呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

更新日:

裁判の術式


 


日車の襟に光る弁護士バッチは本物・・・

だが、どうもやってることは検察寄り・・・?

 

日車は現代人だが、この領域に関しては天元様が言ってた昔の術師のパターン・・・!!

 

天元様の話によれば、領域展開は昔の術師にとっては今よりも

ずっとスタンダードな技術だったという。

理由として現在の領域に多い『必中必殺』の『必殺』の部分を省いていたためだ。

 

領域内の対象に自身の”術式(ルール)”を強制(必中)させる・・・

これが昔の一般的な領域の性能。

 

『必殺』に拘るあまり、領域を構築する条件のハードルが上がり、

領域はより高度な技術になり、使い手は減少したという。

 

この天元様の情報を元に日車の領域について考えれば、

ひとまず『必殺』はない・・・

そして、この領域内で物理的に危害を加えられる事はないと考えていい。

 

ある程度のルールを説明するという”縛り”から成り立っているようだな。

とはいえ、未知の能力・・・気は抜けない。

 

日車いわく陳述のチャンスは互いに一度のみ。

虎杖が先に陳述し、その後に日車も一度だけこの証拠を踏まえ反論する。

そして最後にジャッジマンが六法に基づき判決を下す。

 

虎杖は有罪になった際のペナルティについて質問するが、そこには答えてくれなかった。

ただ、代わりにこれだけは教えておくという。

 

虎杖に与えられた選択肢は3つ。

『黙秘』『自白』『否認』・・・否認については虚偽陳述も含まれる。

つまり嘘をついてもいいというのだ。

 

本来裁判では虚偽の説明をしないように宣誓させられる気がするのだが・・・

日車いわく、皆が真実を述べるなら裁判の必要はないという。

一理あるか・・・

 

日車は虎杖に、さっさと言い訳するように言う。

ジャッジマンは気が長くはないからと。

虎杖はパチンコ屋に行った事実があった。

ガッツリ遊び、しかも勝った記憶もある。

 

無罪を主張するのであれば、必然的に嘘をつくことになるわけだ。

そうなると考えなければならないのは、日車の持つ”証拠”の中身・・・!!

 

日車は”証拠”は必ずしも虎杖の疑いを確定するものではないと言っていた。

虎杖には3つの選択肢がある。

 

1.もし”証拠”がパチンコ店への入店を裏付けられない”スカ”なら

  黙秘か否認で乗り切れる。

 

2.”証拠”が入店のみを裏付けるものなら酌量の余地のある言い訳に賭けるか?

  トイレを借りた・・・とかね。

 

  だが、もし証拠がスカなら、この時点で入店を認めることとなり、

  墓穴を掘る結果になってしまう。

 

3.”証拠”が入店だけじゃなく”遊技”をも裏付ける物だった場合ほぼ詰む。

  この場合は自白して罪が軽くなることに賭けるか?

  だが、そもそもこの裁判に量刑の重い軽いがあるのか謎だ・・・

 

虎杖は少しばかり悩んだ末、パチンコ店『マジベガス』へ入店を認めたものの、

あくまでも理由は急な便意で、やむを得ずトイレを借りた・・・と嘘をついた。

 

3の選択肢は早々に捨てた虎杖。

情状酌量なんてものがこの裁判にあるのかどうかも分らないが、

この答えが一番印象が良い気がする・・・と。

 

さて、では日車のターン。

証拠の開示・・・!!

 

ソレは『マジベガス』付近にある古物商・・・

いわゆる換金所の防犯カメラのキャプチャ画像だった。

 

そこに写っている男は紛れもなく虎杖悠仁だった。

天を仰ぐ虎杖w

 

入店を認めた今、このキャプチャを見る限りトイレ云々は信じるには値しない。

虎杖は18歳未満でありながら遊技目的で入店したとみられる。

 

それは何罪に当たるのか完全諦めムードの虎杖が問う。

 

店は明示的に18歳未満の入店を拒否しているからと建造物侵入罪にあたるという。

風営法では未成年自身は処罰されないからと付け加えた。

 

虎杖は、こんなのズルだと訴える。

どう言い訳しても意味がないと。

 

だが、日車に言わせれば切り抜ける方法はあったという。

賭博が禁じられている日本では店と換金所は別の法人だと。

複数店で換金所をシェアしている場合もある。

 

問われているのは、あくまでも『マジベガス』に対する入店のみ。

つまり『そんな店は知らない』と容疑を否認していればよかったことになる。

あの換金所の写真からはマジベガス入店を裏付けられないからな・・・

 

つまり虎杖は完全に墓穴を掘ったというわけだ。

日車は木槌を二回叩き、ジャッジマンの判決を促す。

 

結果は・・・

『有罪(ギルティ)没収(コンフィスケイション)』

 

瞬間的に元の空間に戻った。

有罪にはなったものの、特に虎杖の体に変化はないようだが・・・

 

そんな確認作業を行っていると、いきなり日車がハンマーを投げてきた!

虎杖はこれを腕でガードしたが、何かしらの違和感を感じる虎杖!

 

日車はすかさず虎杖に向かって走り出し間合いをつめる。

そして、そのまま拳を振りかぶる!!

 

次の瞬間!

 

初手で放った木槌が、なぜか日車手元に瞬間移動!!

しかも、巨大化している!!

 

巨大化した木槌を両手で握り、思い切り振りかぶる日車!!

とてつもない強打を食らう虎杖!

 

腕でガードしたとはいえ、吹っ飛ばされる虎杖!

初手の木槌投げをガードしたときに感じた違和感・・・

どうやら虎杖は呪力が練れなくなっているようだ。

 

これが有罪によるペナルティ・・・!!

つまり、虎杖は素の身体能力のみで戦わなければならないわけか・・・

今のところ、余裕を見せている虎杖。

 

果たして勝ち目はあるのか!?

 

次回に続く・・・!!

 

呪術廻戦 164話/感想

日車の能力実に面白いなぁ。

だけど、術師が呪力を奪われるって、もうそれ普通の人間やでな!

格闘術とか素の戦闘力が相当なければ、そりゃ負けるわな!

 

だが、相手は虎杖悠仁・・・!!

素の力だけでも相当な戦闘力だぞ!戦闘センスも日車より遥かに上だろうしな。

日車をぶっとばせ!

 

呪術廻戦/関連記事

◇前回

呪術廻戦 ネタバレ感想 163話/嘘つきは麗美!レジィと日車の実力とは!?
呪術廻戦 ネタバレ感想 163話/嘘つきは麗美!レジィと日車の実力とは!?

呪術廻戦 ネタバレ感想 163話 「東京第1結界③」 呪術廻戦 163話 ネタバレ感想! 2021年10月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ47号掲載!   日車は新宿か池袋にいる・・・ サソリ女こと ...

続きを見る

 

◇次回

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 165話/天才日車圧倒的強さ!!虎杖に死刑宣告!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 165話 「東京第1結界⑤」 呪術廻戦 165話 ネタバレ感想! 2021年11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ50号掲載!   日車の領域展開『誅伏賜死』により呪力を奪わ ...

続きを見る

 

◇まとめ

呪術廻戦ネタバレ


 

人気記事

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.