【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第43話ネタバレ感想!神回神作画!ハドラーVSダイ!

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第43話ネタバレ感想!神回神作画!ハドラーVSダイ!

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 43話 「最強剣激突」

超魔生物へと改造された新生ハドラーがダイたちの前に立ちはだかる!!

未だかつて感じたことの無い圧倒的オーラ・・・!!

見掛け倒しではない強さをひしひしと感じる!!

 

ダイは勝てるのか!?

 

■前回 第42話 「死の大地」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 42話 「死の大地」 ダイの剣による一撃で鬼岩城は真っ二つに!! 恐るべき破壊力を持つ剣に、ダイも使い方を間違えぬよう改めて心に刻む。 一方、鬼岩城を破壊 ...

続きを見る

 

43話のネタバレ前半

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第43話ネタバレ感想!神回神作画!ハドラーVSダイ!

今回は作画班が相当力を入れているのか、メチャクチャ凄い・・・!!

イケメンハドラー全開である。

 

ほとばしる魔炎気・・・迫力が今までのハドラーとは桁違い・・・!!

ダイはその姿を見て、何かと重なる気がした・・・

そして気付く・・・あの姿は超魔生物だと!

 

ハドラーの姿は、ロモスの武術大会で戦ったザムザの超魔生物の姿と重なる!

ダイはザムザが死に際にザボエラに送ったデータで改造された事を確信。

あえてハドラーは超魔生物へ改造された事を明言せず、その身をもって確かめてみろという。

 

全てを失った代償として得た力が、

かつて戦った強敵たちをどれだけ越えているのかを!!!

 

ハドラー渾身のタックルを右腕でガードするダイだったが、

ガードしきれずに吹き飛ばされてしまった。

 

いかにドラゴニックオーラで防いだといえど、体格差がある以上、

吹っ飛ばされるのは当然か。

ダイは岩肌に激突するも、そこまでのダメージは受けてはいない。

 

だが、直接タックルを防御した右手が痺れてしまったようだ。

ドラゴニックオーラを集中させていた右手が痺れる程に凄まじいパワーだったということか・・・!!

 

これではダイの剣を抜くことが出来ない・・・!!

ハドラーは一瞬の間をおくことなく追撃!!

今度はヘルズクローを使い、ダイに襲い掛かる!

 

剣が抜けない以上、今は逃げに徹するダイ!

上手く上空へジャンプし、逃げたのだが・・・ハドラーはイオラでダイを迎撃!!

 

ポップは驚いた。

何故なら超魔生物へ変身すると呪文が使えなくなるという話だったからだ。

ハドラーは超魔生物でありながら呪文を使った!?

 

落下したダイの元へ向かうハドラーに待てというポップだったが、

待つのは君だ・・・と、キルバーンが止める。

 

構えるポップだったが、キルバーンから今は一時休戦の申し出。

ハドラーの顔を立てて、ダイとの1対1の勝負を見守るつもりのようだ。

 

だが、そんなものはそっちが勝手に言ってることとポップは反論。

キルバーンは勝負を受ける義務があると言い出した。

そこで初めてハドラーの覚悟を知ることとなる。

 

ハドラーは魔族の肉体を捨て、超魔生物へ改造された。

これにより超魔生物でも呪文を使うことが出来るのだ。

だが、代償として、魔族の姿へは二度と戻れない。

 

肉体が滅べば、もう二度と復活はできないのだ。

バーンから貰った最強の肉体を捨ててまで、ダイに・・・アバンの使途に勝ちたい!!

その覚悟がどれほどのものか、理解するのに時間はかからないだろう。

 

キルバーンいわく、ちょっとばかし強くなった・・・とのことだが、

かつてのハドラーから考えれば、ちょっとどころではない。

超魔生物が呪文を使える・・・完全無欠とはこのことよ!

ハドラーは魔族の肉体には未練はないという。

むしろ魔族の体を捨てることで、かつては世界を席巻した魔王だという

つまらない見栄も捨てることが出来たと・・・

 

己の立場を可愛がっている男に真の勝利などありえない・・・!!

これは、お前たちの師であるアバンが自分にも残してくれた教訓だとハドラーは語る!

 

ヘルズクローを使った対術と呪文の連携により吹き飛ばされるダイ。

ダイはハドラーが強くなったのはもちろん、その覚悟が今までとは比べ物にならないと実感する!

