呪術廻戦 ネタバレ感想 156話/綺羅羅の術式『星間飛行』が謎過ぎる!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 156話/綺羅羅の術式『星間飛行』が謎過ぎる!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 156話 「きらきら星」

呪術廻戦 156話 ネタバレ感想!

2021年8月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ39号掲載!

 

秤金次に高専関係者とバレた虎杖!

交渉決裂!ガチバトルに!?

頼みの綱は綺羅羅説得の伏黒・・・!!いそいでくれ!!

 

■前回 第155話 「熱」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 155話/乙骨よりも強い秤金次の術式発動!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 155話/乙骨よりも強い秤金次の術式発動!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 155話 「熱」 呪術廻戦 155話 ネタバレ感想! 2021年8月23日(月)発売の週刊少年ジャンプ38号掲載!   秤金次の謎の問いかけの意図するところは!? そして虎杖は ...

続きを見る

 

綺羅羅の術式の謎に迫る

伏黒は脱兎を山のように出現させると、たちまちウサギたちに

『★AcruX(アクルックス)』の文字が刻まれた!

 

同様に、モニタールームのドアには『★GacruX(ガクルックス)』の文字が

刻まれているのを確認する伏黒。

 

どうやら綺羅羅の術式は呪力にマーキングできるようで、

術師と式神は同一に扱われるようだ。

よって伏黒と脱兎は出した瞬間からマーキングされているというわけだ。

 

同じマーキングされたものは引き合う性質のようで、

今まさに伏黒は無数の脱兎に押しつぶされ、窒息させられそうになっている。

だが、当然そうなる前に式神を解除する伏黒。

 

パンダに脱兎の動きはどうだったと確認。

脱兎が何に近づけて、何に近づけなかったのかを尋ねる。

 

パンダの証言では、脱兎は伏黒同様にパンダには近づけるが、

綺羅羅とモニタールームには相変わらず近づけなかったようだ。

 

伏黒は身体のどこかにマーキングがされていないかパンダに確認。

『★IMAI』という文字がマーキングされていた。

 

伏黒も腹に『★AcruX(アクルックス)』の文字が刻まれているのを確認。

★AcruX(アクルックス)

★GacruX(ガクルックス)

★IMAI(イマイ)

ときて、その名称から伏黒は綺羅羅の術式のタネが星座にあることを見破る。

 

といっても、星座が関係しているとだけしかわからず、

その術式の中身についてはまだ何もわかってはいない。

 

だが、ここで伏黒は綺羅羅にカマをかける。

モチーフは”南十字”だろうと!

 

「!!」

 

綺羅羅はすぐにしまったと思った。

伏黒の”南十字”に反応してしまったため、それが顔にモロに出ていた。

それを見逃さなかった伏黒も確信を得た顔を綺羅羅に見せてしまった。

 

伏黒は”南十字”という確信はなかったが、綺羅羅の今の反応を見て確信を得た。

逆に綺羅羅も伏黒が確信を得たことに対し確信を得た。

 

このままでは術式が看破される・・・そうなればモニタールームに入られてしまう。

なんとしてもここで足止めをする!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.