【ネタバレ】弱虫ペダル 647話 「ハンデ戦」クズ川田勝利確信!坂道敗北!!?

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 647話 「ハンデ戦」クズ川田勝利確信!坂道敗北!!?

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 647話 「ハンデ戦」

弱虫ペダル 647話 ネタバレ感想・考察!

2021年7月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載です。

 

坂道を運だけで勝ち上がってきた雑魚と見下しながらも、

必勝のために、さんざん疲れさせた挙句、6本もの水入りペットボトルをハンデとして背負わせる・・・

相変わらず勝つためには何でもする汚い野郎だ・・・!!

 

何度も言うが、本当にこれで勝てたとしてお前は心から喜べるのか!?

 

■前回 弱虫ペダル 646話 「サイクリング」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 646話 「サイクリング」VS坂道!汚すぎる川田の策略!!
【ネタバレ】弱虫ペダル 646話 「サイクリング」VS坂道!汚すぎる川田の策略!!

弱虫ペダル ネタバレ感想 646話 「サイクリング」 弱虫ペダル 646話 ネタバレ感想・考察! 2021年7月8日(木)発売の週刊少年チャンピオン32号掲載です。   レギュラージャージを手に入れ、 ...

続きを見る

 

647話のネタバレ前半

川田は背負っていたリュックを下ろし、中身が水一杯の6本のペットボトルだと暴露した上で、

これを坂道に背負わせ、勝負をしようと持ちかけてきた。

 

実力差を埋めるためのハンデが、この水というわけだ。

森中神社までの登坂バトル・・・

 

突然の申し出に困惑する坂道。

勝負などせず、仲良くサイクリングをしよう・・・と返すも、

クズ川田にそんな気はサラサラ無い。

 

元より勝負目的で坂道を誘ったのだ。

鈍い坂道にボケと暴言を吐きつつ、はっきり判らせるために、まくし立てる川田。

 

お前がやっているのは自転車競技・・・スポーツだと。

スポーツは闘いであり、勝ちと負けの二つに一つしかないというのだ。

 

だが、坂道は勝敗だけではなく、一緒に走る楽しみなどを口にするが、

川田はそれを全力で否定する。

 

スポーツには勝ちか負けしかない・・・と。

勝った者は何でも思い通り。

勝者の椅子に座り、勲章を片手に敗北者を見下す。

 

負けた奴は床をはいずり回り、ゴミムシ以下・・・

しゃべることすら許されないと。

 

川田のこの歪んだ価値観は一体どこから来ているのか。

マジで気持ち悪すぎるんだがw

 

勝者だったら敗者にナニをしても許されると思ってるとか、

こいつはそもそも、スポーツをやる資格すらなさそうだな。

マジでクズの川田やん。

 

川田の暴言は続く。

インハイ2連覇の坂道も、当然勝者の立場として、

敗者のその他大勢を服従させて足蹴にしてきたと・・・。

大会出場者全員を見下しているとまで言い放った。

 

こいつマジか。

何処まで腐ってんだ・・・

こいつマジで京伏で御堂筋に利用されてポイ捨てされんかなぁ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.