ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 3話 「Madames」

https://www.sirolog.com

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク感想

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 3話 「Madames」

投稿日:

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 3話 「Madames」

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク 3話 ネタバレ感想!

2021年10月6日(月)発売の月刊少年チャンピオン11月号掲載!

 

モンスターペアレント武仁内母来襲!!

不正野郎の親が何を訴えるつもりなのか!?

そして、雨竜監督はどう対応するのか!?

 

■前回 第2話 はこちら

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話
ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話 ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク 2話 ネタバレ感想! 2021年9月6日(月)発売の月刊少年チャンピオン10月号掲載!   雨竜監督 ...

続きを見る

 

3話のネタバレ前半

緊急の父母会が入ったため、少し遅れる事をマネージャーに告げた雨竜監督。

監督が来るまでの間は例のブルーシートミニゲームをしろとのこと。

 

一方、視聴覚室に向かう雨竜。

扉を開けると、そこにはバレー部員の母親連中が仏頂面で座っていた。

そろいも揃って醜女ババァばかりかよ・・・!

 

一人くらい美人がいたっていいだろうに・・・

それはさておき、早速質問を受け付ける雨竜監督。

 

すると歩仁内の母親がすかさず挙手し話し始めた。

夏大会の予選前に行われたバレー部VS同好会・・・

その結果、同好会が勝利し予選に出ることとなった同好会メンバー。

 

これを不服として、当事父母会は猛抗議したようだが、雨竜はこれを無視。

おたくらはバレー部の父母会・・・同好会に口を出すな・・・と。

そうやって強行出場した同好会だが、結果は予選敗退。

 

これを受け、子供達の貴重な機会を無駄にしたと責任を求める父母会。

雨竜はモニターに、この春に作成した年間活動予定表を表示。

6月のスケジュールに注目させた。

 

そこにはハッキリと予選会敗退の文字が刻まれていた。

ようするに雨竜は予選敗退は折込済み・・・予定通りのことだというのだ。

 

東京のレベルは高い・・・特に駿天堂と王葉のトップ2は、

全国から有力選手をかき集めている。

どうあがいたところで現状の戦力ではバレー部だろうと、同好会だろうと勝機はない。

 

だからこその合併・・・!

二つの戦力を一つにし、この夏にみっちり鍛えれば、十分全国大会を狙えるチームになるという。

 

ここまでの話の筋は通っている。

が、一つ腑に落ちない点がある。

 

形としてバレー部主動の吸収合併という形にありながら、

その指導者が同好会の監督である雨竜が勤めるのは納得がいかないというのだ。

指揮をとるのはバレー部監督だった福田先生がやるべきではないかと。

 

気付かなかったが一番奥にふんぞり返っていた福田先生。

なるほど・・・今回の騒動の裏で糸を引いていたのはこいつか。

母親連中を炊きつけ、雨竜を更迭させ、監督の座に返り咲こうというわけだ。

 

そこで雨竜は福田先生の、この5年の実績を持ち出す。

最高で都ベスト16・・・全然勝ててないじゃないか。

 

すると父母会は、勝ち負けは関係ないと言い出した。

すかさず雨竜は、先ほどは敗退の責任を追及してきたではないかとツッコむ。

これには母親たちも黙らざるを得ない。

 

雨竜はさらに畳み掛ける。

去年引退した3年生はどんな顔をしていたかと。

 

全てを出し切り、熱い涙を流していたか?

それとも、どうせ自分たちはこんなもんだろうと、

敗退も予定調和と受け入れ、自由に使える放課後を楽しみにしていなかったか?

 

雨竜は断言する。

自分なら、子供達を春高のコートに立たせる事ができると。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.