ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話

https://www.sirolog.com

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク感想

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話

投稿日:

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 2話

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク 2話 ネタバレ感想!

2021年9月6日(月)発売の月刊少年チャンピオン10月号掲載!

 

雨竜監督と朧幽哉率いる竜泉学園が王葉工業に立ち向かう物語!

雲類鷲、上屋、王がいる王葉に、果たして勝つことはできるのか!?

全国大会へと進めなかった者達の熱い物語!!

 

■前回 第1話「再始動」はこちら

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 1話 「再始動」
ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 1話 「再始動」

ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク ネタバレ感想 1話 「再始動」 ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク 1話 ネタバレ感想! 2021年8月6日(金)発売の月刊少年チャンピオン9月号掲載!   ...

続きを見る

 

2話のネタバレ前半

朧の母親の癇癪によるモノを投げる行為。

今でこそなくなったものの、やられていた当時の事を、未だに悪夢としてみる朧。

時間は朝の6時すぎ・・・目覚めは最悪。

 

朧は顔を洗うと食卓へ・・・するとそこには母が用意した朝食が。

パートに出る前にちゃんと作って行ってくれるいい母親になったじゃん。

 

食事を済ませ、洗い物をしてから学校に向かう朧。

校門の前でカモメと合流し、部室に向かう。

同好会の時にはなかった朝練が現在は出来るようになったようだ。

 

ここで竜泉学園のバレー部のこれまでのおさらいが語られる。

雨竜監督が、各部活のあぶれた人間をスカウトし、バレー同好会を結成。

監督の指導のもと、バレー部と大会出場権をかけて試合し勝利。

 

その後、大会にて豊瀬相手に善戦するも、あと一歩届かず敗退。

試合後は同好会に頭を下げバレー部が合流。

今に至る・・・と。

 

朧は照れてしまったが、母親との関係も改善してるし、

とにかく今、竜泉にはいい流れが来ているのだ。

着替えを済ませ、体育館に向かうと、すでにみんな朝練習を行っていた。

朝練は7時30分からと聞いていたのに、まだ5分前だが・・・

 

先に来ていた白鳥や小林に話を聞くと、彼らが来たときにはすでに自主練を始めていたとのこと。

 

7時30分になりアップを始める同好会のメンバー。

だが、バレー部が何をやっているんだと注意をする。

 

朝練は7時30分からだが、それまでの間にアップは済ませておくのが常識だというのだ。

これまで朝練をしてこなかった同好会にそんな事を言われても困るっちゃ困るよな。

 

にしても気になるのはこのクソバレー部・・・

自分たちが同好会に入れて欲しいと頼んできたのに、

今ではバレー部に同好会が”入れてもらってる”認識になっているようだ。

 

だから俺たちのヤリ方に従えと。

なんともクソ生意気なバレー部だな。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービス外伝 ヒュドラブレイク感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.