ハリガネサービスACE ネタバレ感想 143話 「deportare」

https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 143話 「deportare」

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 143話 「deportare」

ハリガネサービスACE 143話 ネタバレ感想!

2022年1月13日(木)発売の週刊少年チャンピオン7号掲載!

 

せっかく新たな力を開花させようという下平にブレーキをかける松方。

これは単なる個人のエゴなのか?それとも何か思惑あってのことなのか?

それにしても図に乗るなとは何様のつもりだ!

 

■前回 第142話「束縛」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 142話 「束縛」
ハリガネサービスACE ネタバレ感想 142話 「束縛」

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 142話 「束縛」 ハリガネサービスACE 142話 ネタバレ感想! 2022年1月6日(木)発売の週刊少年チャンピオン6号掲載!   サイドプレイヤーとして覚醒 ...

続きを見る

 

143話のネタバレ前半

大船が見事に決め16-14とリードを広げる豊瀬。

そんな中、下平の母親が気付いてしまった。

 

下平が笑っていないことに・・・!!

 

自分をスルーされ、大船にトスを出されたことを気にしているだけ・・・なのでは?

とも思ったが、確かに今の下平は、どこか感情がなくなっているような気がする。

 

一方、リバウンドを読まれてしまったエース三蔵平蔵は自身を責めていた。

今の失点は自分が読まれてしまったせいだと。

 

だが、老け顔は袴田のプレイを叱責し始めた。

今のはそんなに速い攻撃じゃなかったのだからしっかりブロックの間を詰めろと。

他のメンバーは点差はまだ2点だからと、気持ちを切り替えている。

 

明らかに他の選手達の意識が変わった?

これまでは三蔵頼みでも勝ててきたが、本当に強い相手と当たった今、

自分達の一つ一つのプレーが勝負に直結する実感を得たためだろうか?

わかめセッターのトスの精度も上がり、三蔵平蔵の実力をちゃんと引き出している!

これは強烈なスパイクが来るぞ・・・!!

 

三蔵平蔵のスパイクは大船の腕に当たり、そのまま1点に。

これで16-15と点差は1点に。

老け顔は三蔵にナイスキーと歩み寄る。

 

今までの三蔵平蔵であれば、ガン無視がお決まりだったのだが・・・

何とここで初めて反応を見せた。

 

動きを止めた三蔵は、小声で”ナイスパス”ともらした。

これに一気にテンションを上げる鬼灯山w

照れ隠しで暴れまわる三蔵平蔵。

 

確実にいい雰囲気になりつつある鬼灯山。

本番はこれからかもしれない。


 


次のページへ >

人気記事

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.