【ネタバレ】弱虫ペダル 646話 「サイクリング」VS坂道!汚すぎる川田の策略!!

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 646話 「サイクリング」VS坂道!汚すぎる川田の策略!!

更新日:

646話のネタバレ後半


 


2日後の日曜日・・・

坂道との二人でのサイクリング当日。

 

早朝からの4時間の練習を終えたPM1:00・・・

川田と坂道はサイクリングに繰り出した。

 

クソ川田は笑いが堪えきれずにいた。

ついにこの日が来たと!!

 

すでに早朝からの長時間練習で足を使い切った坂道。

一方の川田は、このあとの勝負のために練習時は、わざと千切れ、ゆっくり走っていたようだ。

 

疲労困憊の坂道に対し、余力を十分に残している川田。

 

クズ川田の将来設計では、まず坂道に確実に勝利し、勝ったという実績を得る。

そして、その結果を振りかざし、部内での発言を強め、

ゆくゆくはレギュラーメンバーとしてインターハイに出場する。

 

そのための第一歩・・・”坂道に勝つ”という目的を果たす!!

決戦の舞台に向かうまでは当初通り、サイクリングを装う川田。

坂道は普段通らない道を走っているようだが、川田はテニス部時代によく通った道だそうだ。

 

そんな中、坂道があるコトに気付く。

前を走る川田が、やけにフラついているのだ。

 

川田が背負っているリュックに原因があるのか?

坂道はリュックの中身について尋ねるも、後で言うからとはぐらかす川田。

 

ニタァと笑ったことからも

超絶嫌な予感しかしない・・・

 

川田は自身のフラつきに対し、キツくなると出る癖みたいなものと説明。

鳴子からはフラつきダンシングなんて言われてるそうだ。

 

川田はフラつきながら1年の入部時の思い出を語り始めた。

1年生レースの1週間後に辞めた川田・・・

実は金城に辞めるのを止められていたようだ。

 

川田は1年生レースで思った結果が出なかったために、すぐやめると申し出たようだが、

金城に”あと1週間在籍し、共に練習に参加しろ!決めるのはそのあとでいい”と、

説得されたようだ。

 

金城的には、その1週間で心変わりしてもらいたかったんだろうけど、

クソ川田はそのまま1週間在籍した後、辞めていった。

 

ちゃんと金城には認められていたのに・・・馬鹿な男である。

川田はその点を反省し、もう一度入部させてもらったと語った。

 

これに感動した坂道は、なかなかできることじゃないと思うと、川田を賞賛。

だが、ひねくれ者のクソ川田は、『えらい』と言った坂道を上から目線と感じ、

さらに苛立ちを増していく。

 

そして、いよいよ勝負の舞台に到着する。

川田からは直前に登り・・・と聞いていたが、思っていたよりも斜度が厳しい。

 

普段の坂道ならどうってことはないのだろうが、すでに消耗しているとなると、

話は別だろう。

 

坂道はこの段階では勝負なんてことは微塵も想定していないため、

ただただ新しい登り坂に喜んでいる。

 

すると川田は突然この先についての説明を始める。

山の中にある森中神社に裏から繋がっているのだと。

距離にして5.5km・・・平均勾配5.6%・・・

 

坂道は不思議そうに話を聞いている。

川田はおかまいなしに話を続ける。

 

くねってはいるが、路面はそれ程悪くは無い。

森中神社の駐車場の手前に白いラインがあるから・・・

そこがゴールラインだと、淡々と話す川田。

 

だが、その表情は本性を表してか、悪い顔に変わっていく。

ゴールラインと聞いた時点で、坂道も動揺を隠せない。

 

一体何を言っているのか・・・それを聞く前に川田は勝手に話を進め、

勝負をしようと持ちかける。

 

そして、自分が勝てば、キャプテンの座を譲れというのである。

お前がボヤボヤやってるよりも100倍いい部にしてやるって・・・

お前じゃ無理だボケ!

 

坂道はキャプテンは皆で決めたことだから無理だというが、

川田はお構いなしに勝手に勝負を開始!

あまりの突然の展開に坂道は車体をフラつかせ、転んでしまった!

 

これを見た川田は、これはもしかすると策略なし、素の力で勝てるのではないか?

と調子に乗り始める!

 

だが、その甘い考えは一瞬にして改めねばならないと実感することとなる。

 

!!?

 

 ひいっ!!

 

思わず声をあげる川田。

今の今・・・後ろでコケていた坂道が、一瞬にして横にいるではないか。

坂道の登りの速さを、体重が軽いだけだと認識している川田に、からくりなど理解できるはずもない。

 

坂道は勝負をせずにゆっくり走ろうと提案する。

川田は入りたてだし、やっぱり・・・と坂道が言うと、

 

”やっぱりボクには敵わない”か?と、すごんできた。

相変わらずコイツは性格が歪んでいる。

何でもかんでも悪いほうに受け取り、余計な争いを生む。

 

こいつ卑屈すぎるやろ・・・

 

坂道は、すかさず弁明をするのだが・・・

川田はこれを狙っていた。

 

坂道はこれまでの実績に差があることを口にすると、

そのセリフを待ってましたと言わんばかりリュックをおろしはじめた。

 

川田が背負っていたリュックの中身・・・

それは水を詰めたペットボトルが6本・・・!!

 

これをハンデとして坂道に背負えというのである。

 

もしこのペットボトルが2リットルなら6×2kgで12kgやぞ・・・

疲弊した状態でこのハンデ・・・流石の坂道も危ういのでは!?

 

次回に続く・・・!!

 

弱虫ペダル 646話/感想

もう本当に川田がクソすぎてイライラする。

なんでこんな卑屈なんだ・・・負けず嫌いってだけならまだいいが・・・

こいつは根本的に性格が悪すぎる。

 

さっさと坂道に倒して欲しいところだが、状況はかなりマズイか。

 

弱虫ペダル 647話はどうなる?

無理やり始まったレース。

坂道はそもそも勝負を受け入れるのか!?

だって、このレース受けるメリットもないし勝負する理由がないよね坂道にとっては。

 

川田も何か条件を出すのならまだやる意味もあるかもだけどさ。

どうせ出さないんだろ?


 

弱虫ペダル/関連記事

◇前回

【ネタバレ】弱虫ペダル 645話 「優越」川田調子に乗りまくり!!
【ネタバレ】弱虫ペダル 645話 「優越」川田調子に乗りまくり!!

弱虫ペダル ネタバレ感想 645話 「優越」 弱虫ペダル 645話 ネタバレ感想・考察! 2021年7月1日(木)発売の週刊少年チャンピオン31号掲載です。   卑怯な真似をして掴んだ勝利に酔う川田。 ...

続きを見る

 

◇次回

【ネタバレ】弱虫ペダル 647話 「ハンデ戦」クズ川田勝利確信!坂道敗北!!?
【ネタバレ】弱虫ペダル 647話 「ハンデ戦」クズ川田勝利確信!坂道敗北!!?

弱虫ペダル ネタバレ感想 647話 「ハンデ戦」 弱虫ペダル 647話 ネタバレ感想・考察! 2021年7月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載です。   坂道を運だけで勝ち上がってきた雑 ...

続きを見る

 

◇まとめ

弱虫ペダルネタバレ感想

弱虫ペダルネタバレ全話感想まとめ

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.