【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 42話 「死の大地」

ダイの剣による一撃で鬼岩城は真っ二つに!!

恐るべき破壊力を持つ剣に、ダイも使い方を間違えぬよう改めて心に刻む。

一方、鬼岩城を破壊されたミストバーンは・・・!?

 

■前回 第41話 「最強の剣」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第41話ネタバレ感想!ダイの剣完成!!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第41話ネタバレ感想!ダイの剣完成!!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 41話 「最強の剣」 ミストバーンによって身動きを封じられたパーティたち! そんな中で、正義の闘気に覚醒したヒュンケルの放つ一撃はミストバーンに通用するの ...

続きを見る

 

42話のネタバレ前半

前回カットされたと思われたロン・ベルクとジャンクの会話が、

冒頭で挟み込まれる。

 

ダイの剣という最強の剣を完成させ、一息つく中、

気を利かせたポップの親父さんジャンクが酒を持ってくるいいシーン。

原作では前回あるべきシーンだったので、「あー・・・カットか」って思ったんだが

まさかここでやってくれるとは。

 

ジャンクの気遣いに年の功かと茶化すロン・ベルクに、

自分よりも何倍も長く生きているくせに・・・と、ボヤくジャンク。

 

ロン・ベルクいわく、魔族の人生は密度が薄いそうだ。

人間よりも長く生きれる分、ダラダラ生きるヤツも少なくないそうだ。

故に何百年生きても空っぽの人生もあるとのこと。

 

対してロン・ベルクは、今満足しきっていた。

最高傑作を作り上げたのだからな。

その大仕事を乗り切って飲む酒は、これ以上無いほどに格別・・・

 

こんな美味い酒を飲める奴はそうはいないと語った。

 

何かを成し遂げたあとの一杯は、どんな安酒だろうと最高に美味い・・・

大人にしか解らない感覚だろうな。

一方、見事に勝利を収めたダイは、改めて”ダイの剣”の破壊力を実感していた。

これほどまでに強大な力・・・街中で振るえば大惨事は免れない。

ダイは本当に強大な敵と出会った時や、仲間を助ける時のみ力を借りる事を約束し、

剣を鞘に収めた。

 

すると、自動的に剣は再び封印された。

 

礼拝堂からレオナが手を振るのを見たダイは、手を振り返すも、

そそくさと行ってしまった。

仲間がまだ戦っている・・・そう思っての事だろうとメルルは言う。

 

そんなメルルだが、突如底知れぬ邪悪で巨大なパワーが溢れ出す感覚に襲われていた。

そして、ダイに急ぐようにと警告する。

残る敵はミストバーン一人・・・ヤツが覚醒しようというのか!?

 

・・・・・

・・・

 

鬼岩城を破壊されたショックからなのか、宙を漂い茫然自失のミストバーン。

隙だらけだといい、背後から虚空閃を放つヒュンケル。

ミストバーンはこの攻撃に対し、微動だにせず、虚空閃はミストバーンの左肩を貫いた。

 

何故攻撃を避けないのか・・・攻撃を仕掛けたヒュンケルの方が動揺する中、

ミストバーンの破れた衣からは暗黒闘気があふれ出ている・・・

 

そのミストバーンはというと、攻撃を喰らったことには眼もくれず、

大魔王バーンの鬼岩城を破壊された事に対し、ダイの剣の力を見抜けなかったと

自分を責めまくっていたw

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

激しい憤りから、再び素顔を覗かせるミストバーンw

 

そんなミストバーンに追い討ちを掛けるポップw

挑発に加え、トドメのベギラマをヒュンケルが止めるのにも関わらず放ってしまった。

今にして思えば、この時からポップは冷静さを欠いている気がする。

 

ヒュンケルの悪い予感は当たっていた。

 

ミストバーン目掛けて放たれたベギラマは、ヤツの胴体に着弾するというよりも、

飲み込まれたような形に・・・

そして、さらに増幅する形で、ポップたちに向けて放たれたではないか。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

ベギラマがベギラゴン級の威力に・・・!!

直撃は避けたものの、爆風に吹き飛ばされ、建物に激突する面々!

