忍者と極道 ネタバレ感想 77話/ガムテの最期!そしてついに互いに正体がバレる!!

https://www.sirolog.com

忍者と極道ネタバレ

忍者と極道 ネタバレ感想 77話/ガムテの最期!そしてついに互いに正体がバレる!!

更新日:

忍者と極道 ネタバレ感想 77話 「Hello,world!」

忍者と極道 77話 ネタバレ感想!

 

突如戦場に現れた謎の組織”堕天使(ルシフェル)”

救済なき医師団とは敵なのか?味方なのか!?

そしてガムテの最期に極道が現れるが忍者がその様子を見ているぞ・・・!!

 

■前回 第76話 「au revoir」はこちら

忍者と極道 ネタバレ感想 76話/謎の組織”救済なき医師団・堕天使”現る!!
忍者と極道 ネタバレ感想 76話/謎の組織”救済なき医師団・堕天使”現る!!

忍者と極道 ネタバレ感想 76話 「au revoir」 忍者と極道 76話 ネタバレ感想!   ついに忍者の必殺の一撃がガムテを射抜いた・・・!! クーポンの効果も消え、ガムテに待つのは死のみ・・・ ...

続きを見る

 

最期の時

爆発で空いた巨大な孔・・・

そこから吹き込む風の音が、とてつもなく物悲しげに聞こえる。

まるで総理官邸が哭いているかのようだ・・・

 

そんな中、極道とガムテが対面を果たす。

血の海に沈む、死に際の息子に対し淡々と語りかける極道。

 

クーポン二枚同時ギメにも関わらず忍者に勝つことは出来ず・・・

なおかつ宿敵である極道もテロに巻き込まれつつも無事。

結局ガムテは倒したい忍者と極道、共に倒すことは適わなかったわけだ。

 

極道はガムテに対し”残念だったね”と口にしつつも、よくやったと褒め称えた。

それは、ガムテを含め、心を殺された子供達・・・”割れた子供達”に対する賞賛。

 

他人を殺さねば心の均衡を保つことが出来ない”孤独な者”に

国家の中枢という最高の狩場と獲物を与えてくれた・・・と。

 

そして、極道が教えた以上の破壊を・・・

”孤独の叫び”を見せてくれたとし、”よくやった”と死に行く息子に賛辞を送る。

だが、極道のその表情に悲しみもなければ、ガムテの欲した最高の笑顔もなかった。

ガムテが欲しかったのは、そんな言葉じゃなかった。

息子には見せず、忍者には見せていた・・・あの心からの笑顔・・・

 

ガムテの悲痛な想いが、命尽きようとする中、あふれ出そうとしていた。

一方、上階の吹き抜けからガムテと極道を見下ろす忍者と斗女。

 

後姿から、あれは間違いなく極道だと認識している様子。

とどめを刺していないガムテに近寄るのは危険とし、極道を心から心配しているようだ。

風がうるさいため会話までは聞き取れていないようだが・・・。

 

あまりに必死な忍者の様子に何事かと尋ねる斗女。

そこで彼が忍者の初めて出来た友達と知ることとなる。

 

だが、何かが引っかかった斗女は忍者に待ったをかけ、

イケメンに極道を確認させる。


 


次のページへ >

人気記事

オススメ記事

-忍者と極道ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.