ブルーロック ネタバレ感想 144話/糸師凛闇の覚醒!全殺しの邪神化!!

https://www.sirolog.com

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 144話/糸師凛闇の覚醒!全殺しの邪神化!!

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 144話 「性癖」

ブルーロック 144話 ネタバレ感想!

2021年9月1日(水)発売の週刊少年マガジン40号掲載!

 

青い監獄の最後のカウンターチャンス!

チーム全体が凛のレベルに到達し一つとなった今、凛が闇の覚醒を見せる!!

全てを破壊する闇の覚醒・・・それは一体どんな結末を呼び起こすのか!?

 

■前回 第143話 「ひとりじゃない」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 143話/最終局面、糸師凛闇覚醒!!戦場の破壊神へ!
ブルーロック ネタバレ感想 143話/最終局面、糸師凛闇覚醒!!戦場の破壊神へ!

ブルーロック ネタバレ感想 143話 「ひとりじゃない」 ブルーロック 143話 ネタバレ感想! 2021年8月25日(水)発売の週刊少年マガジン39号掲載!   U-20日本代表の波状攻撃を防ぎきっ ...

続きを見る

 

闇覚醒

試合終了まで残り2分を切る中、青い監獄のラストカウンターが始まる!!

ボールを持つ氷織が前線にパスを送る相手を選ぶ中・・・

”ソイツ”は突如背後から現れた。

 

氷織のパスを阻止しようとしていたU-20日本代表エース閃堂の

逆サイドから猛スピードで現れたかと思うや否や、後ろから氷織のボールを奪った。

 

前線には凪と馬狼、潔のカードが揃っていたのだが、まさかの凛がそれを阻止した。

自ら行くというのだろうか?

 

この時、すでに凛は壊れ始めていた。

兄弟、復讐、ライバル、糸師冴、潔、青い監獄・・・

自身を縛り付ける”それら”全てが気持ち悪いと糸師凛は感じていた。

 

自分以外の何かに答えを求めるから縛られるのだと・・・!!

冴が帰国したあの雪の降る夜、敗北した凛に吐き捨てた言葉・・・

その意味を理解できずにいたが、今にしてようやく腑に落ちたという。

 

”ぬりぃんだよ。もう二度と俺を理由にサッカーなんかすんじゃねぇよ”

 

ぬるいのは自分の事を指していた・・・

気持ち悪いのは・・・ブッ壊さなきゃいけないのは・・・

ぐちゃぐちゃになるのは

 

俺自身だ・・・!!

闇の覚醒・・・!!

 

眼を見開き、舌を出し、禍々しいオーラを身に纏った凛・・・!!

氷織からボールを奪うと、そのまま単独ドリブルでゴール前に切り込んでいく!

 

そんな凛の隣を走る潔は、コンビネーションで切り抜ける提案を持ちかけるも、

今の凛に言葉は届かなかった。

 

さらに凛は奇妙な行動に出る。

なんと外へ外へとドリブルしていくのだ。

 

明らかなタイムロス・・・真っ直ぐ攻め上がるのがベストだというのに

一体何を考えているのか!?

 

凛の前に立ちふさがるのは音瑠だ。

まるで凛から音瑠の持ち場に突っ込んでいったかのような・・・


 


次のページへ >

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.