【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 54話 「ハドラー対バラン」

ハドラーとの決戦の中、黒の核晶がハドラーの体内に埋め込まれている事に気付いたダイたち。

黒の核晶が爆発すれば、死の大陸ごと吹き飛ぶ事は間違いない・・・!!

誘獏を避けるため魔法や魔法剣の類を封じられてしまったダイたち・・・

 

果たして勝ち目はあるのか!?

 

■前回 第53話 「ハドラーの挑戦」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第53話ネタバレ感想!ミストバーンの匂わせ禁止
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第53話ネタバレ感想!ミストバーンの匂わせ禁止

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 53話 「ハドラーの挑戦」 海底でのフェンブレンとの死闘の中、油断したバランが窮地に! 果たしてフェンブレンのリベンジは達せられてしまうのか!?   ■前 ...

続きを見る

 

54話のネタバレ前半

イオの閃光で目潰しをし、その隙にバランの背後に回ると、

両腕を勢いよく振り下ろしバランを地表へと叩き付けた!

 

ダイは怒りに身を任せベギラマを放とうとするも、すかさずバランがそれを止めた。

黒の核晶の誘爆の可能性がある以上、やはり呪文の類は絶対NGなのだ。

 

咄嗟に攻撃を止めたところにハドラーの強烈なカウンターがお見舞いされ、

壁に激突するダイ!

 

二人を地に落とすなり空中からベギラゴンを放とうとするハドラー!一切の容赦なし!

一方、ダイたちは只でさえ強いハドラーに対し、呪文の類を封じられる

ハンデ戦を強いられる・・・!

 

この状況で本当に勝ち目はあるのか!?

何か手は無いかと考えている最中、ハドラーの強烈すぎるベギラゴンが放たれてしまった!

 

だが、そこは竜の騎士・・・!

ダイとバラン共にドラゴニックオーラで防御していた!

 

この戦いを玉座から高みの見物を決め込んでいた大魔王バーンは、

バランが黒の核晶の存在に気付いた事に気がついた。

消極的な姿勢から気付いたわけだが・・・

 

またアニメ版では省かれてしまったが原作では

バランが冥竜王ヴェルザーと戦った事から黒の核晶の存在を知っていてもおかしくはない

という根拠が付け足されている。

 

こうまでアニメで省いていくと、なんだかちぐはぐな事になってしまうよなぁ・・・

 

とにもかくにも黒の核晶に気付いた事で、ハドラーにも勝機の芽が生まれたとバーンは語る。

竜の騎士の技や呪文は強力無比・・・それゆえに黒の核晶の誘爆させてしまう可能性がある。

 

一度その身をもって黒の核晶の威力を知っているバランならば、

絶対に爆発はさせまいと行動するのは明白。

自慢の技も使えないとなると、ハドラーが勝つ可能性も見えてくるというわけだ。

 

一方で、ハドラーもダイたちが手抜きをしていることに当然気付く。

何故本気を出さないのかと憤りを隠せない。

竜の騎士の力はこんなものではないはずだと、本気の戦いを要求するハドラー。

 

ダイたちに火をつけるべく、言葉で煽りにいくが・・・その勢いのまま、

ハドラーは自身の胸を叩いた。ちょうど・・・黒の核晶が埋まっているところをである。

 

その瞬間、思わず眼を瞑ってしまったダイ。

そりゃ爆発するかもと思うわな。

だが、流石に自分の胸を叩いたくらいでは爆発はしなかった。

 

というより、このハドラーの行動でダイは気付いてしまう。

ハドラーは自身の体に黒の核晶が埋められている事を知らないという事に!

もし知っていれば、今のように胸を叩くなんて行為するはずがないのだ。

 

ダイは思い切ってハドラーに真実を話そうとするが、

すかさずバランが思念波を使い『よせ』と促した。

 

何故止めたのか・・・実は黒の核晶は遠隔で起爆も可能なのである。

つまり、ハドラーが真実を知った瞬間、大魔王バーンが起爆させる可能性が極めて高いのである。

 

まさに八方塞。

ハドラーはダイが何かを言いかけた事が気になる様子。

一転して黙りこくるダイを見て、何かたくらみがあるのではないかと勘ぐるハドラー。

 

だが、ここで驚くべき展開に・・・!!

