呪術廻戦 ネタバレ感想 153話/秤金次は協力してくれるのか!?賭け試合参戦!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 153話/秤金次は協力してくれるのか!?賭け試合参戦!

更新日:

再会


 


伏黒は相手の名前は知らないと答え、殺したとまでハッタリをかます。

一月くらい前に威勢だけのクズがいただろうと、これまたウソを並べ立てる。

だが、これが偶然にもヒット。

 

どうやら、一月前にコンドーなる人物が消えているようだ。

伏黒はソイツの穴を埋めてやると、何だったら胴元の前で

マッチョを転がしてやろうかと挑発めいた発言まで。

 

すると、もう一人の男が秤に確認し、OKが出たようだ。

今日のシード枠として出場してもらうと。

ただし、出場するのは伏黒ではなく虎杖の方だという。

 

これは伏黒たちにとっても好都合な展開。

だが、最初からその提案を飲むと、相手に主導権を握られるが故に、

一応拒絶する伏黒。

 

当然だが条件を飲めないのであれば話は無しだと言ってきた。

 

伏黒が天井を確認すると、そこには防犯カメラが。

得体の知れない相手だし、高専関係者の可能性を考慮した確認なのだろうか。

 

機嫌を損ねられても困るので、伏黒は条件を飲んだ。

男に言われるまま、会場に向かう二人。

特に付き添いもなければ、監視されている様子もないので、

二人は会話をしながら向かう。

 

虎杖は伏黒のハッタリオンパレードに肝を冷やしたようだが、

呪詛師が出場しているとの前情報から、伏黒なりに勝算あってのハッタリだったようだ。

つまり、重傷なり死人が出ての入れ替わりはザラだということか。

 

それよりも、二人は高確率で秤がここにいる事を確信する。

防犯カメラでのチェックが決め手のようだ。

確かに安全圏にいるのであれば、逐一防犯カメラでチェックする必要はないだろうからな。

 

そうとわかれば、虎杖は試合に出場し内部から探りを入れる。

伏黒も駐車場に潜入する・・・”かも”しれないとのこと。

 

なぜ曖昧なのか。

伏黒は自身が泳がされている事を何となく察したようだ。

 

つまり自分が高専関係者だとバレれば、その時点でツレである虎杖の信用も、 

0からマイナスになり、秤との接触も絶望的になる可能性がある。

 

もっとも、そうなった場合には力ずくという選択肢もあるが、

それは本当の最終手段・・・あくまでも協力をお願いする立場であることを忘れてはならない。

今後の関係に響くようなヤリ方は極力避けるべきだと伏黒は言う。

 

ちなみに、伏黒的には今晩は自身は動くべきではないと考えているようだ。

だが、津美紀の死滅回游への宣誓期限まで時間は無駄にしたくないとの思いもある。

今が10日の17時・・・期限まで9日しかない。

 

どうやらここに来るまで、結構時間をかけてしまったようだな。

伏黒は時間がないこともあり、一応潜入して秤を探るが、ヤバそうなら即撤退のスタンスで臨むとのこと。

故の”カモ”だと。

 

・・・・・

・・・

 

さて、試合に出場する虎杖は伏黒と別れ、先ほどのマッチョから説明を受けていた。

試合のルールは2つ・・・

”逃げるな”と”術式は使うな”

 

後者のルールについては、客は非術師がほとんど。

術式を使っても見えない故に、それで戦っても盛り上がりに欠けるとのこと。

 

前者のルールについては、”客の見える範囲で戦え”って意味のようだ。

あくまでもこれはビジネス・・・客あってのもの故に優先されるのも当然客。

 

虎杖はそれとなく、胴元はどんな人なのか質問してみた。

マッチョは会えば解るとのこと。

 

つまり会えるチャンスがあるということなのか。

マッチョいわく、試合には2種類あるという。

 

今日のトーナメントのように脚本なしのガチンコファイト。

もう一つは、脚本アリの・・・つまるところ八百長というわけだ。

 

脚本は胴元である秤が描いているようだ。

つまり、ここで上手くアピールできたらお声がかかる寸法だ。

虎杖も話を飲み込み、俄然やる気に。

 

派手に暴れるのは得意だからな。

 

そして、いよいよ試合の時。

駐車場の1階の天井をぶち抜いて、観客は2階から下で行われる試合を見るというわけだ。

観客席にサンドウィッチマンがいるのスゲェじわるw

 

ここで虎杖の対戦相手がお目見え。

マッチョも最初見たときは驚きを隠せなかったようだ。

 

まさに”客寄せ”・・・その相手とは!?

