【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第39話ネタバレ感想!命令する…死ね!!子安ミストバーンノリノリw

https://www.sirolog.com

ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第39話ネタバレ感想!命令する…死ね!!子安ミストバーンノリノリw

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 39話 「鬼岩城大上陸」

ロン・ベルクとの出逢いで、何とかダイの力に耐えうる剣は作ってもらえそうだが、

一方でハドラーの頼みを受け人間たちの殲滅に向かうミストバーン。

鬼岩城を持ち出し、徹底的に潰す模様!

 

果たしてダイたちはミストバーンを打ち倒すことは出来るのか!?

 

■前回 第38話 「世界会議」はこちら

【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第38話ネタバレ感想!ここぞとばかりにカットしまくり!
【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第38話ネタバレ感想!ここぞとばかりにカットしまくり!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 38話 「世界会議」 レオナが秘密裏に行動していたのは世界会議(サミット)を開催するためだった! 各国の王が一同に会し、魔王軍を討つべく知恵を出し合う会議 ...

続きを見る

 

39話のネタバレ前半

出だしはパプニカの港。

ロモス王を出迎えるレオナの姿があった。

そこにはクロコダインの姿も。

 

かつてロモスを襲ったクロコダイン・・・若干の気まずさはあるが、

何も語らぬまま、一礼をするクロコダイン。

 

ロモス王もクロコダインが今はダイの仲間として戦っている事を知ってか、

特に何を語るでもなかった。

まさに王の器である。

 

そんなタイミングでダイがポップと共にルーラで現れた。

覇者の冠を武器に変える許可を得るために、律儀に飛んで来たというわけだ。

もちろん快く許可してくれた王様。

 

ロモス王は実に懐が広い。

そんな折、とてつもない巨大な軍艦が入港してきた。

前回は登場がなかったベンガーナ王と精鋭戦車部隊を率いる戦車隊長のアキームが堂々登場!

 

原作とは違うタイミングでの登場だが、上手く繋がる登場の仕方なので、

これはこれでいいんじゃないかと思う。

 

にしても、レオナが秘密裏に集合をかけたにも関わらず、軍艦で登場し、

さらには戦車まで持ち込むっていうね。

軍事大国だかなんだか知らんが、自分の力を過信しすぎているな。

 

これからの時代は兵器だと自負し、大砲の前では剣も魔法も無力と言い放った。

流石にこの発言にはムッとするダイとポップ。

確かに強力であるのかもしれないが接近されたり、四方を囲まれたら正直無理だろうよ。

 

言いたい事は山ほどあるも、各国を纏め上げるために、言葉を押し殺すレオナ。

いやはや大変だな。

 

ダイはクロコダインにパプニカを任せ、再び剣作りのためにランカークスに戻ることに。

と、ここでタクシー代わりのポップが少しは休ませろと要求。

 

これまでダイが気球や船扱いしてルーラ連発させた旨が語られなかったため、

まるでポップが一回のルーラで音を上げたかのようになっている。

原作はちゃんと理由語ってますからわかりやすいです。

その頃、パプニカ付近の海上を小船で進むは偽勇者一行!

てっきりカットされるかと思ったが、使われてよかったね!

 

どこまで本気か、偽勇者一行は心を入れ替え、魔王軍と戦うつもりでパプニカにやってきたらしい。

まぁ・・・本腰というわけではなく、適当に戦って金と経験を稼ぐっていう、

彼らの根本的な部分は相変わらずのようだがw

 

悪党しながら生きていくよりかは幾分人のためにもなるし、いいのではなかろうか。

だが、そんな彼らの出鼻をくじく事件が発生・・・!!

 

突然海上で地響きが聞こえてきた。

辺りを見回していると、突如巨大な何かが姿を現した。

 

一帯を包む霧のせいで全容はわからないが、巨大な顔と、光る目は確認できた。

そしてその巨体・・・!!

