魔物が強くなりすぎた世界 第3話

https://www.sirolog.com

魔物が強くなりすぎた世界

魔物が強くなりすぎた世界 第3話

投稿日:

魔物が強くなりすぎた世界 第3話

「オバ・・・じゃなかった、リーナ先生!具体的には何をすればいいんですか?」

「まずは着替えろ。これからしばらくは剣は忘れ、武道家として鍛錬を積んでもらう。

 私も着替えてくる」

 

武道家って・・・この人、魔法使いなんだろ!?

一体何考えてるんだ・・・?

 

「準備は出来たか?」

「言われるままに着替えましたけど・・・って、先生・・・

 修行にそのセクシーさは必要なんですか!?」

 

無駄に空いた胸元、脚が丸出しのスリット・・・

年甲斐もなく、なんて格好してやがる!

 

「ガキかっ!お前18歳なんだろう?

 恥ずかしがる年じゃなかろうに」

 

「う、うるせぇよ!で、何をするんだよ?」

「シンプルに殴り合いだよ」

 

は?殴り合いって・・・

 

「先生は一応女だしさ、殴るとか抵抗あるんだけど」

「はぁ・・・余計な気を回さなくてもいいよ。

 お前程度の攻撃じゃ痛くも痒くもないんでね」

 

ほぉ・・・言ってくれるじゃんか。

 

「怪我してもしんねぇぞ」

「御託はいいから、とりあえずかかってきな。

 どれほどのものか、試してやる」

 

「そうかい!じゃ、お言葉に甘えて!!」

 

ダッ!!

 

「!(速い・・・)」

 

正面から突っ込まれて、一瞬にしてリーナの間合いに踏み込んだライル!

 

「たりゃあッ!!(正面から突っ込んで、さらに一段階ギアを上げて右へ!!

 速すぎて見失ったところを肩狙いのパンチ決まり!!)」

 

サイドからリーナの肩に拳を放とうとするライルだったが、その前にリーナと視線が合った!

 

「!(サイドに跳んだの見切られてる!?でも拳はこのタイミングじゃかわせないだろ!!)」

 

バキッ!!

 

「!?」

 

ライルの渾身の右ストレートはリーナの肩に命中した。

だが、違和感があった。

 

「殴った感じがしない・・・?」

「ライル、思ったよりも動きは悪くない。 

 だが宣言通り、お前の攻撃は全く効かなかったな」

 

「結構マジで殴っちゃったんだけど・・・どうなってんだ?

 防御魔法か何か使ったのか?」

 

「半分正解。防御は行ったが魔法ではない。

 お前の苦手とするオルマを使った」

 

ボッ!!

 

その瞬間、リーナの全身から淡い光が立ち上った。

 

「これが先生のオルマ・・・」

「外にいる魔物たちの強度は日増しに高まっている。

 並の武具しか残ってない今の世界では、オルマ、もしくはマナによる強化抜きでの戦闘は自殺行為。

 

 まぁ奴らにも魔法はよく効くから魔法が得意な奴なら強化は特に必要ないが、

 だが、防御面による強化はやはり必須だろうね。

 強化なしじゃ人間なんて、それこそ一発であの世逝きだ」

 

それはもう、こないだのゴブリン戦で実感したよ。

だからこそ、俺はどうにかしてオルマをモノにしなきゃなんねぇんだ!

「さて、これから修行に入るわけだが、その前にお前に魔法をかける。

 こっちへ来い」

 

言われるままにリーナの前に立つライル。

 

「・・・」

 

何やら詠唱をしている。

 

「スポイル・・・!」

「!」

 

淡い光がライルを包み込んだ。

 

「・・・今のは?」

「私が子供の時に創った出来損ないの魔法だよ。

 効果については後々教えてやる。

 まずは何も気にせず殴り合いだ。

 

 さっきの攻撃で判ったと思うが、オルマで強化した私の肉体は、

 お前の全力の攻撃でもダメージは負わない。

 だから全力で殴ってこい。

 

 殴る場所も女だからと遠慮するな。

 顔だろうが腹だろうが、胸だろうが構うな。

 部位を特定していては修行にならんからな。

 

 あと、ついでに言っておくけど、今度は私も殴り返す」

 

「へ!?」

 

「言ったろ?殴り合いだって。

 ちなみに、もうわかってるだろうが、ただ殴るんじゃない。

 オルマを込めた拳や蹴りで殴りつける。

 だから・・・女の力と甘く見ないことだ」

 

「色々言いたい事はあるけど、とりあえず先生の言う事を聞いてりゃいいんでしょ」

「そういう事だ。いいな?全力でやるんだぞ?」

 

さっきも別に手加減したつもりはないけど、マジでやんなきゃ駄目・・・

 

「!?先生が消えた!?」

「遅い」

 

背後!?いつの間に!!

 

背後を確認せずとりあえず後ろに蹴りを繰り出すライル!

感触なし・・・かわされた!

 

ドゴッ!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-魔物が強くなりすぎた世界

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.