもガードを無視して吹っ飛ばされた。

その辺も”面”っていうのに種があるのか・・・?

次のページへ >

スポンサードリンク

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.