ハリガネサービスACE ネタバレ感想 145話 「鬼」とっくに心は崩壊していた

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 145話 「鬼」とっくに心は崩壊していた

投稿日:2022年1月27日 更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 145話 「鬼」

ハリガネサービスACE 145話 ネタバレ感想!

2022年1月27日(木)発売の週刊少年チャンピオン9号掲載!

 

なんとか笑顔を取り戻した下平。

ミラクルサーブを連発する下平対策に、5人レシーブで挑む鬼灯山!

果たして下平はこの鉄壁の布陣から点を取ることができるのか!?

 

■前回 第144話「虚」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 144話 「虚」
ハリガネサービスACE ネタバレ感想 144話 「虚」

ハリガネサービスACE ネタバレ ...

続きを見る

 

145話のネタバレ前半

下平のミラクルサーブを切るためにレシーバーを増やしてきた鬼灯山。

果たして、この状況でも下平はサーブで点を取れるのか!?

 

何の緊張もせずジャンプサーブに向かう下平。

頭の中では、先程の野々原の”頑張りすぎるな”という言葉について考えていた。

 

野々原はああいっていたが、下平にとっては頑張っているほうが楽なのだ。

何もしていないと嫌なことばかり考えてしまう・・・

 

バレーをしている間は、どうやって点をとるかだけ考えていればいい。

それで皆喜んでくれるなら、それでいいんじゃないかな。

 

別に面白くなくても

 

下平の心に陽は差してはいなかった。

いまだ心は壊れたまま。

 

もうずっと下平の心は壊れたままなのかもしれない。

下平のジャンプサーブ・・・!!

イケメンレシーバーが任せろと声を出す!

 

だが、このサーブ・・・ネットギリギリを狙ったただのサーブではない。

無回転のブレ球・・・!!

突然の軌道の変化に困惑するレシーバー!

 

下平は鬼灯山がレシーバーを増やすのを待っていたのだ。

初手でブレ球を打った際、鬼灯山の老け顔は、これを難なく処理した。

故にここまでブレ球は使わずにネットインを主軸に攻めてきた。

 

だが、今こうしてレシーバーが増え、選手間が縮まり守備範囲がかぶりだした時!!

そこには迷いが生じる・・・!!

 

いかに声かけをしたところで、いざブレ球を追っていくと、

隣のレシーバーが取るべきかもしれない場面に遭遇する。

 

こうして見事に決まり、これで3連続得点・・・

21-15とリードを広げる豊瀬。

 

三蔵平蔵は間を狙われているぞと声を出し、取るヤツをハッキリさせるよう指示を出した。

次のページへ >

スポンサードリンク

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.