【ネタバレ】弱虫ペダル 649話 「喰い込むリュック」クズ川田坂道を殺す気のサイコパス!

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 649話 「喰い込むリュック」クズ川田坂道を殺す気のサイコパス!

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 649話 「喰い込むリュック」

弱虫ペダル 649話 ネタバレ感想・考察!

2021年7月29日(木)発売の週刊少年チャンピオン35号掲載です。

 

川田の心無い言葉に憤る坂道。

一瞬ハネ上がるプレッシャーに気圧された川田は、一抹の不安が過ぎるも、

己の勝利を確信し、加速を続ける!!

 

一方、闘う目的を見つけた坂道・・・一瞬弱音は見せていたが、化物覚醒準備突入!!

 

■前回 弱虫ペダル 648話 「川田の言葉」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 648話 「川田の言葉」
【ネタバレ】弱虫ペダル 648話 「川田の言葉」

弱虫ペダル ネタバレ感想 648話 「川田の言葉」 弱虫ペダル 648話 ネタバレ感想・考察! 2021年7月21日(水)発売の週刊少年チャンピオン34号掲載です。   12kgの水を背負わされた坂道 ...

続きを見る

 

649話のネタバレ前半

6本のペットボトル・・・合計12kgのリュックを背負い、

思うように加速できないでいる坂道。

 

その重みは肩に食い込み、肉体的ダメージまで与えていた。

正直絶望的な状況かに思えたが、坂道にとってこんな”仕掛け”は、

1年生時の1000km合宿の時に比べれば、全然辛くはないようだ。

 

とはいえだ。

ノーハンデの川田はドンドン先に進んでいく。

 

ちょうど木々の間から下の様子を伺うことが出来た川田は、

坂道がまだ随分下の方を登っているのを目視で確認。

 

大差をつけた事を実感すると、下品な笑みを浮かべ、

勝利を確信・・・”アッアッ”と不気味な笑いを漏らしながら、

更に先を急ぐ。

 

すでに川田はゴールの森中神社まで残り4kmジャスト!

一方の坂道は、決して絶望する事無く着実に進み続けている。

考えていたのは1年生の1000km合宿・・・

 

あの時、今泉はギア、鳴子はハンドル、坂道はホイールにそれぞれ仕掛けをされ、

最初はその仕掛けに気づけず坂道は絶望し、足をついた。

 

だが、そんな坂道を見かねて巻島が声をかけ、色々と教えてくれた。

そして、得意なものを封じられた時にすること・・・突破することを教えてくれた。

そうやって背中を押してくれた巻島のことを思い返す坂道。

 

あの時を思えば、今のこの状況は、あの時よりも辛くない!

自分ならできるはずだ!やるんだ!と鼓舞する坂道!


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.