呪術廻戦 ネタバレ感想 167話/伏黒VSレジィ戦開幕!!激戦必至!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 167話/伏黒VSレジィ戦開幕!!激戦必至!!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 167話 「東京第1結界⑦」

呪術廻戦 167話 ネタバレ感想!

2021年12月6日(月)発売の週刊少年ジャンプ1号掲載!

 

明かされる日車の罪…虎杖との対話の中で何が語られるのか。

100点を虎杖に譲った後、日車はどういう道を歩むのか。

そして、日車の言葉は虎杖に少しでも救いを与える事ができるのか・・・

 

■前回 第166話 「東京第1結界⑥」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 166話/虎杖に死刑宣告!!虎杖の心に光を見出した日車の決断とは!?
呪術廻戦 ネタバレ感想 166話/虎杖に死刑宣告!!虎杖の心に光を見出した日車の決断とは!?

呪術廻戦 ネタバレ感想 166話 「東京第1結界⑥」 呪術廻戦 166話 ネタバレ感想! 2021年11月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ51号掲載!   日車の圧倒的強さの前に、何とか二審に持ち込 ...

続きを見る

 

日車の答え

虎杖との対話から導き出した日車の結論・・・

日車はコガネを呼び出し、100点を使用してルールを追加した。

 

そのルールは虎杖が望む泳者同士の点の受け渡しを可能とするものだった。

コガネはその願いを聞き入れ死滅回游に10個目のルールとして刻まれた。

 

これに安堵する虎杖。

まずは目的の第一段階はクリアか。

 

すると早速日車は自身の持ち点1点を虎杖に渡した。

ルール8の”得点の変動”にあたるため、これで19日間は虎杖も日車も

術式を剥奪されることはない。

 

と、点数を渡すなり日車はさっさと劇場を出て行こうとする。

そんな日車を呼びとめ、これからどうするつもりかと尋ねる虎杖。

もし日車さえよければ自分たちを手伝って欲しい・・・と。

 

確かに日車ほどの実力者ならば味方に加われば百人力である。

だが、日車は虎杖の頼みに対する返答ではなく、唐突に余った2点の話を語りだした。

術師を倒せば5点、非術師を倒せば1点という死滅回游のルール。

この2点から察するに、日車は非術師を2人殺している。

 

どうやら東京に来る前に裁判官と検事を殺した事による2点のようだ。

日車は結界が開けたら自首を考えているようだ。

その時が来るまで自分が何をすべきか考えたいとの事。

 

それが日車の出した結論か。

日車は一緒に行けない理由として、付け加える形で

虎杖といると益々自分を嫌いになりそうだと語った。

 

無論、虎杖を責めたわけではない。

日車は”またな”と言い残し、劇場を去っていった。

複雑な心境の虎杖・・・

 

自身がやったことではないにしろ宿儺の罪を背負う覚悟でいる虎杖。

それでも日車に”君に罪はない”って言ってもらえた事。

少なからず心が救われたんじゃなかろうか。


 


次のページへ >

人気記事

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.