 

賭け試合の実況・ハゲメガネのジョン☆ボビが両者を紹介!

デンジャラス火の玉ボーイ・ユウジ・イタドリ!

対して、相手は・・・なんとパンダ!

 

オメェ先にいたんかい!

 

・・・・・

・・・

 

試合直前・・・モニターで試合を確認していた秤金次は熱が冷めていた。

”運”とは試されてナンボ・・・初めから勝ちが見えてる賭けはつまらないと。

どうやら秤はパンダが勝つと確信しているようだ。

 

パンダの実力を知っていれば、まぁ確かにそこらの野良術師では勝てないと考えるのも無理はないか。

 

だが、その考えはすぐに変わることに。

パンダと互角の肉弾戦を繰り広げる虎杖。

 

組み手の中で、会話を交わす両者。

パンダはまだ秤に接触はしていないらしい。

知った仲故に、警戒はされていないものの、避けられているようだ。

 

どうも秤の傍にいた女・・・高専3年の術師である彼女の術式が問題らしい。

パンダは虎杖が高専生であることを隠している事を確認すると、

わざとらしくパンチを喰らい敗北した。

 

パンダの演技力ぅ・・・

 

こうして勝利した虎杖。

秤金次は早くも動きを見せる。

 

トーナメント終了後、虎杖を屋上に上げろと部下に通達。

この初戦を見ただけで虎杖の実力を見抜き、トーナメントを優勝すると確信したようだ。

 

この虎杖の実力を見込んで、八百長の脚本を書くつもりのようだ。

”熱は熱いうちに”・・・秤金次の格言か。

バカっぽいからやめろと隣の女・・・呪術高専3年・星綺羅羅にツッコまれる。

 

ちなみに伏黒の方は引き続き要警戒と部下に伝える秤金次。

後で綺羅羅も警備に出すとの事。

 

イイ感じにザワつくと語る秤金次。

こんなにザワつくのは元カノがリボ払いしまくってた時以来だとw

 

次回に続く・・・!!

 

呪術廻戦 153話/感想

秤金次か。

面白そうなキャラではあるが、ゴリゴリの肉弾戦タイプではないな。

”運”に関係した術式とか、結構トリッキーな使い手な気がする。

 

星綺羅羅なるパイオツロック女も、それなりにヤバそうなのか。

とにかく、一筋縄にはいかなそうな感じだなぁ。

 

呪術廻戦/関連記事

◇前回

呪術廻戦 ネタバレ感想 152話/呪いに塗れた禪院家の末路
呪術廻戦 ネタバレ感想 152話/呪いに塗れた禪院家の末路

呪術廻戦 ネタバレ感想 152話 「葦を啣む-跋-」 呪術廻戦 152話 ネタバレ感想! 2021年6月14日(月)発売の週刊少年ジャンプ28号掲載!   禪院直哉を倒した真希・・・だが恐らくまだ生き ...

続きを見る

 

◇次回

呪術廻戦 ネタバレ感想 154話/ドベスケ女装男・綺羅羅の術式は磁石?
呪術廻戦 ネタバレ感想 154話/ドベスケ男の娘・綺羅羅の術式は磁石?

呪術廻戦 ネタバレ感想 154話 「潜入」 呪術廻戦 154話 ネタバレ感想! 2021年8月10日(火)発売の週刊少年ジャンプ36・37号掲載!   秤金次に接触すべく、賭け試合に乗り込んだ虎杖と伏 ...

続きを見る

 

◇まとめ

呪術廻戦ネタバレ


 

人気記事

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.