【ネタバレ】バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第26話 「4001年目」

https://www.sirolog.com

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ

【ネタバレ】バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第26話 「4001年目」

投稿日:

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ ネタバレ感想 第26話 「4001年目」

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第26話 ネタバレ感想!

2021年10月6日(水)発売の月刊少年チャンピオン11月号掲載!

 

本気になったオーガの超突進が迫る中、それを迎え撃った烈海王!!

見事なカウンターでオーガを逆に吹き飛ばした!!

一体何が起きたというのか!?

 

■前回 第26話 「三角龍」はこちら

【ネタバレ】バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第25話 「三角龍」
【ネタバレ】バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第25話 「三角龍」

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ ネタバレ感想 第25話 「三角龍」 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 第25話 ネタバレ感想! 2021年10月6日(水)発売 ...

続きを見る

 

第26話のネタバレ前半

超低空高速タックル・・・

かつてピクル戦にて、烈はこれを正面から崩拳(中段突き)で迎撃し、

不覚を取る形となった。

 

同じ技に対し、刃牙のとった行動は、相手の突進力を逆に利用し、

わずかな力をもってしてピクルの軌道を変え、これをかわすことに成功した。

 

花山薫いわく、弾丸が臓物で軌道を変えられるように、

葉っぱ一枚に逸らされるように・・・真っ直ぐ進む力が強いほど、

横からの力に弱いそうだ。

 

オーガの突進を前にした烈がとった行動・・・

それはレフトフックだった。

かつてアメリカで戦ったヘヴィ級拳闘士・”スモーキン”ジョー・クレーザー。

彼から学んだ必殺の一撃・・・!!

まさかここで活きて来るとはッッ!!

 

刹那のタイミングで射程圏内に入った瞬間に左フックを顔面にお見舞い。

オーガの突進力が凄ければ凄いほど、横からの一撃で軌道は簡単にかわる。

 

弾かれたオーガは、勢いをそのままに烈の背後の壁に激突したわけだ。

中国武術には相手の死角を左右から突く”圏捶(回し打ち)”という基本技がある。

 

烈はボクシングのフックを学んだ事で、圏捶がよりコンパクトに、より鋭く、

そして、より強力に進化を遂げたようだ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.