ハリガネサービスACE ネタバレ感想 137話 「Respect」

https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 137話 「Respect」

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 137話 「Respect」

ハリガネサービスACE 137話 ネタバレ感想!

2021年11月18日(木)発売の週刊少年チャンピオン51号掲載!

 

仲間を優勝させるためなら、どんな孤独もいとわない・・・

絶対的エースに覚醒した三蔵平蔵・・・!!

だが、果たしてその形での優勝を仲間たちは望んでいるのだろうか・・・

 

■前回 第136話「孤塁」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 136話 「孤塁」
ハリガネサービスACE ネタバレ感想 136話 「孤塁」

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 136話 「孤塁」 ハリガネサービスACE 136話 ネタバレ感想! 2021年10月21日(木)発売の週刊少年チャンピオン47号掲載!   明らかな変化を遂げた ...

続きを見る

 

137話のネタバレ前半

豊瀬VS鬼灯山

覚醒した三蔵平蔵を前にして、大船は初めて対戦相手を尊敬した。

 

チームの願いを・・・

地元の期待を・・・

たった一人で背負い、三蔵平蔵は全国4強までのし上がって来た。

 

大船は、自分もこんな風になりたいと、尊敬のまなざしを向け、

そしてその憧れから来る強い思いはプレーにも反映され、

力強いスパイクを叩きつけ1点をもぎ取った。

 

スコアは9-6で豊瀬がリード。

絶好調の大船は、自分にドンドンもってこいと猛アピール。

 

お前に三蔵平蔵みたいな孤高のエースは無理やろ!!

 

セクハラ大魔神がぁ!!

こんな大切な大会中に色恋で浮き足立ちやがってよぉ・・・!!

そんなヤツが今さらまじめぶったってもう遅いっちゅうねん!

 

大船はどこまでいっても大船やわ!

豊瀬と鬼灯山の両エースによる撃ち合いが続く中・・・

駿天堂は苦戦を強いられていた。

 

というのもスロースターターの鴫澤天が調子付いてきているのである。

高い打点からの強打・・・そう簡単に止められるものではない。

 

気づけば序盤のリードはあっという間に吹き飛ばされ、

11-11と追いつかれてしまっていた。

 

やはり小森一人で鴫澤天を止めるのは難しいか。

羽座川は相変わらずベンチで寝ている。

 

そんな羽座川に監督が声をかける。

コートに戻れ・・・と。

 

まだ中盤戦・・・途中交代で入った榊は、下げたらもう試合には出られない。

それでもフラフラの羽座川を使うというのか!?

 

コーチの進言もむなしく、このまま待てば負けるだけだと羽座川を出す決定を下す。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.