呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話/日車の領域展開『誅伏賜死』が強い!!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 164話 「東京第1結界④」

呪術廻戦 164話 ネタバレ感想!

2021年11月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ49号掲載!

 

嘘つきはサソリ女だった!

2対1の窮地に陥る伏黒!レジィと麗美の実力はいかに!?

そして日車と対峙する虎杖・・・勝ち目はあるのか!?

 

■前回 第163話 「東京第1結界③」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 163話/嘘つきは麗美!レジィと日車の実力とは!?
呪術廻戦 ネタバレ感想 163話/嘘つきは麗美!レジィと日車の実力とは!?

呪術廻戦 ネタバレ感想 163話 「東京第1結界③」 呪術廻戦 163話 ネタバレ感想! 2021年10月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ47号掲載!   日車は新宿か池袋にいる・・・ サソリ女こと ...

続きを見る

 

強敵の予感

日車が戦闘態勢に入るなり、不気味な存在が日車の背後に現れた。

式神の類なのか・・・!?

 

日車は100点を所持している。

それは術師を20人殺している可能性があるということ・・・!!

能力も分らない中、無闇に飛び込むにはリスクが高い。

 

後手に回る結果にはなるが、どんな攻撃にも対応できる心構えをする虎杖。

 

次の瞬間、思わぬ攻撃を仕掛けてくる日車!

まさかの領域展開・・・だと!?

 

誅伏賜死

 

瞬間的に裁判所のような空間が構築される!!

虎杖は術式を発動される前に倒すべく日車に向かって走り出し、跳び蹴りを放つ!!

だが、虎杖の蹴りは日車の顔面横で止まってしまった。

 

日車いわく、この領域内では互いにあらゆる暴力行為は禁止されているようだ。

例外として言葉による暴力は許されるようだが・・・

気づけば元の位置に戻される虎杖。

 

日車は背後にいる不気味な存在『ジャッジマン』に始めるように促した。

するとジャッジマンは口を開き、虎杖の情報を語りだした。

”虎杖悠仁は18歳未満にもかかわらず、2017年7月16日宮城県仙台市の

パチンコ店『マジベガス』に客として入店した疑いがある。”

 

突然の話に一瞬困惑する虎杖だったが、すぐに思い出したようで頭を悩ませていた。

 

日車いわくジャッジマンは領域内の者の全てを知っているという。

だが、その情報は日車には共有されないようだ。

判決はあくまでこの場にいる二人の主張をもとに下される。

 

唯一、日車の手元に現れた”証拠”を除いて・・・

日車の手元に現れた封書・・・ジャッジマンから提出された本件の証拠が入ってるようだ。

 

『証拠』は必ずしも虎杖の疑いを確定するものではない・・・が、

内容を教えるつもりもないようだ。

 

その前提の上で虎杖は言い分を述べ、疑いを晴らし、

ジャッジマンから『無罪』を勝ち取らなければならないという。


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.