ブルーロック ネタバレ感想 136話/潔の描いた理想的なゴールを阻む者とは!?

https://www.sirolog.com

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 136話/潔の描いた理想的なゴールを阻む者とは!?

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 136話 「集大成」

ブルーロック 136話 ネタバレ感想!

2021年6月23日(水)発売の週刊少年マガジン30号掲載!

 

U-20日本代表のカウンターからの青い監獄のカウンター返し!

己のエゴを爆発させるストライカーは一体誰になるのか!?

FLOWに入った愛空を突破するにはFLOWに入る他にない!

 

潔は見事にこのチャンスを活かしFLOWに達する事は出来るのか!?

 

■前回 第135話 「鯱」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 135話/玲王と我牙丸の超絶プレーに衝撃が走る!!
ブルーロック ネタバレ感想 135話/玲王と我牙丸の超絶プレーに衝撃が走る!!

ブルーロック ネタバレ感想 135話 「鯱」 ブルーロック 135話 ネタバレ感想! 2021年6月16日(水)発売の週刊少年マガジン29号掲載!   ついに終焉に向け本領を発揮し始める天才・糸師冴! ...

続きを見る

 

エゴイストたち

玲王から前線の凪へ超ロングパスが通った!

これはまさしくカウンターチャンス!!

ピンチから一転、得点のチャンス!!

 

ゴール前に向かっているのは潔・凪・凛・馬狼の四人・・・!!

だが、そこには当然U-20日本代表の守備の要である愛空を筆頭に、

仁王・音瑠・蛇来・颯の5人が立ちふさがる。

 

数的には向こうが有利だが、攻守の反転で隙の生まれやすい局面・・・

潔の得意な”読み”が、圧倒的に使いやすくなる今こそ、

”反射”でゴールに前に抜け出せば勝てる!!

 

潔はゴールに向かいながら探す・・・自分だけのゴールが奪えるポイントを!!

 

そんな潔に張り付く男がいた。

それは敵ではなく、青い監獄の王・・・馬狼照英・・・!!

 

ゴールを狙えるこの局面・・・普通であれば協力し、ゴールを狙うところだが、

この馬狼という男だけは違う。

同じチームだろうが、他人のゴールは許せない・・・!!

 

特に潔は馬狼にとって、敵に等しい!!

潔の思考に馬狼が食い込むせいで敵が5人から6人に・・・!

そんな矢先、混乱に乗じて潔と馬狼の間に蛇来が入ってきた。

 

あまりに不合理な馬狼の行動に、初見ではしてやられたものの、

もう通用しないと馬狼に対し警戒網を張り続ける。

 

蛇来が馬狼を徹底マークし、カウンターで入り乱れる青い監獄の攻撃のスイッチに

最終ラインで睨みを利かせる愛空は、決定的なパスを防ぐ役目を果たしている。

 

この段階で馬狼の描いた”邪道”は殺されてしまった。

 

だからどうした!!

 

一つの可能性が潰れたに過ぎない。

”挑戦”を切り替える!!

 

潔の創る『光』を利用し、自分だけにしか視えない『闇』を探す!!

自身を『FLOW』へとブチ上げる・・・

馬狼だけの”闇”を・・・!!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.