【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第51話ネタバレ感想!新OP&ED酷い

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第51話ネタバレ感想!新OP&ED酷い

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 51話 「アバン流究極奥義」

死の大地に乗り込み、情報収集しようとしたチウだったが、

フェンブレンに見つかり瀕死の重傷を負ってしまう。

そんな中、窮地を救ったのはバランだった!一体何のために死の大地に現れたのか!?

 

■前回 第50話 「我ら獣王遊撃隊」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第50話ネタバレ感想!残忍なる僧正フェンブレン!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第50話ネタバレ感想!残忍なる僧正フェンブレン!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 50話 「我ら獣王遊撃隊」 ポップのメドローアによりハドラー親衛騎団を一網打尽にすることに成功した。 だが、いくらなんでもあっさりしすぎている気も・・・! ...

続きを見る

 

51話のネタバレ前半

冒頭から、いきなり血反吐を吐くハドラー。

原作単行本の20巻ラストらへんのエピソードを、このタイミングにもってくるのか。

 

ハドラーは短時間による超魔生物への改造手術の影響からか、

このまま戦い続ければ命が長くはないという。

そうまでしてもダイたちに・・・アバンの使途に勝ちたい・・・!!

 

いや、知りたいのだ。

全てをかなぐり捨て、最大限に振り絞った時の己の強さがどの程度のものなのかを。

その”強さ”という概念も虚しいもので、どれだけ強くなろうとも上には上がいるもの。

 

竜の騎士・・・大魔王バーン・・・

果たして自分は、どのレベルまで達する事ができるのか・・・想像もつかない。

少なくとも、アバンの使途たちを上回ることを証明して死にたいと語るハドラー。

 

かつてアバンを討つ事には成功したものの、

アバンの弟子が次々と現れ、その度にハドラーを脅かしてきた。

つまるところアバンは倒したが勝ってはいないのだとハドラーは語った。

 

このまま負けっぱなしで死ぬのだけは我慢できないと笑みを浮かべる。

そして、自身を心配するヒムやアルビナスに謝罪した。

 

ハドラー親衛騎団は、ハドラーが禁呪法で生み出した生物。

その生みの親であるハドラーが死ねば、生きてはいられない。

生まれたばかりで死ぬ事になるかも知れない事を先に謝るハドラー。

 

そんな気遣いに対し、ヒムは構わないと身を震わせる。

自分たちはあくまでもハドラーの駒であると。

そしてハドラーのために死ねるなら、例え粉々になっても本望だと涙を流した。

 

まるで人間のように泣く姿・・・

ハドラーやアルビナスも驚いていたが、涙を流したヒム自身が一番驚きを隠せずにいた。

 

そんな折、帰還したフェンブレン。

一方、死の大地に降り立ったポップたちは、急いでチウを見つけ出し、

手早く帰還すべく急いでいた。

 

程なくしてチウたちを発見。

急いで駆け寄るポップ。

かなり酷い怪我だが、かろうじて生きていた。

 

どうもチウは自分を助けてくれたのがポップたちだと勘違いしてるようだ。

そんなチウは拾った輝きの杖をポップに渡し、手に入れた最新情報を匂わせながら気を失った。

 

普段、仲の悪いポップだが、人一倍チウを心配している。

なんだかんだ仲間と認めているのだろうな。

 

ヒュンケルはチウの受けた傷から、相手はフェンブレンだと推察。

とてもじゃないがチウの実力で迎撃できるとは思えない。

では、一体誰がチウを助けたのか・・・

 

そんな疑問が過ぎる中、何者かの気配を察したヒュンケル!

ポップに自分とクロコダインを残し、チウたちを連れて先に戻れと言い出した。

だが、こんな敵陣に2人を残していく理由はない。

 

しかしながら、いつになく真剣な目で頼み込んでくるヒュンケルの圧に負け、

ポップはチウたちを連れてルーラで先に帰還していった。

 

ヒュンケルは気付いていたのだ。

岩陰に潜む、ある男の存在に・・・!!

 

その男の名はバラン!!

ヒュンケルの呼びかけに応じ、姿を見せた。

 

気配を完全に消していたにも関わらず、よく気付いたと・・・

腕があがったな、とヒュンケルを称えるバラン。

同時にポップを先に帰した事も懸命な判断だったという。

 

一度自分を殺した相手だからな、バランを見たら腰を抜かしかねない。

それよりもヒュンケルたちが気になる点は一つ。

何故バランが突如、最終決戦の舞台である死の大地に現れたのか・・・だ。

 

クロコダインは再びダイと雌雄を決するべく現れたと察し、

いきりたって、再戦だけは許さないと語気を強める。

 

今まさに大魔王との決戦に一丸となって向かう中、

ダイは、その先頭に立つべき存在。

 

いかにバランとの親子の宿命の絆が重かろうとも、

今このタイミングで決着をつけさせるわけには絶対にいかないのだ。

ヒュンケルもクロコダインと同じ覚悟!

