呪術廻戦 ネタバレ感想 154話/ドベスケ女装男・綺羅羅の術式は磁石?

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 154話/ドベスケ男の娘・綺羅羅の術式は磁石?

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 154話 「潜入」

呪術廻戦 154話 ネタバレ感想!

2021年8月10日(火)発売の週刊少年ジャンプ36・37号掲載!

 

秤金次に接触すべく、賭け試合に乗り込んだ虎杖と伏黒。

果たして協力を取り付けられるのか!?

地獄の沙汰も金次第のような気もしないでもないが・・・

 

■前回 第153話 「賭け試合」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 153話/秤金次は協力してくれるのか!?賭け試合参戦!
呪術廻戦 ネタバレ感想 153話/秤金次は協力してくれるのか!?賭け試合参戦!

呪術廻戦 ネタバレ感想 153話 「賭け試合」 呪術廻戦 153話 ネタバレ感想! 2021年8月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ35号掲載!   乙骨よりも強いと噂の秤先輩に協力を仰ぐべく、賭け試合 ...

続きを見る

 

再会

駐車場から少し離れたところの茂みで伏黒はパンダと接触。

現状を報告し合う。

 

どうやらパンダは、秤金次の居場所は屋上のモニタールームだと掴めているようだが、

”近づけない”らしい。

 

屋上に出てからモニタールームのドアに近づこうとすると、

距離が縮まらないそうだ。

それは歩いても走っても変わらないとか。

 

感覚的には五条悟の術式に近い気がするとの事。

恐らくは綺羅羅の術式だと思われるようだが、なんせ知らないので確証は持てないとのこと。

 

てか綺羅羅・・・なのかよ・・・

見た目完全女の子じゃん!

これはもう・・・

 

また薄い本が厚くなる予感ですね。

 

それはともかく、この”近づけない”現象・・・

綺羅羅が部屋にいるときだけに起こるのか?と質問する伏黒。

 

常に綺羅羅と秤金次は一緒にいるため、わからないとのこと。

深追いして逃げまわられるよりかはマシだと客寄せパンダを続けていたところに、

ちょうど伏黒と虎杖が来てくれたというわけだ。

伏黒は虎杖が秤の説得に成功できそうかパンダに尋ねるが、

かなり厳しいという答え。

虎杖が・・・というよりも、秤のほうに問題があるようだが・・・

 

とはいえ、時間次第とも思っているとパンダは語る。

 

虎杖の明るい性格は秤とは相性がいいと思う一方で、虎杖はウソが下手・・・

下手というよりウソをつくという発想が出にくいタイプ。

 

これが仇となって高専関係者だとバレた場合、一番まずいのは

ろくに話もせずに部屋からつまみ出されたり、仲間に割って入られるケース。

 

それを回避するためにも、虎杖が部屋に入った時点で、アジトを速攻で

コッソリと制圧し、屋上のモニタールームのドアの前を固めて

二人が話をする時間を稼ぐべきだとパンダは言う。

 

伏黒は厳しいのでは・・・と、難色を示すも、

パンダはすでに防犯カメラの位置も、死角となる部分も把握済み。

 

敵となりうる術師の実力も大した事はなさそうだし、

見張りの数も入り口4人に各フロアに2人とのこと。

これを聞いた伏黒は一転、いけるとのこと。

 

唯一の懸念事項は綺羅羅の術式だ。

もしもワープのように虎杖を出したり仲間を入れたり出来る場合は、

秤の説得は諦めると結論付けた。


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.