【ネタバレ】バキ道 97話 「必要火急な『廻し』」

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 97話 「必要火急な『廻し』」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 97話 「必要火急な『廻し』」

バキ道 97話 ネタバレ感想!

2021年6月17日(木)発売の週刊少年チャンピオン29号掲載!

 

野見宿禰得意の肋骨掴みを横綱・零鵬相手にも披露!!

いかに肉体がどれほど鍛えられたとしても、骨まで鍛える事は出来ない・・・!!

つまり掴まれた時点で、末路は同じということ・・・ッ!!

 

一分以内の決着が現実味を帯びる・・・ッ!!

 

■前回 第96話 「お返し」はこちら

【ネタバレ】バキ道 96話 「お返し」
【ネタバレ】バキ道 96話 「お返し」

バキ道 ネタバレ感想 96話 「お返し」 バキ道 96話 ネタバレ感想! 2021年6月10日(木)発売の週刊少年チャンピオン28号掲載!   1分以内に決着をつけると豪語する野見宿禰!! エア横綱・ ...

続きを見る

 

97話のネタバレ前半

横綱・零鵬の肉の更に奥にある肋骨に手をかけ、思い切りブン投げるッ!!

この投げの瞬間、肋骨に手をかけていた部分を思い切り力を込めて引くことで、

肋骨は力に耐え切れずバキバキに破壊され、この時点で相当なダメージを負う。

 

加えて、地面目掛けて思い切り投げ飛ばされるわけで、

いくら下が砂地とはいえ、頭部から地面に叩きつけられる・・・

想像を絶するダメージだろう。

 

これが古代相撲の投げ・・・えげつない・・・ッ!!

横綱・零鵬の巨体が仰向けのまま完全に横になった状態・・・

現代相撲のルールを持ち出すのであれば、この時点ですでに横綱の負けである。

 

古代の投げに言葉を失い、静まり返る場内・・・

天井を見つめる零鵬は吐血した。

改めて今の瞬間を実況が解説する。

 

そもそも先に両差しを許してしまったのは野見宿禰・・・

絶対的に窮地かと思われる中、宿禰が取った必要火急な廻しは、

『廻し』そのものではなく、なんと肋骨・・・

 

あばら骨を廻しと見立て、それをしっかりと掴み、力を込めて投げる・・・

確実に相手を仕留めきる古の投げ・・・最凶最悪のアバラ投げである。

 

勝利を確信し、横綱に背を向け去ろうとする野見宿禰。

その時だった。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.