魔物が強くなりすぎた世界 第4話

https://www.sirolog.com

魔物が強くなりすぎた世界

魔物が強くなりすぎた世界 第4話

更新日:

魔物が強くなりすぎた世界 第4話

「先生・・・どうやればオルマ出せるんだよ!」

「そんなもの気合だろ!力んでみろ力んで!!」

 

先生も師匠も、教え方雑すぎだろ!

 

「くっそ・・・いっつも試してたけど出なかったんだよ!

 ええい自棄だ!はああああああああああああ!!」

 

ぷ・・・ぷぷぷ・・・!!

こんな力むだけで出るのかよ!

 

ブッ!!

 

「・・・失礼・・・違うものが出ました」

「うーむ・・・どう伝えればいいのか・・・

 逆に力まず、集中して静かな気持ちで、体から放出するイメージでやってみろ。

 上手くいくかは知らんが、力んで駄目なら逆をやってみる他ない」

 

集中・・・静かな気持ち・・・

放出・・・

 

今まで出そう出そうと力んでたけど、自然に体内から流れ出るイメージか・・・

考えた事なかったかもな。

 

「ッスゥ・・・はぁ・・・」

「!お・・・!」

 

「!なんか心なしか暖かくなったような」

「目を開けてみろライル」

 

「!・・・おお!!」

 

全身から僅かではあるが光が溢れ出ている。

 

「やった・・・!!出たよ先生!」

「喜ぶのはまだ早い!これはまだスタートライン。

 とりあえずその力を実感させてやろうか。

 ライル、今からお前をぶっ飛ばしに行く。”集中”しろ」

 

「!・・・押忍・・・!!」

 

ダッ!!

 

「!?」

 

いつもの先生の動き・・・だよな?

だけど、心なしか・・・いや間違いない。

スゲェ遅く感じる!

 

正面に接近、上に跳んだ・・・後ろに回って攻撃をしかける気か!

 

「はぁッ!!」

 

ドガッ!!

 

ライルを飛び越え、着地したタイミングを狙って、後ろ蹴りを放ったライル!

リーナはこれを両腕をクロスして咄嗟にガードはしたものの、凄い勢いで弾き飛ばされていった!!

 

「当たった・・・てか、今までにない手応え・・・!!

 今まで攻撃が当たっても、まるで手応えがなかったのに・・・

 これが・・・これがオルマなのか・・・」

 

「やれやれ・・・当たり所が悪かったら、マジで危なかったかもね」

 

「先生、大丈夫ですか!?」

「大丈夫なわけあるか、スゲェ痛かったよ。

 ま、とりあえずは上手くいったな」

 

「先生ありがとう・・・これで俺戦えるよ!」

 

ばしんっ!!

ライルの頭を小突くリーナ。

 

「ってーーー!何しやがる!」

「全然駄目だな。気を張ってないとすぐにオルマが消える。

 常に気を張ってろとは言わないが、反射的にオルマを好きな部位に

 好きなだけ出せるようになるのが理想だな。

 

 とにかく、一度私の計画をちゃんと伝えるタイミングが来たと思うし、

 話をしておこうと思う。

 今日の修行は切り上げて落ち着いて話をしようか」

俺は着替えて、先生の借家にお邪魔した。

 

「お邪魔します」

「私の家じゃないんだ、適当にくつろぎな」

 

「先生、話って」

「急くでない。酒とつまみをやりながらじっくりな」

 

「はぁ・・・」

 

物の数分で先生は酔いだした。

 

「先生・・・酔ってますよね」

「ばっきゃろい!酔ってるわけ・・・ヒック・・・ないでしょうが」

 

こんなんでちゃんと話せるのかよ・・・。

 

「ライル・・・お前は何でそんな戦いたいんだい・・・

 親父・・・カインの敵討ちがしたいのかい?」

 

「・・・それも確かにあるけど、俺は今のこの世界に息苦しさを感じてる。

 魔物の存在に怯え、結界の中で一生を終える・・・

 そんなの俺はイヤだ。街の大半の人間はもう諦めちまってるように生きてるし・・・

 

 生きてるのに・・・生きてないっていうかさ・・・

 世界を救うなんて大それた考えはないけどさ、このまま閉じこもったまま

 生涯を終えるなんてのは、俺はやっぱ我慢ならねぇ」

 

「死ぬかもしれないぞ」

「死ぬ・・・のはイヤだけど、このまま何もしないよりはマシかな」

 

「そうか・・・」

 

この時の先生の顔は、とても寂しそうに見えた。

 

「ふぅ・・・なんか酔いがさめちゃったな」

「じゃあ、そろそろ本題に」

 

ぐがーー・・・

 

っておいおい・・・酔いが覚めたっていうか、酔いつぶれてるじゃねぇか!

先生爆睡・・・この日はもう話は無理だな。

 

「先生風邪ひきますよ・・・ベッドにいきましょう」

「ライル・・・死ぬなよ・・・むにゃむにゃ」

 

「優しいところもたまーにあるんだよな。

 ほら先生、起きて!」


 


次のページへ >

オススメ記事

-魔物が強くなりすぎた世界

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.