【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第40話ネタバレ感想!ヒュンケルVSミストバーン!!

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第40話ネタバレ感想!ヒュンケルVSミストバーン!!

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 40話 「闇の師弟対決」

鬼岩城でパプニカに攻め込んできたミストバーン。

一切の降伏を受け入れず、皆殺しにする気のようだ・・・!!

ダイが不在の中、果たしてポップたちは何処まで戦えるのか!?

 

■前回 第39話 「鬼岩城大上陸」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第39話ネタバレ感想!命令する…死ね!!子安ミストバーンノリノリw
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第39話ネタバレ感想!命令する…死ね!!子安ミストバーンノリノリw

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 39話 「鬼岩城大上陸」 ロン・ベルクとの出逢いで、何とかダイの力に耐えうる剣は作ってもらえそうだが、 一方でハドラーの頼みを受け人間たちの殲滅に向かうミ ...

続きを見る

 

40話のネタバレ前半

人間を害虫扱いするミストバーン・・・!!

その圧倒的上から目線の物言いに激怒するポップ。

 

魔法使いは常にパーティの中でクールであれ・・・師の教えを忘れ、

怒りに任せ突っ走るポップ!

 

ポップの無茶を止めるためにマァムも駆け出し、

二人は塔の上からトベルーラにて空を飛び鬼岩城へ向かう!

 

独り取り残されたチウ。

二人は任せておけと自信満々に語るが、ノーリアクションに何とも居心地の悪さを感じてしまうw

 

一方、熱くなったポップに冷静さを取り戻すように声をかけるマァム。

ポップも見た目は熱くなっているが冷静さを失って勝てる相手でない事は百も承知している様子。

 

だが、ミストバーンの物言いに腹を立てているのも事実。

人間がちっぽけではないところを見せ付けてやると息巻いている!

 

その頃、鬼岩城付近ではクロコダインとアキームが、鬼岩城から出てきた大量の

さまよう鎧たちの襲撃を受けていた。

 

自分を庇いダメージを負ったクロコダインを心配するアキームだったが、

クロコダインの凄まじい力で切り裂かれていく鎧たち・・・!!

まるで紙人形を相手にしているかのように木っ端微塵になぎ払っていく!

 

自分の心配が、いかに無用なものかを思い知るアキーム。

程なくして上空にポップとマァムも到着!

 

すぐにクロコダインの加勢に行くというマァムだが、ポップは心配する。

生き物相手には絶大な威力を誇るマァムの閃華裂光拳だが、

さまよう鎧などの敵には効果が得られないからだ。

 

だが、マァムは問題ないという。

ああいう相手には純粋なパワーで勝負すればいいと!

上空から勢い良く地上へ加速し、拳や蹴りで鎧を砕き、切り裂いていく・・・

 

今回の戦闘アニメーションはかなり気合が入っていて、

見ごたえ抜群のバトルシーンになってる!

マァムの強さ、華麗なる体さばき・・・すげぇ・・・!!

 

原作同様マァムの活躍ぶりに口笛を吹くクロコダインの珍しいシーン。

話には聞いていたが、この時がクロコダインにとって武道家マァムの初戦闘。

そりゃ驚くわな。

 

マァムの暴れっぷりを目の当たりにしたポップは、

今後はうかつにからかえない事を再確認w

あのパワーで突っ込まれたら、マジで骨折モンやろw

 

そんなポップだが、鬼岩城に風穴を開けてやるとイオラを顔部分目掛けて放つが・・・

ダメージと呼ぶには程遠い、僅かに外壁が欠けた程度。

原作ではしっかり、その部分が見れるのだが、アニメではポップのセリフだけで、

実際のダメージ部分は見られなかった。

 

ミストバーンは上空のポップに対し、ガストやひとくいサーベルを大量に放つ!

