【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第47話ネタバレ感想!ノヴァ登場!

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第47話ネタバレ感想!ノヴァ登場!

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 47話 「いざ決戦の地へ」

各々短期間でレベルアップを目指すダイたち。

一方で、眠れる竜の暗殺を命じられたキルバーン・・・!!

果たしてバラン相手に何処までやれるのか!?

 

■前回 第46話 「極大消滅呪文メドローア」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第46話ネタバレ感想!メドローアの説明を端折るのヤメロ!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第46話ネタバレ感想!メドローアの説明を端折るのヤメロ!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 46話 「極大消滅呪文メドローア」 激戦を終え、一先ず全員の無事を確認する勇者一行。 しかし、新たにオリハルコンの強敵の出現に課題は山積み・・・ 死の大地 ...

続きを見る

 

47話のネタバレ前半

時は来た。

全世界の戦士たちが明日にはカール王国へ集結する。

ダイたちも今日中にパプニカを発ち、カールを目指す事に。

 

だが、まだダイたちはパプニカに戻っていない様子。

修行が長引いているのだろうか。

 

そんな噂をしていると、一番乗りでクロコダインとチウが空から現れた。

修行の成果は実戦で示すとの事!それなりの成果が伺える。

 

続いて到着したのはポップ。

一番乗りのつもりだったようだが、先を越されていた。

ポップの服の右腕が焦げているのを見て派手な呪文を覚えた事を察するクロコダイン。

 

派手どころか”ド”がつくレベルの超呪文だからなぁ。

見たら驚くだろうね。

 

ちなみにマトリフは疲れたから寝るとのこと。

後のことを任されたポップたち。

師匠に報いるためにも、この決戦必ず勝利したいところである。

 

さて、あとはマァムとヒュンケルとダイの三人か。

そんな話をしているとマァムが登場。

相変わらずの身のこなしに、さらに磨きがかかった感じだ。

こちらも修行の成果はありそうだな。

 

マァム到着から程なくしてダイたちも到着。

ダイとヒュンケル以外にロン・ベルクも一緒だ。

それにしてもダイたちはどうやって戻ってきたんだろうか。

 

ルーラは使えないだろうから、キメラの翼で戻ってきたのかねぇ。

 

ポップはダイに最強剣の極意はつかめたかと問うが、ダイは何だか自信なさげに

どうかな・・・と答えた。

まぁさすがにあの短期間では極めるまでには達しないだろう。

 

とはいえ、時間内でやるだけのことはやったとのこと!

 

一方、ロン・ベルクは別れ際、ヒュンケルに一つ質問をする。

ヒュンケルは槍に関しては素人・・・剣を使えば、自身に劣らなかっただろうに、

何故槍を使うのか・・・と。

 

ヒュンケルの答えは明確だった。

この槍が友の形見だからだ・・・と。

ロン・ベルクはその答えに満足していた。

 

今日び、武器にそこまで命を預けられるヤツを知らないと語り、

その魂をダイにも伝えて欲しいとつげ、ヒュンケルを見送った。

 

ロン・ベルクほどの腕前なら戦力として加勢してくれれば百人力なのだが・・・

やはりそう簡単ではないか。

ここまで協力してもらっただけでも十分すぎるわな。

 

これでメンバーは全員揃った・・・かに思えたが、

ここでダイとポップが同時に何かを思い出し、2人して城の中へ!

 

そこから持ってきたものは”アバンの書”だった。

これから向かうカールは師アバンの出生の地。

一緒に連れて行ってあげねば・・・との事。

 

思えばアバン先生こそがこの戦いの全てのはじまりだった。

アバン先生がいなければダイたちがめぐり合う事もなかった。

 

ダイはアバンの書を天に掲げ、先生も共に行こうと!

改めて皆で戦い抜くことを誓った!

 

原作では空で微笑むアバン先生が描かれるのだが、アニメではカット。

これは今後の展開を配慮してのことなのかねぇ。

当事原作を読んでて、本当に驚いたからね。

 

まぁまだ随分先のお話になるので今は語りますまい。

一方、何処かの洞窟・・・

眠れる竜は、そこでひっそり身を潜めていた。

 

そこに息を殺し近づく死神。

暗殺者である故に気取られる事なく背後から近づき、命を奪うことも並の相手なら余裕なのだろう。

だが、相手は竜の騎士であるバラン。

 

気配消し、近づいたにも関わらず、その存在の接近を見事に言い当てた。

しかも背中越しにである。

さすがと言える。

 

さて・・・バランは改めて確認する。

自分を殺そうとするのは大魔王バーンの意志なのかと。

 

かつてバランはバーンの提案に乗り、ハドラーの指揮下に入った。

その提案とは、地上を汚す人間を殲滅し、理想郷を築き上げるため、

それを成すまでは敵対関係をやめ、協力して欲しいというもの。

 

こうして命を奪いにあわられた以上、あの話はウソだったのかとキルバーンに尋ねる。

するとキルバーンはウソではないと死神の笛を振り回しながら語り始めた。

 

バーンの言った事は本当・・・人間は全滅するだろう。

だが、その被害は人間だけに留まらない。

魔物、竜、魔族・・・この地上に住む全ての生物が同じ目にあうだろうと言うのだ。

 

そして明らかになる大魔王バーンの真の目的・・・!!

