【ネタバレ】弱虫ペダル 654話 「憧れ」クズ川田が一転掌返しで綺麗な川田にw

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 654話 「憧れ」クズ川田が一転掌返しで綺麗な川田にw

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 654話 「憧れ」

弱虫ペダル 654話 ネタバレ感想・考察!

2021年9月9日(木)発売の週刊少年チャンピオン41号掲載です。

 

追い詰められたクズ川田、まさかの号泣ww

そこまで勝ちに拘る川田の過去が明らかに・・・

お涙頂戴の過去だろうがオマエのやった事は絶対に許されんぞ!!

 

■前回 弱虫ペダル 653話 「『勝ち』か『負け』」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 653話 「『勝ち』か『負け』」クズ川田まさかの○○www
【ネタバレ】弱虫ペダル 653話 「『勝ち』か『負け』」クズ川田まさかの○○www

弱虫ペダル ネタバレ感想 653話 「『勝ち』か『負け』」 弱虫ペダル 653話 ネタバレ感想・考察! 2021年9月2日(木)発売の週刊少年チャンピオン40号掲載です。   坂道に追いつかれ焦りがピ ...

続きを見る

 

654話のネタバレ前半

少年川田がある日見たTVの中のスーパースター。

勝利に沸くスタジアム・・・何万人の声援を浴び、輝くスタープレイヤー。

 

その光景に釘付けになった小学生のクソ川田は、いつか自分もスーパースターになり、

TVに出たいと思った。

 

その時、TVに映っていた海外のテニスプレイヤーがインタビュアーに告げた最後の言葉

『サンクスエブリバデッ』が当時の川田の口癖になったのは言うまでもない。

 

程なくして地元のテニススクールに通い始めた川田は、

フォームが綺麗だのなんだのと周りの大人たちから褒めちぎられていた。

それをそのまま鵜呑みにしていた純粋少年川田。

 

だが、現実は厳しいもので、試合には全く勝てなかった。

川田少年は負ける事が滅茶苦茶嫌いだった。

その理由がヤバすぎた。

負けると悔しくなるから嫌だとか、そんなレベルの話ではないのだ。

川田少年が負けることを極端に嫌う理由・・・

 

それは、負けた後にダメだった部分を根掘り葉掘り言われる事が

耐え難い苦痛だったのだ。

 

すでに試合は終わっているのに、今更何を言おうが結果は変わらないのに、

なんでそんな事を言うんだ!!・・・と。

 

いやいやいや・・・負けた理由を明確にし、

それを直す事で次に勝てるかもしれないってことでアドバイスしてるだけやん。

 

この頃からクズ川田の片鱗を見せ始める少年川田。

アドバイスを嫌い、ただただ凄い選手に憧れるだけの彼が

その後も試合で勝てることはなかった。

 

勝てない川田が褒められる頻度も少なくなり、川田の中に黒い感情が渦巻き始めたのもこの頃だった。

 

オレに注目しなくていいのかよ・・・!!

オレに注目しろよ・・・!!

 

注目しろ!!注目しろ!!!注目しろ!!!!

 

オレは将来スーパースターになる男だぞ!!

 

志だけは高いクズ川田だったが、それに見合うだけの努力を積む事はなかった。

憧れのスーパースターが川田少年と同じ10歳の時に達成した大会2位の記録と比較し

現実の自分の位置があまりにも遠い事から、焦りだけが募っていく日々・・・

 

いや努力しろよww

 

クソ川田も中学に入ると、ようやくそれなりの努力を始めるようになった。

その結果、少しではあるが勝てるようにはなったものの、

戦績はあまり伸びず、行って県大会ベスト8・・・

 

しかも勝てたのは相手が腹痛による不戦敗w

川田は自分が全国レベルではない事を痛感しつつも、勝ちたいという欲求だけは人一倍だった。

 

圧倒的に勝ちたい・・・

皆が愕然として、全員が振り向くような圧倒的な勝ち方をしないとだめだ!!

 

普通の思考であれば、さらなる努力をするところだが、

クソ川田は違った。

 

競技を変えよう^^

 

クソ川田はテニスを捨て、自転車競技に転身することを決めた。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.