人食いサーベルはアニメオリジナルで追加された。

 

ガストのマホトーン攻撃に加え、人食いサーベルの体当たりを回避しまくるポップ。

何気にすごいw

その頃、剣の誕生を待ちわびるダイは焦っていた。

こうしている間も、皆は戦っている・・・早く駆けつけたい気持ちが、

明らかに前面に出ていた。

 

そんなダイの心情を読み取ったロン・ベルクは心を乱すなと忠告する。

ダイの心の乱れは、剣にも伝わるからと。

 

剣さえ完成すれば、どんな相手だろうと互角以上に戦えると自負するロン・ベルク。

自身を、そしてこの剣を・・・仲間たちを信じろと熱く語った。

ダイは諸々を信じ、剣の完成を心静かに待ちわびる。

 

・・・・・

・・・

 

一方、ポップたちは、迫り来る軍勢相手に奮闘を続けていた。

雑魚たちに苦戦はないものの、本丸である鬼岩城までは、まだまだ先は長そうだ。

そんなポップたちの加勢に向かうチウ。

 

さらにはバダック爺さんまで現れた!

その道すがら一緒になったチウとバダック爺さん。

お互いに”なんだこいつは?”という疑問を抱きつつ、目指すはクロコダインたちのいる最前線!

 

上空では、あいも変わらず大量のガストたちが迫ろうとしていた。

あまりにも数が多すぎる・・・ポップはこいつらを一気に倒したいと思うのだが、

その時、師匠であるマトリフの言葉が過ぎった。

 

ザムザ戦でフィンガー・フレア・ボムズを使った話を聞かせていたようだが、

今後、二度と使うなとマトリフは語った。

 

どうやらあの技は禁呪法に近いらしく、並みの人間が使えば寿命を縮めるらしい。

病床に伏すマトリフはセキと共に吐血した。

 

その様子からマトリフ自身、禁呪法を多用した結果の今があるのだとポップは悟った。

寿命を縮めて100歳までも生きられたなら長すぎるぐらいだと語るマトリフ。

改めて、お前はまだ若いのだから、焦らずともいずれは強力な呪文は覚えていける・・・そう念を押した。

 

師の姿を目の当たりにし、警告を守ろうと躊躇うポップ。

そんな折、チウとバダック爺さんが到着!

無謀にも敵に突っ込んでいくも返り討ちに!

 

さらに追撃され、あわやと思われたその時!

チウは気合を込め、意識を頭に集中させる!

 

そこへ振り下ろされた斬撃!

もうダメかに思われたが、なんと斬撃を受け止めるどころか、

剣を逆にへし折るほどの石頭を見せたチウ!

 

クロコダインもチウの根性には関心させられたようだ。

 

地上の戦いに見とれている間も迫る敵たち!

改めて禁呪法の壁にぶちあたるポップだったが、ついに決断する!

 

いずれではダメなんだと!力が必要なのは今なんだと!!

寿命を縮める事を承知で、再びフィンガー・フレア・ボムズをガスト達に放つポップ。

ザムザ戦ではメラゾーマ3発の同時発射だったが、今回は本家同様、5発のメラゾーマを同時に発射!

 

大軍を一網打尽にする事に成功した!

 

ポップの活躍に奮起するクロコダインたち!

原作では敵の動きを止める程度だった真空の斧の衝撃波だったが、

アニメでは完全に木っ端微塵に粉砕してたw

 

流石に見劣りするっていう理由での改変なんだろうけど・・・

まぁよしとするか。

 

だってこのあと、マァムはもちろんのこと、チウやバダック爺さんやアキームも

さまよう鎧を斬り伏せてるわけで、そんな中クロコダインの一撃が

動きを止めるだけってのは、やはり絵面が弱すぎるよね。

 

トドメはポップが上空からイオラを放ち、一網打尽!

最高にカッコいいトドメの刺し方!

 

だが、フィンガー・フレア・ボムズや連続で呪文を使った影響から、

崩れ落ちるポップ。

全く無茶しやがって!

 

雑魚を全て片付け、残りは本丸のみ・・・そう思われたのだが、

不敵な笑みを浮かべるミストバーン・・・!!

 

次の瞬間、とんでもないものを目の当たりにする・・・!!

なんと、たった今倒した軍勢と同じくらいの軍勢が、再び姿を現したではないか!

