忍者と極道 ネタバレ感想 65話/舞踏鳥 VS 極道!!幻術を打ち破れるか!?

https://www.sirolog.com

忍者と極道ネタバレ

忍者と極道 ネタバレ感想 65話/舞踏鳥 VS 極道!!幻術を打ち破れるか!?

更新日:

忍者と極道 ネタバレ感想 65話 「DON QUIJOTE」

忍者と極道 65話 ネタバレ感想!

 

忍者のために命がけで立ち向かう愛多総理と極道!!

一方、忍者は左虎から一時しのぎの治療法を試す・・・!!

忍者は無事に回復を果たし、総理を救う事はできるのか!?

 

そして極道は舞踏鳥に勝つことはできるのか!?

 

■前回 第64話 「友達の唄」はこちら

忍者と極道 ネタバレ感想 64話/全ては忍者のために!!命を賭ける男達!!
忍者と極道 ネタバレ感想 64話/全ては忍者のために!!命を賭ける男達!!

忍者と極道 ネタバレ感想 64話 「友達の唄」 忍者と極道 64話 ネタバレ感想!   忍者が疒(ヤマイダレ)を何とかするだけの時間を稼ごうと戦場に出た愛多総理!! ヘルズクーポンを使い、常人離れした ...

続きを見る

 

幻術と解ったとて

舞踏鳥から放たれた4体の幽霊が極道に襲い掛かる!

当然だがこれは幻であり実体はない。

故に、幻自体に攻撃ができるわけではない。

 

だが、その幻に対し回避行動や反撃など条件反射で行ってしまう。

その隙を舞踏鳥はついてくるのだ。

 

極道は舞踏鳥のこの技を即座に分析。

舞踏鳥の極道技巧が麻薬で強化された表現力によるものだと考えた。

超絶身体能力から生み出される神域の”舞”がバレエの場面を幻視させていると。

 

極道は舞踏鳥のコレが幻と解った途端、真正面から突っ込んでいく!

怖いのは幻を盾に姿をくらまされること!

なので速攻で殺しにいったのである。

 

舞踏鳥も極道が幻だと見抜いたと把握。

すると、すぐさま別の舞を踊り始めた!

一瞬にして景色は変わり、幽霊も人形兵へと姿を変え、

手に持つ剣で積極的に攻撃を仕掛けてくる。

しかも先ほどの幽霊同様1体ではなく複数体襲い掛かってくる!

 

クリスマスに人形・・・

これはピョートル・チャイコフスキーの”くるみ割り人形”である。

極道は人形相手にナイフを振るうが、やはり幻・・・

手ごたえはない。

 

全く手ごたえのない幻に囲まれる極道!

たとえ幻と解っていても、恐怖感は襲い来る。

そのわずかな動揺につけこみ、舞踏鳥の強烈な蹴りが極道の左肺を抉る!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-忍者と極道ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.