呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!

投稿日:2021年11月15日 更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話 「東京第1結界⑤」

呪術廻戦 165話 ネタバレ感想!

2021年11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ50号掲載!

 

日車の領域展開『誅伏賜死』により呪力を奪われた虎杖。

素のフィジカルの強さのみで戦うしかない状況で、

果たして日車を倒すことはできるのか!?かなり強いぞ・・・!!

 

■前回 第164話 「東京第1結界④」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話 ӎ ...

続きを見る

 

天才呪術師

修習59期・岩手弁護士会所属の日車寛見36歳は、

T大法学部を受験。

法科大学院導入前の旧司法試験など、あらゆる難関をストレートで通過してきた天才。

 

彼ほど”天才”という言葉がピッタリな男も珍しいほどに、日車は優秀すぎた。

そんな日車だが、その才は弁護士だけに留まることはなかった。

彼の中で最も光る原石・・・

 

それは・・・

 

呪術師としての才能だった。

 

領域展開『誅伏賜死』によりペナルティで呪力を奪われた虎杖。

いかにフィジカルが人並み外れているとはいえ、

 

日車は呪力を込めた木槌で攻撃をしかけてくる。

生身でソレを食らえばひとたまりもないだろう。

 

それが解るからこそ、虎杖は日車の攻撃をひたすらに回避している。

一方の日車だが、虎杖の呪力を奪った事から、自身に対する攻撃で致命傷は受けないと見て

怒涛の近接攻撃を仕掛けてくる。

日車の木槌は出すのも消すのも自由自在。

右手・左手でスイッチも可能。

 

さらには形態も変えられるようで、握り手部分を延ばしたり、曲げたり、

変幻自在に操作し、虎杖を速攻で仕留めようと攻撃の手を休めない!

 

並の人間であればとっくに決着はついているであろう怒涛の攻撃を、

虎杖はすべてかわしきっている・・・戦闘センスが相変わらずズバ抜けている。

 

だが、この日車という男も負けてはいない。

弁護士以上の呪術師としての才・・・!!

 

領域がデフォルトで備わった自らの術式を解明することで、

結界術の基礎も同時に習得。

 

その結界術から逆算する形で呪力操作による強化術の勘も掴んだ。

術式開花から、わずか12日間にして1級術師と遜色のないレベルまで成長。

結界侵入前には数多くの呪霊を退け、20人以上の泳者を返り討ちにしてきた。

 

100点獲得は伊達ではないということだ。

次のページへ >

スポンサードリンク

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.