 

完全にビビりきった偽勇者一行はパプニカ上陸を断念し、一目散に逃げ出したw

逃げる時のスピードは尋常ではないなw

 

・・・・

・・・

 

一方、ランカークスの森の小屋に戻ってきたダイとポップ。

ロン・ベルクは覇者の冠を炉に放り込むなり、半日以上もダイの手をじっと見つめているようだ。

 

痺れを切らしたダイがロン・ベルクに話しかけると、

彼は静かに語り始めた。

 

その昔、人と武器は1つだったと。

人は強き武器に恥じぬように腕を磨き、そして強き者がいるからこそ、武器も日々進歩したと。

今となっては人も武器も、どちらもクズと言い放つロン・ベルク。

 

だけどダイと、これから生まれてくる剣なら、

最強の人間と最強の武器が合わさった姿を見せてくれるだろうと断言する。

 

原作ではダイが切り出したのはお金の話なんだよね。

持ち合わせがあんまりないって事を伝えた際、この話を聞かせてくれて、

んでもって金はいらんと。

 

最強の人間と最強の武器が合わさった姿を見せてくれればそれでいいとね。

そんなにセリフ数もないと思うし、省かなくてもよかったんじゃないかと思うんだが

色々都合があるんだろうね。

 

ロン・ベルクはポップの父親・ジャンクに手伝いを頼み、本格的に作業に取り掛かった。

 

外で待機していたポップたちも、金属を打つ音を聞き、作業が始まったことを知る。

急いで小屋に駆け寄ろうとするも、すぐに中からポップの親父さんが出てきて、

ロン・ベルクの集中を乱さないよう注意した。

 

ダイの剣は特別製・・・まさに”新しい生命”として生まれてくる。

故に並の武器を作るようにはいかないそうだ。

ずっとダイの手を見ていたのも、それを振るうからこそ念入りに調べていたのだろう。

 

真の武具は持ち手を選ぶ・・・これから生まれるダイの剣も、まさに真の武具というべき代物!

 

そんな話をしていると、突如メルルが震え始めた。

どうやら巨大な黒い影が見えるようだ。

このままではパプニカが滅びてしまうと・・・!!

 

・・・・・・

・・・

 

一方、パプニカではサミットが難航していた。

ベンガーナ王は自国の力を過信するあまり、他国の協力を必要としない発言をしている。

 

リンガイアのバウスン将軍は実際に魔王軍の超竜軍団に滅ぼされた経験を語って聞かせた。

城塞王国と呼ばれた強国でありながら、わずか1週間で滅ぼされたとし、

あの強さと恐ろしさは戦った者にしかわからないと語った。

 

ベンガーナは所詮、本腰を入れて攻められてないだけだと痛いところをつくバウスン将軍w

苛立つベンガーナ王・・・これでは各国がまとまるなど夢のまた夢である。

 

そんな中、ベンガーナ王は、窓から見える港に停留する自分の軍艦を指し、

改めて武力を誇示しようとするのだが、その瞬間、自慢の軍艦は何者かの攻撃を受け破壊されたw

 

霧に包まれた海に突如出現した巨人によって、軍艦は軽く持ち上げられてしまった。

鬼岩城のお目見えである。

 

サミット会場である塔の下で見張りをしていたクロコダインとアキーム隊長も

ようやく異変に気付くと同時に、巨人の顔を見て鬼岩城だと把握。

 

ヒュンケルの推察は当たっていた。

鬼岩城はそれ自体が巨大な魔神とも呼べる移動要塞・・・!!

それにしても何たる大きさ・・・!!

 

すぐに兵達が鬼岩城の接近を知らせに来たが、

そもそも何故あれだけの巨体の接近を気付けなかったのかと問うクロコダイン。

原因は辺りを包む霧が原因だという。

 

霧・・・ミスト・・・

察しのいいクロコダインは、ミストバーンの仕業だと気付いた。

 

そのミストバーンも、ベンガーナの船を見て世界各国の要人たちがパプニカに集結し、

なにやら動いている事を確信する。

大魔王バーン様に仇なすアリ共は、いぶりだして踏み潰す!!

 

ベンガーナの軍艦を城下町に放り投げるミストバーン。

大爆発を引き起こす!


 


次のページへ >

オススメ記事

-ドラゴンクエスト ダイの大冒険ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.