それは、この地上に魔界を浮上させること!!

 

この大地の遥か底に広がる世界・・・魔界。

神が魔族に与えたとされる暗黒の大地。

強さのみが全てを支配する修羅の世界・・・!!

 

そんなものを地上へ浮上させるというのだ。

この事実は最高幹部であるハドラーも知らないという極秘中の極秘情報。

これをバランに聞かせたのも、確実に殺す自身の表れからか。

 

死神は続ける。

素晴らしいとは思わないか?と。

 

地上が消え去り、人もモンスターも竜も魔界に堕ち、

力の強い者、破壊や殺戮を喜びとする者のみが生き残れる世界になる・・・!!

これこそが大魔王バーンの理想郷!!

 

それを妨害する可能性のある芽を摘み取るのが死神の役目というわけだ。

キルバーンは背を向け、座したままのバランに鎌を振り上げ襲い掛かる!!

 

「・・・愚か者め!!人はそれを・・・

 地獄と呼ぶのだっ!!!!!

 

横一文字・・・一刀両断・・・!!

復活の真魔剛竜剣・・・!!

 

キルバーンを一太刀で上半身と下半身を真っ二つに斬り伏せた。

 

二つの誤算・・・

ひとつは動きを止める死神の笛が全く効かなかったこと・・・

そしてもうひとつの誤算は、真魔剛竜剣が復活していたこと。

 

想定外のこれらの要素がキルバーンに敗北を与えた。

それにしてもよかったのは原作では判りにくかったキルバーンの血が、

アニメではちゃんと描かれていた点。

 

これが後の展開に大きく関わってくるんだよねぇ。

それはまだ先の話。

 

バランはバーンがそういうつもりならば自分にも考えがあるといい、

ついに動き出すようだ。

これは薮蛇だったか・・・

 

バランが洞窟から去った後、使い魔のピロロが何やら怪しい粉をキルバーンに振り掛ける。

するとどうだ。

キルバーンは意識を取り戻し、斬られた下半身をくっつけたではないか!

この男・・・不死身なのか!?

 

・・・・・

・・・

 

一方、その頃パプニカでは国民たちの声援と共に、ダイたちが気球で旅立っていた。

いざ決戦の地へ!さらば故郷よ!とタイトル回収するポップ。

そんなポップの”逃げ癖”をイジるレオナで、場の空気はかなり和む。

 

戦地につけばこんなに笑っていられないのだから、

こんな時ぐらいは緊張感がないのも逆にいいのだろう。

 

と、ここでポップが今回のメンツに違和感を覚えて質問した。

危機察知能力のあるメルルが参加しているのはわかるが・・・

なぜ三賢者の一人エイミがいるのか謎だった。

 

いつもはパプニカの守備を任されているから尚の事。

エイミいわくレオナの護衛とのことだ。

それに多少の戦いの役には立つというが・・・

 

ここでヒュンケルが口を開く。

多少の役に立つ程度では、死の大地ではまったく役に立たない・・・と。

姫の護衛に徹しろと、かなりキツめの一言。

 

もっとも、エイミを思っての事だろうけどね。

と、ここでエイミとヒュンケルの様子を見てポップの恋愛センサーが反応。

ゲス顔で2人の関係をマァムに語ろうとする。

 

そんなポップに嫌悪感をあらわにするメルルw

他人の恋愛には鼻が利くくせに、自分のこととなると滅茶苦茶鈍感なポップにあきれ果てている。

 

見かねたレオナがヒュンケルに心配しないでと声をかける。

世界各国から強豪たちが集まっている。

彼らの手伝いや回復だけでもエイミが来る価値は十分あると。

 

確かにヒーラーは重宝するからな。

攻撃の戦力としなくても十分役には立つだろうさ。

それよりもチウの方が役に立つか心配なくらいだろうにw

 

レオナの言葉を受け、それ以上語ることは無かったヒュンケルだが、

何やら心配事は払拭されていない様子。

それを察したクロコダインが声をかける。

 

ヒュンケルはレオナの世界の人々が協力し立ち上がるという意見も理解しながらも、

今回の総攻撃に、あまり余計な人間を参加させたくない思いがあるようだ。

 

魔王軍時代、布越しではあるものの、大魔王バーンの圧倒的威圧感を

目の当たりにしてるだけに、並の力ではどうにもならない事を察してしまっているようだ。

 

同じ立場だったクロコダインもヒュンケルの気持ちを理解できただろう。

 

・・・・・

・・・

 

時を同じくして死の大地では異変が起きていた。

突如として隆起する岩・・・

その一つは天に届くまでの巨大な岩山・・・!!

 

ここが大魔王の拠点なのか!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.