呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話 「東京第1結界⑤」

呪術廻戦 165話 ネタバレ感想!

2021年11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ50号掲載!

 

日車の領域展開『誅伏賜死』により呪力を奪われた虎杖。

素のフィジカルの強さのみで戦うしかない状況で、

果たして日車を倒すことはできるのか!?かなり強いぞ・・・!!

 

■前回 第164話 「東京第1結界④」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話 「東京第1結界④」 呪術廻戦 164話 ネタバレ感想! 2021年11月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ49号掲載!   嘘つきはサソリ女だった! 2対1の窮地に陥る ...

続きを見る

 

天才呪術師

修習59期・岩手弁護士会所属の日車寛見36歳は、

T大法学部を受験。

法科大学院導入前の旧司法試験など、あらゆる難関をストレートで通過してきた天才。

 

彼ほど”天才”という言葉がピッタリな男も珍しいほどに、日車は優秀すぎた。

そんな日車だが、その才は弁護士だけに留まることはなかった。

彼の中で最も光る原石・・・

 

それは・・・

 

呪術師としての才能だった。

 

領域展開『誅伏賜死』によりペナルティで呪力を奪われた虎杖。

いかにフィジカルが人並み外れているとはいえ、

 

日車は呪力を込めた木槌で攻撃をしかけてくる。

生身でソレを食らえばひとたまりもないだろう。

 

それが解るからこそ、虎杖は日車の攻撃をひたすらに回避している。

一方の日車だが、虎杖の呪力を奪った事から、自身に対する攻撃で致命傷は受けないと見て

怒涛の近接攻撃を仕掛けてくる。

日車の木槌は出すのも消すのも自由自在。

右手・左手でスイッチも可能。

 

さらには形態も変えられるようで、握り手部分を延ばしたり、曲げたり、

変幻自在に操作し、虎杖を速攻で仕留めようと攻撃の手を休めない!

 

並の人間であればとっくに決着はついているであろう怒涛の攻撃を、

虎杖はすべてかわしきっている・・・戦闘センスが相変わらずズバ抜けている。

 

だが、この日車という男も負けてはいない。

弁護士以上の呪術師としての才・・・!!

 

領域がデフォルトで備わった自らの術式を解明することで、

結界術の基礎も同時に習得。

 

その結界術から逆算する形で呪力操作による強化術の勘も掴んだ。

術式開花から、わずか12日間にして1級術師と遜色のないレベルまで成長。

結界侵入前には数多くの呪霊を退け、20人以上の泳者を返り討ちにしてきた。

 

100点獲得は伊達ではないということだ。


 


恐怖の二審判決


 


乱打戦において虎杖が間合いをとったので一息つく。

ここで日車が虎杖に質問を投げかける。

呪力が練れなくなっているのか?と。

 

おかしな質問だ。

お前さんの術式でそうなってんだろうが。

 

呪力が使えない・・・これは虎杖が”アンタがやったんだろ”というまで、

日車は知りえなかった情報だった。

 

実は”没収”の罰は『一時的に術式の使用を不可能にする』というものだったのだ。

だが、虎杖は術式をもっていなかったため、罰が『呪力の使用不可』に変わったのだ。

 

この説明を虎杖に聞かせながら、若干の恐怖を虎杖に感じていた日車。

なんせ、目の前の少年は呪力なしにも関わらず自分と渡り合っているのだから。

 

日車は説明ついでに没収について補足する。

没収は本来付加刑で、それ単体で科されることはないと。

ん?本来の効果に対し付与効果として没収の罰が追加されるということなのか?

とにもかくにも、目の前の少年は呪術師としてではなく、

生来の肉体の強さが普通ではないのは間違いない。

 

これまで対術師戦からの経験上、術師が術式を封じられた場合、

基礎的な呪力操作までもがグダグダになる事が多かった。

長年の勘が鈍るためなのだろう。

 

それよりも不利である呪力の完全使用不可状態・・・!!

そんな状態でここまで戦えている事実・・・油断すれば足下をすくわれかねない。

 

ならば全力で潰すのみ・・・!!

 

日車は決しておごらず、木槌の柄の部分を長く伸ばし、巧みな棒術で虎杖を攻める!!

