呪術廻戦 ネタバレ感想 150話/覚醒真希圧倒的強さで禪院家を蹂躙!!皆殺し確実!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 150話/覚醒真希圧倒的強さで禪院家を蹂躙!!皆殺し確実!!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 150話 「葦を啣む-参-」

呪術廻戦 150話 ネタバレ感想!

2021年5月31日(月)発売の週刊少年ジャンプ26号掲載!

 

真依の命と引き換えに残した刀。

全部壊して・・・という真依の遺言。

果たして真希は薄汚い禪院家を皆殺しにできるのか!?

 

■前回 第149話 「葦を啣む-弐-」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 149話/真依との別れ…真希最強へ
呪術廻戦 ネタバレ感想 149話/真依との別れ…真希最強へ

呪術廻戦 ネタバレ感想 149話 「葦を啣む-弐-」 呪術廻戦 149話 ネタバレ感想! 2021年5月24日(月)発売の週刊少年ジャンプ25号掲載!   真希の抹殺を目論む父親・禪院扇。 一対一の勝 ...

続きを見る

 

全殺しの幕開け

全ての発端となった憎むべき禪院家・・・

真依が命を懸けて残した刀を手に、遺言通り全てを壊すつもりだ。

 

父である扇に対する無慈悲な一撃。

余計なモノは全て真依がもっていった。

故に今の真希は完全に禪院甚爾の能力と差異はないほどの強大な力を得たわけだ。

 

右目を失いはしたが、逆にこれが縛りとなって、より強大な力を発揮するに至っているのかもしれない。

 

さぁ・・・始めよう。

この忌まわしき呪われた家系に鉄槌を下す時だ。

 

扇の死亡がどうやって漏れたのか、真希の反乱は程なくして禪院家中に知れ渡る。

すぐさま警鐘が鳴らされ、蘭太から甚一と直哉に真希が扇を殺害した事が告げられた。

現在は躯倶留隊なる部隊が対処にあたっているようだ。

 

禪院信朗を隊長として構成された躯倶留隊。

術式を持たない禪院家男児が入隊を義務付けられ、『炳』の下部組織として、

日夜武芸を叩き込まれる。

 

真希も高専入学前までは躯倶留隊に籍を置いていた。

ここでの経験が真希の強さの基礎となっているようだな。

噸の間を歩く真希が躯倶留隊に見つかった。

竜骨と真依の刀の二刀流の真希を取り囲む躯倶留隊・・・!

その数、20・・・30人程か、もしくはもっといるかもしれない。

 

全員が坊主を強要されているのか、下っ端感が強い・・・

とはいえ、全員刀持ちか・・・油断は出来ないかもしれない。

 

そんな中、真希は真依の事を考えていた。

自分は何がしたかったのか・・・何故、真依と一緒に落ちぶれてやれなかったのか。

こうなってしまった今にして思えば、二人でこの家に縛られることが、

真依と真希にとっての正解だったのだろう。

 

真希は真依に謝ると共に、彼女の遺言である約束・・・

『全て壊して』を実行する!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.