【ネタバレ】バキ道 103話 「お優しい」範馬勇次郎欲情ビンビン丸!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 103話 「お優しい」範馬勇次郎欲情ビンビン丸!

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 103話 「お優しい」

バキ道 103話 ネタバレ感想!

2021年8月19日(木)発売の週刊少年チャンピオン38号掲載!

 

野見宿禰の顔面をぶち抜く勇次郎ッ!

圧倒的豪腕ッ!!圧倒的膂力ッッ!!

これがオーガ!!これが範馬勇次郎!!これが地上最強ッッ!!

 

■前回 第102話 「物言い」はこちら

【ネタバレ】バキ道 102話 「物言い」範馬勇次郎圧倒的ッッ!!
【ネタバレ】バキ道 102話 「物言い」範馬勇次郎圧倒的ッッ!!

バキ道 ネタバレ感想 102話 「物言い」 バキ道 102話 ネタバレ感想! 2021年8月5日(木)発売の週刊少年チャンピオン36+37号掲載!   野見宿禰に呼び出された事に激怒する勇次郎ッ! 宿 ...

続きを見る

 

103話のネタバレ前半

範馬勇次郎の右ストレートが野見宿禰の顔面にめり込んだかと思うと、

次の瞬間には宿禰の巨体が宙を舞っていた。

数mは飛ばされただろうか。

 

だが、ここから野見宿禰の凄さを垣間見ることになる。

並の人間ならオーガの鉄拳を顔面に喰らえば、まずそのままダウンしてしかるべきだ。

野見宿禰は当然並の人間ではない。

 

なんと吹き飛ばされながらも両の足を大地につきたてると、

背中を土につけることなく、そのまま耐え切ったのである。

 

もっとも、野見宿禰が地面に両足をつけてなお威力を殺しきれず、

両の足が地面を抉りながら、そのままかなり後ろへと吹き飛ばされ、

結局闘技場の端である柵にぶち当たるまで、勢いは死ぬことは無かった。

打たれる覚悟の力士は倒れない・・・野見宿禰はその言葉を見事に体現してみせたわけだが・・・

宿禰の意識はすでにここにあらず・・・白目をむいてしまっている。

意識を失いながらも立っていたのは賞賛すべきか。

 

範馬勇次郎も倒れなかった野見宿禰に満足げな表情を見せている。

それにしても、ワンパンか・・・

 

野見宿禰が弱いんじゃない。

範馬勇次郎が強すぎるのだ。

圧倒的に・・・ッ!!

 

常に進化し続けるオーガは、すでに刃牙の手の届かない存在になっているのかもしれない。

範馬勇次郎と範馬刃牙の成長速度・・・

 

若い刃牙が上だと思いたいが、勇次郎が普段何をしているのかが見えていない以上、

判断しかねるか・・・


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.