【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第49話ネタバレ感想!激戦!勇者一行VSハドラー親衛騎団!

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第49話ネタバレ感想!激戦!勇者一行VSハドラー親衛騎団!

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 49話 「パーティバトル開始」

ノヴァの危機に助けに入ったのはヒュンケルだった!

勇者一行ようやく揃い踏み!ここからは5vs5のパーティバトル!!

果たしてダイたちはハドラー親衛騎団に勝てるのか!?

 

■前回 第48話 「ハドラー親衛騎団」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第48話ネタバレ感想!イキリ勇者ノヴァ敗北!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第48話ネタバレ感想!イキリ勇者ノヴァ敗北!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 48話 「ハドラー親衛騎団」 カール王国に到着したダイたちは、北の漁港サババで魔王軍の襲撃を受けている事を知る! 一刻も早く救援に向かいたい中、北の勇者を ...

続きを見る

 

49話のネタバレ前半

上には上がいる・・・

ノヴァへトドメを刺そうとしたヒムの脳天を貫き、颯爽と現れたヒュンケル。

クロコダインとマァムもガルーダの力を借りてようやく到着!

 

早速、ノヴァのマヒャドで凍りついた身体を、焼けつく息で溶かすクロコダイン。

これで一先ず仕切りなおせる。

 

そんな折、ヒュンケルがあれを見ろとダイに声をかける。

ヒュンケルが注目したのはヒムだった。

脳天を貫かれたのに、ピンピンしているではないか。

 

禁呪法で生み出された金属生命体の奴らを仕留めるには、

かつて戦ったフレイザードと同様に、コアを見つけ出し、それを砕くほかにない。

アバン流の空の技が使えるダイやヒュンケルにとっては、一つの突破口に繋がるか。

 

ちなみにフレイザード戦ではコアを見つけ出す事に苦労したが、

今回に限って見つけるという点では苦労はなさそうだ。

何故ならヒムが自らコアの位置を明かしたためである。

 

人間と同じく左胸にコアはある・・・!!

 

自ら弱点を晒す行為は一見すると愚かに思えるが、

弱点の位置がわかっていたから勝てるというものではないし、

急所に当たらなければ意味はないのは人間と同じ。

 

これで条件的には五分五分・・・!!

いよいよパーティバトルの開幕となるか・・・!!

 

一気に高まる緊張感・・・

弱点を自ら晒した点といい、ハドラー親衛騎団の溢れる自信は、

その確かな実力から来るものなのだろう。

 

だが、ダイたちとて、今までチームワークで死線を潜り抜けてきた。

あんな人形たちに負けるはずはない・・・!!

 

ポップはマァムに騎士シグマの相手を頼む。

シグマの持つシャハルの鏡・・・呪文跳ね返すアレさえなければ、

ポップはメドローアを使うことが出来るわけだ。

 

クロコダインはパワー系のブロックを、

そしてヒュンケルは敵の一番の実力者であろう女王アルビナスをそれぞれターゲットとした。

一方で、ヒムは先ほど脳天をブチ抜かれた事もあり、ヒュンケルへ報復を進言するも、

アルビナスによって止められた。

ヒムはダイの相手をしろというのだ。

 

ハドラー親衛騎団は、大前提としてハドラーの駒であるという事。

生きるも死ぬもハドラーのため・・・

 

アルビナスは勇者一行の戦力全てを暴き、

ハドラーの役に立つためヒムをダイにぶつける選択をしたのである。

ヒムはアルビナスの言葉に従い、自分の感情を押し殺しダイをターゲットにすることに。

 

互いに作戦は決まった・・・だが動き出すタイミングが難しい。

両者にらみ合いの状況が続く中・・・

ノヴァのマヒャドで出来た氷が音を立てて折れた!

 

これを合図に互いに動き出す!!

先陣を切るマァムは狙い通りシグマと交戦!

 

フェンブレンはポップに斬りかかり、クロコダインはブロックに突進していく!

ダイはナイフでヒムに挑む!

近接での格闘戦に秀でたヒムはダイに遅れを取ることなく激戦を繰り広げる!

 

一方、ヒュンケルは背後からアルビナスに接近するも手は出さなかった。

一応女であることを確認するヒュンケル。

アニメではカットされていたが、魔物とはいえ女の生命までは奪いたくはないとの事。

 

だが、アルビナスはそんな気遣いは無用だと。

そもそも女王という役目を与えられてはいるが、性別などはありはしないとのこと。

 

これを聞いたヒュンケルは、敵ながらいい度胸だと認めつつも、

少々見くびりすぎだと指摘を始める。

最弱の駒である兵士ヒムをダイにぶつけたのは悪手だというのだ。

 

兵士ごときに止められるとでも思っているのか?と。

だが、その言葉をそっくりそのままお返しするアルビナス。

見くびっているのはそちらだと。

 

チェスにおいて、全ての駒は王を守り抜くという最大目的のための道具にすぎない。

したがって、上下関係などというものはなく、

能力の違いがあるだけだとアルビナスは語った。

 

必ずしも兵士が女王より弱いとは限らない。

ようは使いようだという。

相手の能力を考えた上で自らの駒を当て、敵軍の進撃を止めるのがチェスの基本戦術だと。

 

ダイはヒムのコアを狙い空裂斬を放つ!

