【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 55話 「黒の核晶」

決意の竜魔人化をしたバランは、力でハドラーをねじ伏せる!!

圧倒的パワーで形勢は逆転するだろうが、黒の核晶の問題まで解決に至るのか!?

果たしてダイたちの運命やいかに・・・

 

■前回 第54話 「ハドラー対バラン」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 54話 「ハドラー対バラン」 ハドラーとの決戦の中、黒の核晶がハドラーの体内に埋め込まれている事に気付いたダイたち。 黒の核晶が爆発すれば、死の大陸ごと吹 ...

続きを見る

 

55話のネタバレ前半

ハドラーとの死闘が繰り広げられている頃・・・

地上でもヒュンケルたちがハドラー親衛騎団と死闘を繰り広げていた。

 

ヒュンケルVSヒム

マァムVSブロック

クロコダインVSシグマ

ポップVSアルビナス

 

いずれにおいても実力伯仲・・・勝負はすぐには決まらない。

 

・・・・・

・・・

 

一方のハドラーとバラン・・・こちらも戦いが本格化し始めていた。

竜魔人VS超魔生物・・・互いに人知を超えた強大な力!

果たしてどちらが上なのか!?

 

まずは肉弾戦での探りあい。

ハドラーは強烈な拳打や蹴りを繰り出すも、バランは涼しい顔。

逆にカウンターをお見舞いすると、ハドラーは吹き飛び壁に激突!!

 

当然ハドラーもダメージは軽微。

すぐさま反撃に出るのだが、その際ヘルズクローで攻撃を仕掛ける!!

バランは一切避けようともせずこれを受けた。

 

先ほどダイの腹を貫いた一撃だったが、竜魔人と化したバランには、

致命傷どころか、傷一つつけることは出来なかったのである。

 

ハドラーの爪はバランの胸に突き立てられたが、完全に皮膚で止まっている。

薄皮一枚すら傷つけることは出来なかった。

 

驚愕するハドラーに怒涛の連撃を繰り出すバラン。

圧倒的・・・!!

二人の実力は互角・・・そう思ったのだが、そうではなかった。

 

竜魔人と化したバランはハドラーの実力を大きく上回っているようだ。

流石竜の騎士の戦闘形態・・・こうなっては相手が死ぬまで闘い続けるほかない。

地に這い蹲るハドラーの顔を踏みつけ、勝ち目がない事を告げた。

 

しかし、だからとてここで諦めるはずもなく。

ハドラーは右手に仕込んだ覇者の剣でバランに襲い掛かるも、

簡単に回避すると共に、ハドラーの右腕をねじ折った。

 

激痛にのたまうハドラー。

いかに超魔生物といえど骨折をたちまち回復は出来ない様子。

これでしばらくは剣と極大呪文は使えなくなった。

 

ハドラーは困惑していた。

もとより超魔生物は竜魔人の能力を研究し作られたもの。

その肉体は竜魔人と互角かそれ以上のはずなのに・・・何故こうも歯が立たないのか!?

 

大魔王バーンいわく、うかつに獣の巣を突いた結果だという。

どんな動物でも巣を突かれれば怒る。

相手が自分より強い生き物だろうが、我が子を守らんがために凄まじい力を発揮して逆襲する。

 

それと同じ事だというのだ。

ハドラーがダイに深手を負わせた結果、バランを怒らせ通常以上の力を発揮させた・・・と。

 

大魔王バーンはこの状況を見て、これまでかと判断し黒の核晶を爆発させようとする。

それを見たミストバーンが一応の確認を取るが・・・

やはりハドラーが勝てないとなった以上、そうしてやるのが情けだとバーンは言う。

 

ミストバーンの本意ではなかろうが、バーンの意志は絶対。

それ以上何もいう事はなかった。

 

大魔王バーンが指先から魔法力を飛ばせば黒の核晶は爆発する。

次にバランがハドラーに接触した時・・・それが最後の時だと、

二人の様子を映し出す水晶に向けて指を向けるバーン。

すると、ここでハドラーに動きが。

バランから距離を取り、上空へ逃れたハドラー。

どうやら右腕を折られながらも、まだ諦めていない様子。

 

それを見たバーンは一度向けた指をそらし、様子を見ることに。

 

ハドラーは折れた右腕を左腕で支えながら剣を構える。

まさかあの腕で超魔爆炎覇を撃つというのか・・・!!

 

どう考えても無駄な足掻きにすぎなかったが、

ハドラーにとっては激痛よりも地に伏したまま死を待つ事の方が

遥かに耐えがたかったようだ。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

魔炎気を纏いバラン目掛けて急降下してくるハドラー!