 

ミストバーンいわく、鬼岩城の右胸に位置するラングの間より、

常に新しい鎧兵士に暗黒闘気が吹き込まれているようで、暗黒闘気が尽きるまで、

まさに無限の軍勢と言えるわけだ。

 

この事実を知り、目の前に迫る大軍を前に・・・

ポップはもうダメかもしれないと弱気な発言をしてしまう。

 

次の瞬間!!

 

突如地割れが起きたかと思うと、敵の大群がその割れ目に落ちていってしまった。

 

そして、ポップを叱咤する聞きなれた声・・・!!

情けないぞと・・・仮にもアバンの使途を名乗るならこの程度の敵に泣き言を言うなと

そう語るのは他でもないアバンの使途の長兄・・・ヒュンケルだ!

 

ヒュンケルいわく、全て倒せばいいと!

何百回蘇ろうと倒し続けるだけだと!

 

これほどまでに頼もしい加勢はない!!

新たな男の登場に、チウはマァムは見た目ほど清純派ではないのではと疑いの眼差しw

 

マァムとの再会も程ほどに、積もる話は、あの木偶の坊を倒してからだと、

鬼岩城を見上げるヒュンケル。

 

その自信過剰ぶりを嘲笑うミストバーン。

ヒュンケルはミストバーンとの決着をつけるべく、出て来いと言うが・・・

ミストバーンはその誘いに乗る事はなく、代わりに三体の恐ろしい敵を放った。

 

かつてフレイザードが使った魔影軍団最強の鎧・・・

デッド・アーマー三体!!

 

いかなる呪文も受け付けず、パワーもスピードも、とんでもない敵・・・!!

それが三体も・・・!!

 

一度戦っているからこそ、その強さも、この状況のヤバさも十二分に理解できる。

するとヒュンケルは、皆に下がっていろと言うではないか。

魔法使いのポップや、実力不足のチウやバダックじいさんなら理解できるが・・・

 

クロコダインやマァムの助力も必要ないというヒュンケル。

修行を始めて日も立っていないというのに・・・

 

だがヒュンケルいわく、アバン流は武器を選ばない・・・

地・海・空の基本形さえマスターしていれば、その応用は容易いそうだ。

ポップのおもりでもしててくれと冗談をいいながら、迫り来る三体を迎え撃つ!

 

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第40話ネタバレ感想!ヒュンケルVSミストバーン!!

ヒュンケルは正面からくる3体のうち、2体に対し地雷閃を放つ!

これは剣技でいうところの大地斬に相当する力の技!

見事に2体を同時に切り裂いて見せた!

 

だが、残る1体がヒュンケルに襲い掛かる!!

これに対し、ヒュンケルは回避と同時に最後の1体を切り裂いた!

 

これがアバン流槍殺法最速の秘技・・・海鳴閃・・・!!

海波斬に相当する技ってわけか。

 

切り裂かれた三体のデッド・アーマーが起き上がってくる!

それに対し、ヒュンケルは”あの構え”をとる!!

武器が剣から槍に変わろうがヒュンケルの必殺技も変わらない!!

 

ブラッディースクライド!!

 

三体のデッド・アーマーは木っ端微塵にされてしまった。

かつて苦戦した相手を、こうも簡単に・・・!

さすがヒュンケルといったところか。

 

ヒュンケルは続けざまに槍を構える。

これは・・・グランドクルスの構え!

 

鬼岩城の頭を吹き飛ばされたくなければ出て来いと、ミストバーンを脅すヒュンケル!

高まる闘気・・・ヒュンケルは本気!!

 

これを察してか、鬼岩城は動きを止めミストバーンが姿を見せた。

するとヒュンケルはポップたちに手を出すなと警告し、

単身ミストバーンに戦いを挑むべく、鬼岩城の外壁を跳んで顔の部分を目指す。

 

それにしても、凄い剣幕で手出しをするなと声を荒げたヒュンケル・・・

クロコダインいわく、ミストバーンはヒュンケルに暗黒の闘法を教えた相手だそうだ。

アバンを光の師とするならば、ミストバーンは闇の師であるわけだ。

 

悪しき過去の清算をすべく、闇の師弟対決というわけだ。

確かに手出し無用だな。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.