 

そのためにこの場に残ったのだ。

何があろうと、あの悲痛な戦いは阻止せねばと・・・!!

たとえ命を懸けようとも!!

 

するとバランからは思わぬ反応が返ってきた。

ダイやお前たちはすでに眼中にないというのだ。

バランの目的はただ一人・・・大魔王バーンだというではないか。

 

何故突然に戦う相手を変えてきたのか・・・

その問いに答えることはなかったが、ただバーンを生かしておくことは出来なくなったとのこと。

 

理由はどうあれ、戦うべき相手が同じともなれば一緒に戦うのが吉。

クロコダインは過去の行きがかりを捨て、共に戦おうとバランを誘う。

 

チウを救ってくれた経緯もある。

バランが共に戦ってくれれば、百軍を得たにも等しい。

クロコダインはバランの肩に手を乗せ、何とか仲間に引き入れようとする。

 

だが、ヒュンケルは気付いた。

この時、マントの下に隠れている右拳に力が込められている事に!!

 

急いで警告するヒュンケルだったが、時すでに遅し。

バランの拳はクロコダインの顔面を打ち抜いていた。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第51話ネタバレ感想!新OP&ED酷い

なんだろう・・・ギャグってわけでもないのに、なんかギャグっぽくうつるww

 

冗談ではない!!と激昂するバラン。

額に竜の紋章を輝かせクロコダインに追撃をしかける!!

 

相変わらずの圧倒的パワー・・・!!

倒されたクロコダインに駆け寄るヒュンケルの背後を取り、

手痛い一撃と共に吹き飛ばす!!

 

竜騎将バランを舐めるなと。

相変わらず人間もバランにとっては倒すべき敵の一つ。

協力など死んでも出来ぬというのだ。

 

まぁ・・・そうだよね。

ちなみにチウを助けたのは、本拠地への入り口を探していたときに

偶然に見つけて気まぐれで救ったにすぎないんだと。

 

まったく素直ではない男だ。

すでに入り口が海底にあることは掴んだ。

フェンブレンいわく竜の騎士の力をもってしても砕くことはできないそうだが・・・

 

バランは実際に試す気のようだ。

なぎ倒したヒュンケルたちに背を向け、海中に向かおうとするバラン。

それを止めるヒュンケル。

 

このまま単独で乗り込めば敵の集中砲火を受けるのは明白・・・!

バランはそれでも構わないというのだ。

たとえ魔王軍が何百と襲い来ようとも、全て受けて立つというのだ。

 

ここから先は真の竜の騎士と大魔王との、想像を絶する戦いに突入する。

死にたくなければ早くダイの所へ帰れというバラン。

ヒュンケルに向けたバランの目・・・それはかつてのバランのものとは違って視えた。

 

そして、そこからバランの真の目的を察したヒュンケル。

 

・・・・・

・・・

 

その頃、カール王城跡地では、負傷者が運び込まれ野戦病院と化していた。

不幸中の幸い・・・死人は出なかったようだな。

運ばれたチウたちも手当てが済み、大事には至らなかったようで何より。

 

あとは死の大地に残ったヒュンケルとクロコダインが無事帰還できれば問題はないのだが・・・

と、ここでエイミさんに責められまくるポップ。

なんでヒュンケルを置いてきたのかとスゴイ剣幕である。

 

ヒュンケルにあんなマジな顔で頼まれたら、聞くほかないものね。

しかたねぇべ。

 

そんな折、突如右手がうずくダイ。

一体何が・・・ダイには検討もつかなかった。

 

・・・・

・・

 

一方、死の大地では・・・

ヒュンケルが再び立ち上がりバランを行かせまいと説得を続けていた。

バランはお前たちを蹴散らすために来たのではないと戦いを拒もうとするが・・・

 

どうやらヒュンケルはバランの真の目的に気付き、

それを阻止すべく立ち上がったようだ。

 

バランの真の目的・・・それは、ダイのための捨石になること・・・!!

いかにバランが強いといえど、大魔王バーンと戦えば無事ではすまない。

己が命を捨ててでもダイのために、バーンを討とうというのか。

 

ヒュンケルは、そんな無謀な真似をさせるわけにはいかないと再び立ちはだかる!

このまま行かせれば確かに敵戦力を削れるという点においては得策かもしれない。

だが、バランは確実に死ぬ・・・!!

 

鎧の魔槍を受け取る際、ラーハルトからダイとバランを任された事もあり、

それだけは許せないのだと!!

ヒュンケルの姿にラーハルトの姿が重なる・・・

 

だが、それでもなお・・・バランが素直に言うことを聞くことはなかった。

バランが口で言って素直に聞くような相手ではない事は百も承知・・・!!

 

故にここで倒すしかない・・・ハドラーが気付く前に!!

それがヒュンケルの答えだった。

 

それにしても気になるのは、その構えよ。

あえて槍を手放し、地面に突き刺し、無防備に構えている。

一体これは・・・!?

 

そしてバランは重大な事に気付く。

ヒュンケルの闘気がないのである。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.