バランはこれを受けて立つ!!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

結果は大方の予想通りとなってしまった。

カウンターを放ったバランの拳が、ハドラーの超魔爆炎覇よりも先に

ハドラーの胸を貫いたのである。

 

あと一歩及ばなかったハドラー・・・

流石の超魔生物も、これは致命傷か・・・胸を貫かれたまま、だらんと脱力するハドラー。

 

一部始終を見届けたバーンは、最後の執念を賞賛すると共に、

ハドラーの望み通り、死してもバランたちに一矢報いさせてやると、

黒の核晶目掛けて魔力を放ち、起爆させようとする!!

 

だが、ここで想定外の事態が起こる。

なんと黒の核晶が爆発しないのである。

 

確かにバーンは魔力を飛ばしたはずなのに・・・何故!?

困惑するバーンを嘲笑うバラン。

 

何故あえてハドラーの最後の挑戦を受けて立ったのか・・・

すべてはこのチャンスを待っていたのだとバランは語る。

ハドラーの身体をブチ抜き、黒の核晶の爆発を押さえ込むこの瞬間をずっと狙っていたと!!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

バランはハドラーの体内から黒の核晶を抜き取った。

もとより爆発は覚悟の上・・・!!

ドラゴニックオーラで黒の核晶の威力を出来るだけ抑える事が目的・・・!!

 

意識を取り戻したハドラーは困惑していた。

一体コレは何なのだと。

何故自分の体内にこんなものがあるのかと。

 

バランはコレについてハドラーに説明する。

魔族であるお前ならば名前くらいは聞いた事があるだろうと。

これこそが、あの忌まわしき爆弾・・・”黒の核晶”だと・・・!!

 

黒の核晶の伝説は当然ハドラーも知っていた。

だが、何故あの超爆弾が自分の体内に・・・!?

一体誰がこんな真似を・・・!?

 

あふれ出る疑問にバランが答える。

すべてはお前の主である大魔王バーンの仕組んだ事だと。

 

ハドラーに地上を与えると言いながら、その地上を吹き飛ばすつもりだった

非常なる男・・・大魔王バーン!!

 

ハドラーは全てが腑に落ちていた。

何故ダイやバランが全力で挑んでこなかったのか・・・

すべては黒の核晶のせいだった・・・!!

 

何が正々堂々の戦いだ・・・

こんな状況ではダイたちに勝ち目などあるはずもない。

 

自ら肉体を捨て、生命まで捨ててこの戦いに挑んだのに・・・

それがこの有様だというのか!?

 

あまりの憤りに身震いし、涙ながらに吠えるハドラー・・・

バーンの仕打ちはあまりにも残酷すぎる・・・

さしものミストバーンもハドラーに同情を禁じえない様子。

 

そんな最中現れたキルバーン。

真魔剛竜剣を使い物ではなくし、せっかく勝てるチャンスを与えてやったのに

結局このザマかと落胆する。

 

だが大魔王バーンは仕方ないという。

いかにハドラーといえど、相手が怒れる竜魔人ともなればこの結果も致し方ない。

まさか自身の魔法力を弾くほどの闘気を見せるとは・・・バーンの予想すら上回るほどなのだ。

 

とはいえだ。

いかにドラゴニックオーラに覆われているとはいえ、

間近まで赴けば爆発させるのは容易い・・・そう言って立ち上がる大魔王バーン。

 

ついに玉座を離れ、直接顔を出すつもりのようだ。

これを止めるキルバーン。

 

バーン自ら出向かせるのでは我々の立場がないとミストバーンに同意を求めようとするが

その時にはもうミストバーンの姿はなかった。

 

ハドラーに対し思い入れの強かったミストバーン。

しかし、天秤にかける相手がバーンともなれば話は違ってくるのだろう。

 

・・・・・

・・・

 

バランはバーンが次の手を打ってくる前にハドラーの体内から黒の核晶を摘出しようとする。

そんな最中、上空に姿を現したミストバーン・・・!

 

すぐに自分たちを始末しに来たと悟るバラン。

ハドラーは尋ねずにはいられなかった。

 

ミストバーン・・・お前もバーンと同じなのかと・・・

道具として始末しに来たのか・・・と・・・

結局お前にとっても俺は駒でしかなかったのか・・・と。

 

沈黙の後、ミストバーンは語った。

その質問に対する答えは常に一つだと。

 

”大魔王様のお言葉は全てに優先する”

 

バランは今更お前が出てきたとて私は倒せんと豪語するも、

ミストバーンは謎の自信を漲らせている。

指一本触れることなくお前たちを消し去る事ができる・・・だと!?

 

ミストバーンは自らの衣に手をかけ、大きく広げて見せた。

結局、その衣の中身は、漆黒の闇しかない・・・

と、思っていた矢先・・・!!

 

突如ミストバーンの衣の中で、凄まじい鳴動が発せられ始めたではないか。

そしてミストバーンがバーンに何か許可を取り、バーンがそれを許諾した。

 

次の瞬間・・・!!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第55話ネタバレ感想!黒の核晶怖すぎ

ミストバーンの衣につけられた飾りが二つに割れると、

なんとミストバーンの素顔があらわになったではないか・・・!!

これがミストバーンの正体・・・!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.