凄まじい威力で遠くの山肌を打ち抜いたが、ヒムには命中しなかった!

振るったナイフの上に着地したヒムは、まだ自分の実力をわかっていないのかと、

その背中の剣は飾りなのかといいつつ、強力な蹴りをダイに見舞う。

 

近距離の格闘戦において天下無敵の強さを発揮するヒム。

完全にダイを封じられる形となってしまった。

 

劣勢なのはダイだけではない。

クロコダインはブロックにパワー負けし、

マァムもまたスピードと跳躍でシグマに遅れをとっている。

 

ならば、この場で最強の駒である女王を倒すのみと、連続で突きを放つヒュンケル!

だが、ことごとくそれをかわすアルビナス・・・!!

当然だがアルビナスも相当強い・・・!!

 

一方、ポップは上空から各自の戦いの様子を伺い、敵のペースである事を知り焦りが見える。

そんな中、フェンブレンの奇襲に驚くポップ。

 

原作では地中から姿を現すんだが、何故か空中戦に。

おそらく作画の手間等を省いたんだろうなぁ。

フェンブレンの腕が回転してドリルみたいになるのも、地中を掘り進めるのと

相性バッチリだったから、出来れば省かないで欲しかったんだがな・・・

 

ポップは相手に呪文が効かないことから杖で殴りかかるも、

全身刃物のフェンブレンにダメージは与えられず・・・

それどころか杖の先端部分が斬れてしまった。

 

こちらも劣勢に陥る中、ダイがそれを心配するも、余所見している余裕を一切与えてくれないヒム。

 

怒涛の攻撃・・・拳の弾幕に、ダイは思わず背中の剣に手をかける。

剣を警戒したヒムは一旦攻撃を止め、距離を取る。

だが、結果としてダイは剣を抜くことができなかった。

 

一瞬期待しただけに、それを裏切られたヒムは激怒。

ダイを殴り飛ばし、再びピンチに。

 

その様子を見ていたアルビナスは、この戦力差では

ハドラーの出る幕もないかもしれないと余裕を見せる。

だが、そうはさせないのがヒュンケルである。

 

先ほどまで攻撃がかすりもしなかったが、ここにきてヒュンケルの突きが

アルビナスの頭部を傷つけたのである。

 

どうという傷ではないし、ダメージにもならなかったが、

攻撃が当たると思わせる意味では大きな一撃。

俺たちは駒ではなく人間・・・盤上の計算通りに倒せると思ったら大間違いだとヒュンケルはいう。

 

とはいうものの、ヒュンケルを除き全員が劣勢・・・

このままでは先に倒された兵士たちが死んでしまう。

 

ヒムはダイに剣を抜くラストチャンスを与える。

ダイも剣さえ抜ければ、この劣勢を一気に逆転できると思っているだけに、

なんとしても抜きたいのだが・・・そんな気持ちとは裏腹に剣は全く抜けなかった。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第49話ネタバレ感想!激戦!勇者一行VSハドラー親衛騎団!

呆れるヒム。

ハドラーの手を煩わせることなく、自身の拳・・・

ヒートナックルで粉砕しようとする!!

 

ヒムがダイにトドメをさそうとする中、

フェンブレンもまたポップにトドメをさそうとしていた。

鋭利すぎるその腕で、ポップの首をはねようというのだ。

 

絶体絶命のピンチ・・・!!

それを救ったのは意外な人物だった。

 

なんと、先ほどまで凍り漬けにされていたノヴァが、投げナイフにオーラを込めて

フェンブレンに放ったのである。

ダメージこそ与えられないが、ポップをピンチから救うには十分だった。

 

そんなノヴァはポップに杖を貸せという。

ヒートナックルでダイに迫るヒム目掛け、ノヴァは最後の力を込めて杖を投げる!!

 

オーラの込められた杖は、ヒムを吹き飛ばし、ダイは何とかピンチを脱することができた。

ノヴァは全ての力を出し切ったようで、気を失ってしまった。

 

ポップは限界ギリギリの力でツっぱったノヴァを賞賛する中、

ダイはポップが発した”限界ギリギリの力”というにハッとさせられる。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.