そんな中、ミストバーンは衣に手をかけ、剥ぎ取ろうとする。

 

ミストバーンは闇の衣を脱ぎ払い、ダイたちを皆殺しにする気のようだ。

その言葉がハッタリではないのは一目瞭然だった。

ミストバーンから放たれる圧倒的威圧感・・・それは、あの巨大な鬼岩城よりも遥かに大きかったのだ。

 

ヒュンケルは今まで暗黒闘気がミストバーンの力の根源だと思っていた。

だが、そうではなく、ミストバーンの真の姿を覆い隠すためのベールにすぎないのか!?

 

ミストバーンの暗黒闘気の下に隠された人の顔・・・

それを見られた事で、冷静さを失い逆上した。

闇の衣を脱ぎ去るという事は、再びそれを晒すと言う事。

 

生半可な覚悟ではないのだろう。

つまり、この場にいるものを全員殺すというヤツの言葉に偽りは無いということだ。

 

ポージングだけ見てると、裸にトレンチコートの痴漢でしかないのに・・・

放たれる異様な光と共に、ついにミストバーンの真の姿が開放される!!

 

光が収まり・・・眼を開けてみると、そこには異様な光景が広がっていた。

なんとミストバーンは衣を脱いでおらず、その首元には死神の鎌があてがわれているではないか。

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

死神キルバーンの登場である。

ギリギリの所でキルバーンがミストバーンの力の解放を止めた・・・!?

 

キルバーンいわく、ミストバーンの真の姿は、いかなる場合においても、

大魔王バーンの許可がなくては晒してはならないようだ。

いかに親友のミストバーンでもただでは済ませられないとキルバーンは語る。

 

この一言で冷静さを取り戻したミストバーンは衣を戻し、

ほとばしる威圧感もウソのように鎮まった。

 

バーンにとっては鬼岩城もお気に入りの玩具の一つに過ぎない。

ちゃんと謝れば許してくれるはずだと。

それよりも恥の上塗りはやめたほうがいいのではないか・・・

 

その言葉にミストバーンは反省すると共に、口を閉ざした。

 

話もついたということでキルバーンは撤退を口にし始めた。

ダイに剣の完成オメデトウと伝えておいてくれ・・・と捨て台詞。

加えて原作にはなかったポップへの挑発が始まる。

 

頼りない仲間たちの中、特にポップは鬼岩城相手に何も出来なかったと露骨な挑発。

シーユーアゲイン・・・キルバーンは、そう締めくくると、ミストバーンと共に撤退した。

 

すると、ポップは自身をコケにされたことよりも、

国をメチャクチャにされた事や、人々を傷つけた事に対する怒りから、飛び出してしまう!

 

ヒュンケルが止めるが頭に血が上ったポップに声は届かず、そのまま飛んで行ってしまった。

 

トベルーラが使える人間がこの場にいない以上、ポップを連れ戻せる人間はいない・・・

ポップは魔王軍の本拠地を突き止めるつもりのようだが、明らかに誘い出されている・・・

 

そんな中、ダイが走って仲間たちに合流。

そこでポップが敵を追って飛び出したことを聞かされる。

ヒュンケルからポップを連れ戻して欲しいといわれたダイは、トベルーラで急いであとを追う!

 

マァムはそんなダイに一抹の不安を覚えていた。

ダイの性格上、鬼岩城を倒したら、すぐに飛んで戻ってきそうなものだが、

実際には走って戻ってきた。

 

つまり、鬼岩城を倒すのに相当力を消耗しているが故に無意識に力をセーブしていたと

マァムは汲み取ったようだ。

 

だが、それが事実であっても、ダイに頼るほかにポップを連れ戻せる人間はいない。

あのままでは確実にポップは殺されてしまうとヒュンケルは語る。

死神キルバーンは、軍団長を暗殺できるほどの実力者・・・!!

 

まずポップ一人でどうにかなる相手ではないのだ。

ポップとダイの心配をする中、ヒュンケルはダメージの蓄積が限界を超えたのか、

その場に倒れこんでしまった。

 

一方、ポップは追っていたミストバーンとキルバーンを直前で見失っていた。

どうやら二人は、この辺りで着陸したようだが・・・

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第42話ネタバレ感想!ついに宿敵ハドラー再臨!!

ここは・・・死の大地・・・!?

ここに魔王軍の本拠地があるのか・・・!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.