ブルーロック ネタバレ感想 132話/独裁の王・馬狼照英、戦場に混沌を生む

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 132話/独裁の王・馬狼照英、戦場に混沌を生む

投稿日:2021年5月26日 更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 132話 「独裁の王」

ブルーロック 132話 ネタバレ感想!

2021年5月26日(水)発売の週刊少年マガジン26号掲載!

 

なんとしても勝ちたい潔はじめ青い監獄のメンバーたち。

絵心に勝てるプランを要求した結果、ついに王が動き出す!!

馬狼照英・・・ついに解禁!!

 

これで勝てるか!?

 

■前回 第131話 「教えた感情」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 131話/日本代表に勝つための切り札とは!?
ブルーロック ネタバレ感想 131話/日本代表に勝つための切り札とは!?

ブルーロック ネタバレ感想 13 ...

続きを見る

 

ジョーカー

後半戦が始まり15分・・・

乙夜影汰に代わり、切り札である馬狼照英を投入した青い監獄!

3-2と逆転され、波に乗るU-20日本代表を黙らせる事はできるのか!?

 

すでに殺気を漲らせ、殺る気満々といった面持。

潔がさっそく馬狼のポジショニングを説明すると共に、

出だしの動き、連携について説明をしようとするが、お構いなしに潔をディスりはじめた。

 

お前のプレーはつまらないと。

 

確かにまだ潔の本領は発揮されていない。

馬狼の眼に、つまらないと映っても致し方ないか。

まぁそれは本人が一番理解しているだろうが・・・

 

とにもかくにも馬狼というカードを切ったこと・・・

それは馬狼含め超攻撃型で攻め潰す布陣で臨めという絵心の合図!

そんな中アンリは不安に襲われていた。

馬狼を含めた超攻撃特化型布陣での練習はほとんどしていない。

本当に無計画に戦い大丈夫なのか心配しているのだ。

 

無計画・・・とはいえ、別に試合を投げ出すつもりは当然ない。

元より馬狼投入は考えていたし、ここまでの試合展開は絵心のシナリオ通り。

一つ想定外だったとすれば”青い監獄”の中に育っていたエゴが・・・熱が、

絵心の予想をうわ待っていたこと・・・!

 

今の青い監獄ならフットボールの一番熱い場所を創りだせるかもしれない。

とにかくメンバー交代はもうできない。

このメンバーでベストを尽くす!!



次のページへ >

スポンサードリンク

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.