目にも留まらぬ連続攻撃だが、虎杖の動体視力と反射神経をもってすれば

難なくかわせてしまう。

 

さらに長物の弱点である間合いを詰め、棒を握ると、

思い切り引っ張り日車から奪おうとする。

 

だが、そもそも出し入れ自由の木槌。

引っぺがされるよりも前に日車は木槌を消した。

 

つんのめって後ろに倒れそうになる虎杖だが、バク宙しながら距離を取り、

近くにあったバスタブを思い切り日車めがけて蹴飛ばした!

 

迫り来るバスタブを木槌で思い切り殴りつけ、中の水が物凄いしぶきを上げて周りに散った!

 

これにより虎杖の視界はさえぎられ、そのわずかな隙を狙い日車は

超巨大化させた木槌を、虎杖めがけて思い切り振り下ろした!!

 

頭上から落ちてくる木槌を両腕で何とかガードするも、

相当な威力なのか、虎杖の足下の板は割れ、今にも押しつぶされそうだ。

 

ここまでやっても死なない・・・!!

日車はただただ関心するばかりだった。

まるで壊れない人形を相手にしているような感覚・・・!!

 

一方の虎杖は相当な危機感を感じていた。

少しでも力を緩めれば押しつぶされる・・・!!

 

これまでの怒涛の攻撃も、何とかかわしつづけているが、

このまま続けば、いつまともに食らわないとも限らない・・・!!

 

早く呪力を取り戻さなければ・・・!!

 

これだけの能力・・・

何か・・・何か日車にとって不利な要素があるのでは?

 

虎杖は木槌に押し潰されそうになりながら、必死に頭を働かせる。

そして必死に考えた末、何かを思いつく。

 

その”思いつき”に全てを賭け虎杖は叫ぶ。

やり直しもう一回だ・・・と!!

 

その瞬間、日車が領域展開した際に現れた裁判所のような空間が再び現れた。

虎杖は賭けに勝ったようだ。

 

日車の使う裁判の術式・・・

裁判ならば二審がある・・・!!

そう考えてのやり直しの宣告。

 

ジャッジマンに有罪を言い渡され、罰を科された対象は、

罪を認めない限り、2回まで裁判のやり直しを請求できる。

ジャッジマンがこれを断ることはない。

 

虎杖はもう一度を要求すると、ジャッジマンはこう述べた。

 

『虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある』

 

これに対し、虎杖は間髪入れず、これを認めた。

俺が殺した・・・と。

これは嘘でも否定でもなく、事実である・・・と。

 

その結果、ジャッジマンの表情は苦悶に歪み、

血が出るほどに塞がれたまぶたをこじ開け叫んだ。

 

『”有罪(ギルティ)”!!”没収(コンフィスケイション)”!!”死刑(デス・ペナルティ)”!!』

 

虎杖に対する罰は極刑・・・

 

次回に続く・・・!!

 

呪術廻戦 165話/感想

日車めちゃくちゃ強いなぁ。

術式に加え、基礎的な呪力操作もバッチリで戦闘センスもあるときてる。

 

一旦二審に逃れ、仕切りなおしになるかと思ったら、

状況はさらに悪化の死刑宣告・・・

 

術式の一時使用不可以上のペナルティ・・・

デス・ペナルティって言うぐらいだから死に相当するんじゃ・・・

ってことは、また宿儺チャレンジですか・・・

 

呪術廻戦/関連記事

◇前回

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話 「東京第1結界④」 呪術廻戦 164話 ネタバレ感想! 2021年11月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ49号掲載!   嘘つきはサソリ女だった! 2対1の窮地に陥る ...

続きを見る

 

◇次回

呪術廻戦 ネタバレ感想 166話/虎杖に死刑宣告!!虎杖の心に光を見出した日車の決断とは!?
呪術廻戦 ネタバレ感想 166話/虎杖に死刑宣告!!虎杖の心に光を見出した日車の決断とは!?

呪術廻戦 ネタバレ感想 166話 「東京第1結界⑥」 呪術廻戦 166話 ネタバレ感想! 2021年11月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ51号掲載!   日車の圧倒的強さの前に、何とか二審に持ち込 ...

続きを見る

 

◇まとめ

呪術廻戦ネタバレ


 

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.