今のハドラーを相手に、ダイの剣なしで勝てるはずもない!

 

何とか左手だけで剣を抜かなければやられてしまう!!

そうこう考えているうちも、ハドラーの怒涛の攻撃はやむことは無い!

ヘルズクロー、さらには膝蹴りと、相変わらず体術も凄まじい!

 

吹き飛ばされたダイは岩肌に衝突!

ハドラーはトドメと言わんばかりにヘルズクローを突き立てる!

だが、ここでダイは攻撃をかわしつつ、ハドラーの爪に鞘を引っ掛けて、

ダイの剣を抜いた!

 

空中にて左手で剣を掴むなり、ハドラーはイオラで迎撃!

対してダイは海波斬でカウンター!!

原作にはない迫力満点の攻防!!

 

この勝負はダイの勝利!

ハドラーのヘルズクローは斬って捨てられた!

とはいえ、ハドラーは超魔生物・・・この程度のダメージすぐに回復してしまうだろう。

 

まぁ今はハドラーにダメージを与えたことよりも、ダイの剣を抜けたことが大きい。

あとは右手が回復すれば、なんとか勝負ができるはず・・・!

 

ハドラーはダイの新しい剣を目の当たりにし、

次の一撃で決着をつけようと言い出した。

 

ハドラーの右腕に宿る力と、ダイの剣とどちらが上なのか・・・はっきりさせるという。

 

ポップはダイが鬼岩城を真っ二つにしたのを目の当たりにしているが故に、

あれを上回る程の必殺技をハドラーが有しているというのが、とても信じがたいようだ。

だが、今のハドラーがハッタリをかますようには思えないが・・・

 

そうこうしているとダイに斬りおとされたヘルズクローの傷が修復を始めた。

超魔生物の自然治癒はかなり厄介だな。

ポップは勝負に時間をかけていられないと、ダイに決着を急がせる。

 

ダイも勿論それは理解していた。

だが、問題なのは右手が痺れている点・・・そこが解消すれば戦えるのだが・・・

と、ここにきてようやく右手に感覚が戻りつつある!

 

ダイは剣を右手に持ち変えると、ドラゴニックオーラを全開にする!!

オーラがダイの剣に伝わって・・・そしてダイのその構えは・・・

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第43話ネタバレ感想!神回神作画!ハドラーVSダイ!

アバンストラッシュ・・・!!!

 

鬼岩城を真っ二つにした技は大地斬・・・

ダイの剣でアバンストラッシュを放つのは、今回が初めて。

一体どれほどの威力になるのか想像もつかない。

 

ハドラーがいかなる力を隠し持っていようとも、この攻撃に勝つとは思えない・・・!

だが、ハドラーの自信は全くもって揺るがない。

試してみるがいいとダイを煽る。

 

ダイが試すのと同じく、ハドラーもまた試そうとしているのだ。

神が創りし究極の生物である竜の騎士の一撃で、

超魔生物と化した自身の戦闘兵器としての完成度を・・・!!

 

ハドラーの肉体からほとばしる闘気・・・!!

その圧倒的なオーラに一瞬気圧されはしたものの、

ダイもまた絶対に負けないという気持ちで、立ち向かおうする!

 

そして勝負の時は訪れる!!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第43話ネタバレ感想!神回神作画!ハドラーVSダイ!

放たれたアバンストラッシュ!!

それを受け止めるかのように右腕を突き出したハドラー!

 

ダイの力が勝っていれば、そのまま右腕はおろか、上半身が真っ二つになるだろう!

だが、結果は予想外のものだった。

 

ハドラーを真っ二つにするどころか、右腕すら斬ることはできなかったのである。

つまり、ハドラーの肉体はオリハルコン以上ということなのか・・・!?

 

ダイいわく、そうではないという。

アバンストラッシュがハドラーの右腕に放たれた時、確かに金属的な衝撃を感じたというのだ。

 

ダイの剣に勝るとも劣らない伝説の剣・・・覇者の剣・・・!!

それがハドラーの右腕に隠されていたのだ!!

 

ロモス武術大会の優勝者へ贈られるはずだった覇者の剣・・・

ザムザの手によって本物はハドラーに渡されていたようだ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.