バランは企みなど無いとして、なんとギガブレイクを放とうと、

真魔剛竜剣にライデインを落としたではないか。

魔法剣の類は絶対NGだと自分で言っていたのに、これはどういうつもりなのか!?

 

バランは、今までの行動はハドラーの力を測るための様子見だといい、

こっからが本番だというのだ。

これにはハドラーも納得。

 

動揺するダイは、思念波でバランに語りかける。

一体何のつもりなのかと。

そんな事をすれば爆発してしまうではないかと。

 

バランの出した結論・・・それは黒の核晶をこの場で爆発させるということ!

ハドラーの首を切り、その後バーンが遠隔で起爆させるにしろ一瞬の間は生まれるはずだと。

その間にバランは全ドラゴニックオーラで黒の核晶の爆発の威力を押さえ込むというのだ。

 

爆発の威力をこの場で最低限に抑え込むというが、

それはかなりのリスクを孕んでいる。

 

そもそもバランの全ドラゴニックオーラが黒の核晶の爆発の威力に勝っていなければならない・・・

そして、それが保証されているわけでもない。

当然ダイは危険すぎるとしてバランを止めようとする。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

そんなダイに向け、バランは突然「私を信頼しているか?」と尋ねてきた。

返答に困ったダイだが、『強さだけなら誰よりも』と本心を語った。

 

バランはその答えに満足した。

そしてバランもまたダイの強さを信頼していると語ると共に、

かつて戦った時よりも遥かに強くなったとダイの成長を賞賛した。

 

だが、それでもこれは自分にしか出来ない事だといい、

ダイは万が一に備え、地上の仲間たちを避難させろというのである。

ちょうど今しがた使ったギガデインで頭上の天井が破壊されている。

 

あの穴からすぐさま地上に出ろというのだ。

バランの覚悟は相当のものだ。

自身に何があろうとも、ハドラーだけは必ず倒してみせると。

 

その後のバーンとの戦いはダイに託す・・・と。

ここまでの覚悟・・・もはやダイにバランを止める術はない。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

バランとハドラー・・・両者の闘気で大気が震える・・・!!

ギガブレイクVS超魔爆炎覇・・・!!

いずれの技も超エネルギーを剣に纏い、必殺の一撃の際に全てを解放し敵を粉砕する技。

 

自分の技を先に当てた方が勝つ・・・!!

タイミングで全てが決まるというわけだ。

 

そして互いに二撃目はない・・・!

この一撃の威力が全てを決するほど強力な事に他ならないからだ。

 

ダイは迷っていた。

このままバラン独りに全てを任せ、自分だけ逃げていいのか・・・と。

自分もドラゴニックオーラを使い、黒の核晶の爆発を抑えたほうがいいのでは!?・・・と。

 

剣を鞘に収め、加勢しようとするダイに余計な真似はするなと注意するバラン。

ダイが加勢することで、かえってタイミングを狂わされ失敗する恐れがあるという。

 

それでも不安なダイ。

バランは自分を信頼しているのではなかったのかとダイに念押しし何とか説得した。

ダイはポップたちを逃がしたら、すぐに助けに戻ってくる事を約束し、脱出のタイミングを図る。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

そしてバランがハドラー目掛けて突進!!

ハドラーもそれを迎え撃たんと超魔爆炎覇で挑む!!

ダイもすかさず上空に飛びあがる!!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第54話ネタバレ感想!改悪すぎてテンポ最悪

先に仕掛けるバラン!!

ギガブレイクが放たれる!!

これに対し超魔爆炎覇を放つハドラー!

 

アニメでは非常に解り辛かったのだが、ハドラーは魔炎気を放ち、

ギガブレイクを押し返す!

 

そこにダメ押しの一撃を放とうとするも、バランは竜の牙をハドラーの腕に突き立て、

攻撃を止める!そして動きの止まったところに本命のギガブレイクを

ハドラーの首筋に向かって振り下ろす!!

 

完全に決まったかに思われたのだが、何故かハドラーの首を切断することは出来なかった。

刃がまったくとっていいほど通らない・・・!!

一体何ゆえに!?

 

バランが動揺する中で、反撃のチャンスと見たハドラーは、ヘルズクローでバランに反撃!!

あわやという瞬間・・・!!

 

なんとダイがバランを庇う形で腹にヘルズクローを喰らってしまったではないか。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.