魔物が強くなりすぎた世界 第2話

https://www.sirolog.com

魔物が強くなりすぎた世界

魔物が強くなりすぎた世界 第2話

更新日:

魔物が強くなりすぎた世界 第2話

「さぁ、さっさと本気を出してくれ。俺も気が長いほうではないんでな」

「焦るなよ・・・そ、それにホラ、剣折れちゃったしさ・・・これじゃどうにもなんねぇじゃんか」

 

「何を言っている?オルマを刃にすることも可能なのは知っているぞ。

 かつてヤリあった事がある人間が使っていたからな」

 

「へ、へぇ・・・そいつは知らなかったぜ」

「知らなかった・・・か。

 ふむ、人間誰しもが当たり前に使う戦術ではないのか」

 

これ以上コイツと事を構えれば、確実に殺されるぞ・・・

隙を見て逃げ出さないと・・・

 

全力で走れば、俺の脚なら逃げ切れるか・・・?

こいつも相当速いけど、一か八かやるしかないか・・・

しかし、コイツに背を向けるのが果たして得策なのか・・・?

 

「ふむ。まぁいいか。

 もはやオマエの実力云々はどうでもよくなった。

 出来れば十分に楽しんでから殺したかったが、腹が減った。

 

 腹を満たす事で十分楽しませてもらう事にする」

 

ダッ!!

 

ゴブリンは剣を構えてライル目掛けて駆け出した!!

 

決断はやッ!!

もう逃げるしかねぇ!!

 

ライルはゴブリンに背を向けて逃げ出した。

 

「!・・・逃げるか・・・!!

 だが、逃がさんぞ!!」

 

ダッ!ダッ!!

 

「く・・・!!背後から感じる圧が半端じゃねぇ!追いつかれるのかこれ!」

 

後ろを確認してる暇なんてねぇ!!

 

ドガッ!!

 

ライルは後頭部に鈍い痛みが走った!!

どうやらゴブリンが追いつき、剣でライルの後頭部を殴ったようだ。

前のめりに倒れこみ、勢いあまって二、三回転して地面に叩きつけられたライル。

 

「ガッ・・・」

「一気に仕留めてもよかったんだがな・・・

 やはりそういうのは俺は好まない性質でな。

 逃げる獲物を刈るよりも、命がけで抵抗してくる相手を殺したいのだ」

 

やべぇ・・・確実に殺される・・・なんとかしねぇと・・・

「さぁ、立ち上がって向かってこい小僧。

 軽く峰打ちしたくらいでヘバるんじゃない」

 

「無茶言うぜ・・・普通に結構なダメージだっつうのに・・・」

 

何とか立てたな・・・後頭部はズキズキしてるが、フラつきもない。

だが、やはり正面から遣り合っても勝ち目はない。

 

かと言って逃げても結果は一緒か。

 

奴の攻撃をかわしつつ、隙をついて逃げるしかないか。

 

「いい面構えだ。とはいえ、やはり素手では、また逃げの一手になりかねんか。

 よし小僧。この剣をオマエに貸してやる」

「はぁ・・・?」

 

ゴブリンは自分の剣を俺前に放った。

一体何を考えてやがる・・・!?

 

「俺は素手でヤル。オマエはその剣でヤレ」

「ゴブリンの考える事はよくわからんな・・・いいのかよ」

 

「戦いを楽しみたい、それだけだ。

 ちなみに、その剣はドワーフが鍛え上げた特殊な鋼で出来た剣だ。

 切れ味が申し分ないのは当然として、その強度も半端な代物ではないぞ」

 

こいつバカなのか!?

そんなモン渡して・・・だがこれはチャンスだぞ。

この剣ならアイツの硬い皮膚も斬れる!!

 

「勝機を見出すなり、途端に刈る側の顔になったな小僧。

 そうだ。それでなくてはな。

 では、早速行かせてもらおうか」

 

ダッ!!

 

相変わらず速い・・・!!

剣を捨てた事で、さらに速くなった!!

 

一気にライルの懐に入り込み腹を目掛けて拳を突き上げてくる!!

ガッ!!

 

咄嗟にゴブリンの剣の腹で拳を防いだライル!

衝撃で体が浮く!!

凄まじい拳打だ・・・だが、その拳打にも剣は耐えた!

 

やれる・・・!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-魔物が強くなりすぎた世界

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.